放置少女にハマってるよ♪

魔入りました!入間くんネタバレ177話(最新話)!考察や感想も!【トモダチと2人】

魔入りました!入間くんの最新話177話は2020年10月22日の週刊少年チャンピオン2020年47号に連載されております!

ここでは、魔入りました!入間くんの最新話である177話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

最新刊の情報も確認してみてね~

過去のネタバレはこっちだよっ

→魔入りました!入間くんネタバレ176話!考察や感想も!【大好き軍団】

→魔入りました!入間くんネタバレ175話!考察や感想も!【入間の相棒】

→魔入りました!入間くん(アニメ)【第1話から最終話】見逃し動画を無料で見れる?

⬇︎スピンオフ作品の最新話はこちら⬇︎

→魔界の主役は我々だ!40話(最新話)!考察や感想も!【ショッ『ピ』のネ『コ』】

スポンサーリンク

魔入りました!入間くん177話のネタバレ

休日はおトモダチと

アズを元気付けようと入間はアズと2人で繁華街に繰り出す。

外出のお誘いを入間から頂きアズは嬉しいが、繁華街の人の多さに厳重警戒せねば…とアズは周りをキョロキョロする。

しかし入間はそんなこと気にする様子もなく、嬉しそうに行こっか…というがアズはここであることに気づく。

「あの…アホクララは?」

これに入間は『今日は2人きり』だと答える。

しばらくこの“2人“という言葉を反芻するアズーーー…そして“2人“であることをしっかりと認識して緊張し始める。

てっきりいつものように3人だとばかり思っていたアズはあわあわする……が、入間はそそくさとアズのことを呼び服屋さんへと入っていくのだった。

入間の服はいつもサリバンが買ってくれるから、おトモダチと一緒に選んでみたかった…と話す入間に、アズは任せてくださいと服と手に取る。

その服の値段は『2600-』などアズから見たら桁を間違えているのではないかと思うくらい安かった。

こんな値段の服があるわけがない…とアズが戸惑っていると、入間は意味のわからない甲冑を着て現れたり服選びを楽しんでいるようだった。

お互いの服を選び合い、支払いへーー…アズはカードを取り出すが、入間は自分で支払うと小銭を出して一生懸命計算しながら支払いを済ますのだったーーー…。

話したいこと

2人は買った服をそのまま着て繁華街を歩くーー…その道中で魔んじゅうが売っており、入間は食い意地からかさっきは迷いながら支払っていた計算もサッとこなす成長速度の速さを見せる。

その後もゲームを眺めたり、本屋さんを行ったり、身体を動かすお店に行ったりと2人はたくさん遊んだ。

休憩のため二人は公園のベンチに座って一息つく。

アズは本当にただ遊んでいることに、これでは護衛として不安だ…でも楽しい…と葛藤がある様子。

それにしても……アズは入間が随分と大胆になったと感じた。

出会った頃はかなり大人しい性格だったと思うが、アホクララがいないことで余計にわかる…本来の入間は笑い声も大きいことに気付いたアズ。

“なあんも知らん“ そうキリヲに言われたことをアズは共に思い出した。

「イルマ様はなぜ今日私を遊びに誘ってくださったのですか?」

そう聞いてきたアズに、入間は話したいことがあったことを思い出してズボンのポケットをぼごそごそ…そして『5』のバッジを取り出した。

位階昇級は悪魔の誉れだとアズが以前言っていたーー…入間は位階『5』になって、みんながたくさんお祝いしてくれたけど本当はずっと思っていたことがある…そう話しだす。

「『5』…重いなぁって」

一瞬身構えたアズは呆気に取られたような表情を見せたので、入間は「いやっ」と『5』ってことは嬉しいんだけども…と詳しく話す。

やっぱり自分にはまだ早い……音楽祭だってみんなで優勝したもの…入間はそう思っている。

だって『5』……『4』でもスゴいって話だったのに急すぎる。

正直入間も最初は『僕すごいな』とも思った。(位階ハイ)

でもなんか役割があるとか周りの反応とか見てると、凄すぎるのでは…という気持ちになってきた。(位階ロー)

入間は寝ても覚めてもハイとローの繰り返し……そう一生懸命話すが、アズは思わず笑いが混みだしそれを堪えるので必死になるのだったーーー…。

君と僕の関係は

「とにかくね…すごく重いものだって実感してるのです」

入間はそう言って深い息を吐くーーー…でも『5』というのは重いのだけど、魔界でたくさんの経験をして位階が上がる度に自分も知らない自分を見つけてる気がするんだとも入間は話す。

「だから僕は…今 このバッジを手放したくないし、もっと上を目指したいなって思ってる…」

真っ直ぐ前を見つめながらそう話した入間は、その後「欲張りだよねぇ」と言ってアズの方を見てヘラッと笑う。

入間は「だからね」とやっぱり不安だし、アズとクララにはこの先も一緒にお互いを助け合って行けたらいいな…なんて話をしようとする入間。

ふとアズの方に視線を向けると、アズの目から涙が流れていた。

アズは胸が燃えるように熱かったーーー…

『この方を守らねば“とか“何も知らないと言われた自分がふがいない“とか、何を恐れていたのだアスモデウス。

この御方の志を誰が砕けようか……この御方の成長を誰が理解できようか。

自分ほど幸運な悪魔はいない、アズは一番近くで入間が切り拓く覇道を…頂点に立つこの方の姿を見られるのだから……そう強くアズは思えた。

もう揺らぐことはない…その姿を見るためならーー…

「……アズはイルマ様にどこまでもついていきます!」

迷いの吹っ切れたアズの顔に入間は安心そうな顔をする。

アズはなんと言っても自分は入間の『おトモダチ』だから…とハンスが、入間は少し悩んでおトモダチっていうのは一緒に遊んだりする相手のことなんだけど…とゴニョゴニョする。

助け合ったり一番信頼する……そういうのはーー…

「僕はね 親友って 言うと思うん…だぁ」

自分で言ったはいいが恥ずかしそうにする入間ーーー…アズは『シンユー』という新たな響きにギャアギャアと嬉しそうに騒ぎ出すのだったーーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ
下に書いたよ~
スポンサーリンク

魔入りました!入間くん177話の感想・考察

魔入りました入間くんの最新話いかがでしたでしょうか(*゚▽゚*)

アズくんと入間くんのお出かけ!楽しそうで何よりでした。

服を選ぶ時、あまりの安さに驚いているアズくん……ナチュラルにおぼっちゃま感出してきましたねw
最低でも万越え……確かにいつもお綺麗な服着てるもんね…。

入間くんもいっつもはサリバンじいちゃんが服を買ってきている…って言うのは“っぽいよね!“って感じすぎて…作者さん解釈一致〜〜〜ってなりました。

そして入間が感じる『5』の重み、でも前に向く入間の欲張りなその心…
ほんと入間が頂点に立つ物語なんでしょうね…。

アズくんはそれを側で見られるーー…こんな小さなことでクヨクヨしてる場合じゃないと思わせる素敵なエピソードでした!

そして『おトモダチ』から『親友』へ!
いやもう2人はとっくに親友だったよ……でも入間くんは今までトモダチいたとかなかったしね……照れ臭そうにしてるのがなんとも可愛かったです。

来週も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう(๑╹ω╹๑ )

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年チャンピオンの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年チャンピオンの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年チャンピオンネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、魔入りました!入間くん177話を含めた週刊少年チャンピオン2020年47号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最新刊の情報も確認してみてね~

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください