【リーガルV】2話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月18日放送分)

いよいよ2018年10月期の新ドラマがスタートし、2018年秋の木曜9時から放送のドラマは米倉涼子さん主演の「リーガルV」になります!

今回の新しいドラマ「リーガルV」では、そんな米倉涼子さんが弁護士資格を剥奪された元弁護士を演じ、今までに無いリーガルドラマです。

ということで今回は、ドラマ『リーガルV』2話についてのネタバレや感想、評価についてまとめてみました!

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV』のあらすじは?

弁護士資格を剥奪された翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせ“ワケありの弁護士やパラリーガル”をスカウトし、勝利を手にするため突き進んでいきます。

そんな翔子の前に立ちはだかる大手法律事務所。民事訴訟を中心に厄介な案件が次々と舞い込む中、超エリート弁護士らを相手に、翔子率いる弱小弁護士集団は勝利できるのか…!?

「行列のできる法律事務所を作りたい」、「人を救うのに資格はいらない」と言う翔子の真意と弁護士資格を剥奪された理由とは?

ドラマ『リーガルV』2話のネタバレは?

「京極法律事務所」に、世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼してきたとこから2話が始まります。

仕事で活躍していた美鈴だが、なんと!!立て続けに3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発されえ不当解任されたので訴えを起こすことに。

3人同時に告発されなにか裏がありそうな話ですよね~

美鈴は会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたけど、口頭弁論直前に担当弁護士が辞任されてしまい、

後ろで話を聞いていた元弁護士・翔子は勝ち目のない案件だとにらみ、断ろうとしたが美鈴が要求している損害賠償額が3億円を上回ると知った。

翔子は、その金額に関心を持ちどう言った心境の変化なのか、弁護を引き受けることに。

青島圭太と京極雅彦は、さっそく「太陽製紙」を弁護する「Felix&Temma法律事務所」を訪たが、被告代理人の白鳥美奈子が2人に手渡した音声データはパワハラの決定的な証拠だった。

美鈴が部下にビルから飛び降りるよう迫り、暴力を振るっている様子が録音されていて京極事務所のメンバーは敗訴を確信せざるを得なかった・・・

そんな証拠を叩きつけられたら勝ち目ないですよね。

しかし、美鈴ははめられていたことが発覚し、そもそも3人の証言というのは、同じ日にパワハラが起こったものとして証言されており、

被害者を名乗る人物は、3人とも昇進していて、専務の指示だとわかりました。

怖いですね〜!!

調査を続けて美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優を、証人として確保することができ、事実でないことを証言してくれました。

大どんでん返しのストーリーです!!

ドラマ『リーガルV』2話の世間の感想や評価は?

ドラマ『リーガルV』2話についてのまとめ!

長島美鈴ははめられていたことが発覚して安心しました。

美鈴の今後が心配のなってしまいましたが、翔子は管理人ですが、しっかり裁判に食い込んできて、活躍を見せてくれました!

翔子によって、スカッと冤罪が証明されオチもしっかりして、全体の出演者のバランスもよく京極法律事務所もだんだんとチーム感が出てきました。

今後の翔子の活躍、京極法律事務所の活躍が気になります!

ドラマ『リーガルV』を今すぐ見たい方はコチラ!↓↓

コチラの関連記事もどうぞ!↓↓

各話のネタバレや感想はコチラ!↓↓
第1話
▶【リーガルV】1話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月11日放送分)

第2話
▶【リーガルV】2話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月18日放送分)

第3話
▶【リーガルV】3話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月25日放送分)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です