【リーガルV】1話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月11日放送分)

いよいよ2018年10月期の新ドラマがスタートし、2018年秋の木曜9時から放送のドラマは米倉涼子さん主演の「リーガルV」になります。

今回の新しいドラマ「リーガルV」では、そんな米倉涼子さんが弁護士資格を剥奪された元弁護士を演じ、今までに無いリーガルドラマです。

ということで今回は、ドラマ『リーガルV』1話についてのネタバレや感想、評価についてまとめてみました!

スポンサーリンク

ドラマ『リーガルV』1話についてのあらすじは?

弁護士資格を剥奪された翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせ“ワケありの弁護士やパラリーガル”をスカウトし、勝利を手にするため突き進んでいきます。

そんな翔子の前に立ちはだかる大手法律事務所。民事訴訟を中心に厄介な案件が次々と
舞い込む中、超エリート弁護士らを相手に、翔子率いる弱小弁護士集団は勝利できるのか…!?

「行列のできる法律事務所を作りたい」、「人を救うのに資格はいらない」と言う翔子の真意と弁護士資格を剥奪された理由とは?

ドラマ『リーガルV』1話についてのネタバレは?

敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果となり若手弁護士・青島圭太の腕を、喪服姿の女が突如つかみ、

「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」女の名は小鳥遊翔子で青島をスカウトしに来たとこから始まります。

一方、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦は退官の日を迎え、京極は翔子に説得され「京極法律事務所」を開くことになったが、肝心の翔子とは連絡がつかない状態だった。

そればかりか、翔子が弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所「Felix&Temma法律事務所」をクビになっていた事実も判明。

恩師である京極から事情を聞いたヤメ検弁護士・大鷹高志は詐欺だとにらみ、翔子の居場所を徹底調査し、突き止め、住所を訪ねた。

そこには「京極法律事務所」と記された表札と看板があり、大鷹は翔子を警戒するが、代表弁護士として迎えられた京極はすっかり舞い上がっていた。

その頃、翔子に指定された住所へ向かっていた青島は、駅のホームで痴漢騒動に出くわし、見過ごすことができず、痴漢と言われた一流企業の社員・安田勉の弁護を引き受けることになってしまった。

翔子も、青島から話を聞くやバッサリ切り捨てるが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変え、

小鳥遊は自身が証言に立ち安田が痴漢の加害者ではないことを証明して、安田に痴漢の冤罪をなすりつけることを依頼した人物が安田の同僚だと証拠を得ていて、

痴漢を理由に安田をクビにして特許を専売にしようとした会社と同僚に多額の賠償金を請求する話が第一話です。

ドラマ『リーガルV』1話について世間の感想や評価は?

ドラマ『リーガルV』1話についてまとめ!

小鳥遊翔子は、パラリーガルを集め、弁護士事務所を作ったのは、お金のためなのか、こんなことをしている本当の狙いはなんなのでしょう?!

弱者を救いたいというようなこともいいますね。

弱者を助ける弁護士事務所を作るという発想はとても素晴らしいですが何を考えているかまだ分かりません!!

というのが、リーガルVの1話でした。

そして、なぜ弁護士資格を剥奪されたのかは、まだわからない感じです。

そんなかっこいい役柄が米倉さんにはぴったりでかっこよかったです!

今後の真相も気になり、次回も楽しみです!!

ドラマ『リーガルV』を今すぐ見たい方はコチラ!↓↓

コチラの関連記事もどうぞ!↓↓

各話のネタバレや感想はコチラ!↓↓
第1話
▶【リーガルV】1話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月11日放送分)

第2話
▶【リーガルV】2話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月18日放送分)

第3話
▶【リーガルV】3話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月25日放送分)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です