【リーガルV】馬場雄一役の荒川良々どんな人? 出演ドラマもチェック!

【リーガルV】にて荒川良々さんが出演しています!

2018年秋10月11日(木)、「リーガルV」新しいドラマが始まりました!

名前でピンとこなくても顔を見ると「この人か!!!」と、なる方も多いと思います。

一度見たら忘れられないインパクトをもつ荒川良々さんについて調べてみました!

ということで今回は、ドラマ【リーガルV】で馬場雄一役の荒川良々さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

荒川良々ってどんな人?

荒川良々さんがどのような人物であるのか紹介していきたいと思います!

荒川良々のプロフィール

本名:荒川良友(あらかわ よしとも)
生年月日:1974年1月18日
出身地:佐賀県
身長:183㎝
血液型:O型
職業:俳優
ジャンル:映画、ドラマ、舞台
事務所:大人計画

荒川良々の経歴

なんとなく上京し、バイト先の女性が小劇場に興味が深かったことから、荒川さんも演劇を鑑賞し、演劇オーディションのチラシを手にした荒川さんに、同行の女性が「あなたもなにかしたら?」と勧められ 履歴書を送ってみたのが始まで、なんと結果は合格!!

大人計画に入り、ジャンルを問わず様々な作品に出演したそうです。

お芝居は、ガツガツしていないのが逆に引きつけられてしまうのですが、やっぱりきっかけもガツガツしていないのがいいですね‼

荒川良々の出演ドラマ

ドラマ『うぬぼれ刑事』

~あらすじ~
長瀬智也さんが演じるうぬぼれの相棒にして、中島美嘉演じる日暮里恵と結婚する刑事というストーリーに出演していました。

ドラマ『レジデント』

~あらすじ~
救命救急という、失敗が即、患者の死につながる現場を舞台に、失敗が許されない研修が5人の若き研修医たちの成長する姿を描く、研修医たちの先輩を演じていました。

ドラマ『あまちゃん』

~あらすじ~
自分らしさを見失ったヒロインが母親の故郷である東北の田舎町に移り住み、海女を目指す中で本来の自分を取り戻していく成長物語です。

スポンサーリンク

馬場 雄一ってどんな役?

小鳥遊翔子(米倉涼子)はある理由が原因で資格を剥奪された元弁護士で、翔子は弁護士資格を持たないものの、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋秀樹)を代表弁護士とした京極法律事務所を設立したが弁護士資格がないことを理由に自分は動かず、若手弁護士やパラリーガルをこき使って事件に対応していた。

翔子は絶望した若手弁護士などをスカウト、稼げる案件に狙いを絞って不利な訴訟でも勝利を狙うストーリーの馬場雄一は「京極法律事務所」のパラリーガルで元ストーカー被害を訴えられ服役したオタク役です。

世間の口コミや評判

やはりインパクトが強く荒川さんの演技を楽しみにしている人が多いようです!

まとめ

ここでは【リーガルV】馬場雄一役の荒川良々ついてまとめてみました。

一度見たら忘れられない風貌の個性派俳優の荒川さん!

存在感で勝負する俳優さんですよね!!

ドラマ『リーガルV』を今すぐ見たい方はコチラ!↓↓

コチラの関連記事もどうぞ!↓↓

各話のネタバレや感想はコチラ!↓↓
第1話
▶【リーガルV】1話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月11日放送分)

第2話
▶【リーガルV】2話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月18日放送分)

第3話
▶【リーガルV】3話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月25日放送分)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です