足のしびれの治し方について!正座でもつぼを押して血流を改善!

足のしびれを早く治したい!・・・という局面は、誰もがあると思います!

葬式や大事な集まりなど、たまに正座で座ることがあれば、足がしびれてすぐに立ち上がって歩けなかったりするんですよね・・・(;^ω^)

そんな時に、「足のしびれの治し方があればいいなぁ」と思います・・・。

ということで今回は、つぼや血流など、足のしびれの治し方について見ていきたいと思います!

それではどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

足のしびれの原因や症状は何?

まず、足のしびれの原因ですが、簡単に言うと、「神経の圧迫と血行不良」と言われており、神経は全身にあるのですが、特に足など腰に近い部分の神経の圧迫は、足にしびれを引き起こします。

また、血管も全身に通っており、詰まりが生じたり、流れが悪くなることで、足のしびれを引き起こすことが多いようです。

他にも、正座で体重が足にかかり過ぎたことで生じた時、ストレスで自律神経の働きが乱れた時、毎日の生活習慣が影響したり、などがあるようです。

足のしびれの症状は?

足のしびれの具体的な症状は、しびれの部分によって症状や原因が異なりますが、どの部分がしびれているのかなどを具体的に把握しておく必要があります。

足のしびれだけだと思ったら、足が上手く動かせないや、力が入りにくい状態のほか、冷たさや温かさなどを感じる感覚機能に支障がある、など様々です。

個人的にあるのは、ピリピリして触るとじ~んとする時や、触っても感覚がないときなどがあり、足のしびれと言っても微妙に違ったりするんですよね。

正座の足のしびれの治し方は?つぼを押して血流を改善!

ここからは、最も足のしびれが発生すると思われる「正座」の具体的な足のしびれの治し方について、有効な方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

正座の状態で足の指に体重をかける

足がしびれて立ち上がれない時は、すぐに立ち上がろうとせずに、正座の状態のまま足の指だけが地面につくようにして、足の指に1,2分ほど体重がかけます。

その後、立ち上がると、血流が改善されてスッと立ち上がることが可能になります。足のしびれが回りにバレたくない時は有効かもしれません。

マッサージする

アキレス腱や膝裏などは、「リンパ管」など血流が流れ込む組織やつぼがあるため、マッサージをして揉んであげると、しびれが解放されます。

足のつま先をもって伸ばす

よく足がつった時にするあの動作で、足のつま先を持った状態で、足を伸ばすことにより、足の裏の筋肉が緩まって血流が良くなり、しびれもなくなります。

今回、ご紹介した足のしびれの治し方はどれもすぐに実行できて、かつ効果も抜群なので、一度足がしびれたときにぜひ試してみて下さい。

やはり、足の血流をよくすることがポイントで、そのためにはしびれている部分やつぼをもんだり、マッサージなどをして血流をよくしてあげることが大切になります。

スポンサーリンク

正座の足のしびれを軽減させる方法はある?

足のしびれの治し方は分かったものの、毎回そのようにしびれを治すのは、ちょっとめんどくさかったり、すぐに立ち上がったりなど動けないのが難点ですよね??

そこで、正座の足のしびれを軽減させたり未然に防ぐ、予防法についてもご紹介していきたいと思います!

やはり足の同じ部分に体重をかけ過ぎないことがポイントとなるため、定期的に同じ部分に体重がかからないように細目に姿勢を変えてあげる必要があります。

例えば、

  • 左右交互に重心の位置を変える。
  • お尻を定期的に上げ、足に体重がかからないようにする。
  • 片方の親指をもう片方の親指に、定期的に重ねる。
  • 足の指だけ地面につける。

などです。

正直、地味な方法なのですが、実際に茶道など正座が多い方なども実践している予防法なんですよね^^

また、普段から正座をしている人は、慣れているせいか、あまり足がしびれないそうなので、普段から定期的に正座をする習慣をつけるのもよさそうですね!

足のしびれの治し方についてのまとめ!

足のしびれの治し方について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?^^

日本人である以上、正座⇒足のしびれというのは、生きていく上で離れない悩みでもあると思うんですよね。

そのため、このようなちょっとした知識や方法があるだけでも、ゼッタイに役立つと思います。

他にも、簡単な足のしびれの治し方や、効果抜群の方法があれば、ぜひ教えて下さいね^^

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました!m(_ _)m

どうぞ他の記事もごゆっくりとお読みくださいませ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です