黒崎くんの言いなりになんてならないネタバレ65話/16巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

黒崎くんの言いなりになんてならないの最新話65話は2020年3月13日の別冊フレンド2020年4月号に連載されております!

ここでは、黒崎くんの言いなりになんてならないの最新話である65話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→黒崎くんの言いなりになんてならないネタバレ64話/16巻!感想&あらすじもチェック!

→黒崎くんの言いなりになんてならないネタバレ63話/16巻!感想&あらすじもチェック!

スポンサーリンク

黒崎くんの言いなりになんてならない65話のネタバレ

しようよ

由宇は黒崎くんに対して他の人に目移りして欲しくないし、夏休みも今も迷惑ばっかりかけて…彼が喜ぶなら先に進みたいと思った。

そんな時に義兄・桜の仕業でラブホに来てしまった由宇たちーーー…由宇がドキドキしながら戸惑っている時、黒崎くんに「赤羽」と呼ばれてドキッとする。

その拍子になにかのスイッチに触れてしまい、部屋が暗くなり照明がムーディーな雰囲気を醸し出す。

本当に『そういう』場所なんだ…と由宇は緊張でカチンコチンになっていると、黒崎くんは桜が置いて行ったメモを握りつぶし、桜もいないしこれは悪戯…用はないから帰ろうと言って部屋を出ようとするーー…。

「…せっかくだし! ゆっくりしてこーよ」

もう今だよねーーー…と考えた由宇は出て行こうとする黒崎くんに抱きつく。

黒崎くんは遊んでる暇はないというが、由宇はドキドキしながらそりゃ胸は全然育成中だし、つまんないかもしれないかもだけどこんなチャンスない…と返す。

しかし黒崎くんは由宇が何を言っているのかイマイチわからず、「おい何言って…」と言おうとするとーー…

「あたしは大丈夫だし しよう!?」

由宇は黒崎くんにキスをして言葉を静止させるのだったーーー…。

大丈夫

何だか様子のおかしい由宇に黒崎くんは、今日のことは桜の入れ知恵かと質問するので由宇は違うけど少し助言的なのはもらったと答える。

それを聞いた黒崎くんは由宇の腕をぐっと掴んでベッドに引き込むーーー…そして倒れる由宇の服を背中からがっとめくった。

「するんだろ 全部脱げよ」

そう言う黒崎くんはなんだか機嫌が悪く感じた。

でもまた自分からやめるのは何だか嫌な由宇ーーー…黒崎くんが脱げというので自分からぬぐからあっち向いててよとお願いする。

“パチン”

そんな時黒崎くんは片手で由宇のブラのホックを外し、由宇の背中に触れるーーー由宇はドキドキしながら『大丈夫 大丈夫 こわくない…』と自分に言い聞かせた。

「逃げたいくせに言うこと聞くんじゃねぇ…バカ犬」

黒崎くんはそう言って電気をつけて、触るのをやめた。

やめると分かり由宇はホッとしてしまうが、また失敗したことに少ししゅんとする。

黒崎くんに「とっとと仕舞え」と言われて自分の恥ずかしい格好をばっと隠すのだったーーー…。

気持ち

部屋を出ようと黒崎くんは由宇のカバンを持とうとするーー…するとカバンからコンドームがポロッと落ちて由宇はドギマギする。

桜が使えって言ったのか…と黒崎くんが言うので、由宇は拾って…と誤魔化そうとするもそんな嘘黒崎くんには通用しない。

正直に桜からもらったと観念する由宇に黒崎くんは、

「踊らされんじゃねぇって言ったろ」

そう言ってゴミ箱にコンドームを捨てて出て行くのだった。

由宇もそれを追いかけて一緒に部屋をでてエレベーターに乗り込む。

由宇は踊らされたわけでもないし、今日は逃げるつもりもなくて…今度はちゃんと大丈夫だから…と話す。

「俺の気持ちは考えねぇのかよ」

その黒崎くんの言葉が由宇はよくわからなかったーー…黒崎くんのこと考えたから…なのに何で?となる。

エレベーターを降りる黒崎くんを由宇は追いかけてちゃんと話そうとする
ーー…

「帰るとか言うなって 今日しか俺都合つかねーし」

そんな時人の声がして振り返ると、バッチリメイクをした芽衣子とその彼氏がいた。

芽衣子はホテルに誘われている様子だったが、由宇と黒崎くんのことを見つけて別のとこがいいと行ってでて行ってしまうのだった。

情けない

帰りの電車、黒崎くんも黙ったままだし由宇はなんか気まずかった。

さっき言ってた黒崎くんの気持ちって一体何なんだろう…そんなことを考えていると、電車が揺れる。

壁側にいる由宇は平気だったが、黒崎くんが人に押されていたので混んでいるしもっと自分の方に寄れば…と話す。

「じっとしてろ」

しかし黒崎くんは由宇が人混みに押されないように、しっかりガードしてくれるのだった。

門限ギリギリか…と言う黒崎くんに、由宇は「あのさっ」と言うが少し考えたあと“ありがとう”とだけ伝える。

芽衣子も、みんな言うとおり彼氏と進んでいた。

なのに何で自分はうまくいかないのかーーー…由宇は空回りが何だか情けない気持ちになるのだったーーー…。

テスト開始

何だか黒崎くんとうまくいかないままテストが始まる。

今はとりあえず試験に集中して満点をとろう…と考えて由宇は答案に書き込んでいくーーー…そんな様子を斜め後ろで白河くんは眺めていた。

白河くんは黒崎くんたちが桜のイタズラでラブホに言った話を聞いた。

白河くんはそんなイタズラ冬にはいなくなるんだしほっときなよ…と話すが、黒崎くんは桜が自分と由宇をかき回して遊んでるなら余裕かました足元掬ってやるよ…と返す。

あれはめずらしく波乱を楽しんでいるな…と白河くんは感じ、おとなしく見守ることにつとめようと思うのだったーー…。

テスト1日目は終了ーーー…由宇は手応えを感じて黒崎くんに報告しに行こうとする。

そんな時先生に話しかけられて何だと思っていると、

「保健室行ってこい 黒崎先生が話あるって。」

そう言って先生はついでに荷物もドサっと渡してきた。

また何かされるのでは…と不安になる由宇だったが荷物もあるし逃げれない由宇は保健室に向かうのだったーー…。

失恋した者同士?

保健室に向かうと桜は保健室前で女子生徒たちに囲まれていた。

由宇は何もされまい…とキリッとしお届け物だと言うと、桜は中に入れた。

昨日自分と黒崎くんが寮にいなかったしそのことを絶対からかう気だ…と推測し、平常心を貫こうとする由宇はさっと荷物を置いて保健室を出ようとする。

桜はお礼もなしなんて礼儀がなってないなぁ…と、出ようとする由宇を止めようとするが由宇は「邪魔です」とスンッとした様子。

「オレには言えないほど乱れちゃったか♡」

しかしこの桜の言葉に由宇の“平常心”はさよならして、真っ赤になってしまうのだった。

由宇はすぐに帰ったことを告げると、桜は自分が高校のときは彼女と朝までノンストップだった…と意味がわからない…とポカンとする。

顔を赤くしてムッとする由宇に、桜はそれでフラれるとは思わなくてよ…と申し訳なさそうにする。

「晴が球遊びなんかで満足そうにしてて、イラッとしたっつーかな」

由宇は“満足そう”という言葉に『え…』となるーー…あれは自分が根詰めてたから付き合ってくれてたばかりと思う由宇だったがそうではないのか…と気づき、桜に「あのっ…」と話しかけようとする。

「失恋した者同士パーッと遊ぶか」

由宇の言葉を遮って桜は“ヒョイ”っと由宇を自分の膝の上に乗せる。

桜はへこんでる時間がだるいし、自分は晴と遺伝子同じだしいまを楽しまないと損だ…と由宇を誘う。

そんな桜を由宇は思いっきり蹴るーーー…

「こんなコトで別れませんよ 黒崎くんとはまだまだこれからですっ」

由宇はそう言って保健室をあとにした。

聞い強い女…晴もあーゆーのが好みかよ…と桜は驚くのだったーーー…。

芽衣子の悩み

由宇は廊下を走るーーー…黒崎くんとスポーツしたり、そんな時間だけじゃダメなんだって思っていた。

“ーー一緒に過ごせる学校行事これだけだろ”

“俺の気持ちは考えねぇのかよ”

しかし黒崎くんはそうは思っていなかった…と由宇は気づいたのだ。

そんな時タラちゃんが「さがしたー!」と前からやってきて、屋上に一緒に来て…と言うのでいくことに。

どうも芽衣子が黒崎くんに悩みごと相談…らしいのだが、タラちゃんは自分たちにはしづらい話かもだけど心配だから由宇を誘ったのだ。

屋上にいき、由宇は泣いている芽衣子に何かトラブルがあったのか…と心配そうにする。

「2人にも話せよ コイツらは茶化さねぇだろ」

その黒崎くんの言葉で、芽衣子は話しだすのだった。

芽衣子の彼氏は強引で距離を置きたいのに無理だって怒りだすし、写真とか撮ってるって脅しみたいなことも言ってくると言うのだ。

黒崎くんはバッサリ芽衣子の半端な態度につけこんでんだから会うのをやめろ…というが、芽衣子はそうするしかない…と思っているけど、なんだか複雑そうな顔を見せる。

「…黒崎くんあたし芽衣子と一緒に、その彼氏に話しにいきたいって思ってる 黒崎くんはどう思う?」

芽衣子の複雑そうな気持ちを察知して由宇がそう話すと、黒崎くんは『余計なことするな・首つっこむな・絶対面倒なことになる』と的を得たことを言う。

芽衣子も自分は平気だし由宇は試験に集中して…と言うが、由宇は泣いてるってことはよっぽどだ…と食い下がる。

芽衣子は続けて由宇がもし修学旅行行けなくなったら…自分の彼氏のことだけ考えてと言うので、由宇は『わかってる そうしたいって思った』と図星な気持ちになる。

そんな時黒崎くんが由宇のほっぺをぐいーーっと摘み、

「『芽衣子が困ってるならなんとかしたい!』 だろ どーせ」

由宇の気持ちを代弁してくれた。

由宇は黒崎くんの気持ちムシしてかわいげないって思っている…というと、黒崎くんはそのまま頰を強くつまみ「ちっともかわいくねぇ」と言う。

「だからつきあってんだよ いまからその野郎のとこ行くぞ」

由宇の頰を離し、黒崎くんはそう言って動きだすのだったーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

黒崎くんの言いなりになんてならない65話の感想・考察

黒崎くんの言いなりになんてならないの最新話いかがでしたでしょうか( ´∀`)

桜の仕業でホテルに…どうなる!?ってとこでしたけど…
黒崎くんはやっぱり由宇に手を出しませんでしたね。

由宇の言葉にムッとしてブラホックは外しましたが…しかも片手で…(°_°)
そんな芸当お持ちでしたか…笑

しかし黒崎くんはイケメン度ましましですよね…かっこよ…。
本当に由宇のことが大事なのがよくわかります。
そんな黒崎くんをよそに由宇は絶賛空回りちゅうです。

というか!ホテルでまさかの芽衣子遭遇!!
しかも彼氏がとんでもない(;´д`)!!!!

自分のこともあるから強く言い出せない由宇でしたが、ここで黒崎くんの助け…
昔の黒崎くんなら絶対こんなことしない…!

これを変えたのは由宇です。
自信もってほしいなぁ…。

黒崎くんはぞっこんですよ…由宇が焦らないでも、いい関係築けていってますよ。

来月号は表紙&巻頭での登場です(*゚▽゚*)
芽衣子のクソ彼氏とどうなるのか!?楽しみです。

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

別冊フレンドの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

別冊フレンドの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→別冊フレンドネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、黒崎くんの言いなりになんてならない65話を含めた別冊フレンド2020年4月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
何かと話題のTIKTOKが気になる
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください