黒崎くんの言いなりになんてならないネタバレ63話/16巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

Amazonで毎回10%以上安く買える 秘密の方法はこちら

黒崎くんの言いなりになんてならないの最新話63話は2020年1月11日の別冊フレンド2020年2月号に連載されております!

ここでは、黒崎くんの言いなりになんてならないの最新話である63話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→黒崎くんの言いなりになんてならないネタバレ61後半話/16巻!感想&あらすじもチェック!

→黒崎くんの言いなりになんてならないネタバレ61話/16巻!感想&あらすじもチェック!

黒崎くんの言いなりになんてならない/漫画最新刊16巻発売日はいつ?マキノのあの別作品も無料で読めるの?

スポンサーリンク

黒崎くんの言いなりになんてならない 63話のネタバレ

新学期

突然の黒崎兄・桜の登場ーーーー…しかし由宇はそれよりも大変な問題があった。

由宇は前髪を隠しながら登校しようとするが前に進まない…それは前髪を切りすぎて、黒崎くんに会うのが恥ずかしかったからである。

ひさびさに黒崎くんに会えると思い張り切ったのにこの始末ーー…それをみかねたミナは前髪はアップにし、失敗していた巻髪もまとめてくれるのだったーーー…。

髪をセットし、校門で待つ黒崎くんに挨拶する由宇。

電話はたまにしていたけど、会うのは家に行ったあの日ぶりで、由宇は少し緊張する。

ミナの力で結構イケているのでは…と由宇はドキドキしながら、「…どう!?」といつもの違いを尋ねる。

「…あぁ顔丸くなったなおまえ 太ったか」

そう言って黒崎くんは由宇の顔を“ムニッ”と潰し、帰り勝手に帰るなよ…と言って教室に入っていく。

ムッとした由宇は「〜〜遅かったら置いてくから!」とプンプンする。

「おまえじゃねぇのに遅れるかよ」

振り返ってそう言う黒崎くんに、好きが溢れる由宇なのだったーーーー…。

刺客…!?

新学期の集会の、途中移動してきた先生の自己紹介中女子の歓声があがる。

「黒崎です 短い間ですが、3ヶ月間よろしく」

桜の挨拶だったーーーー…由宇の近くにいた白河くんは黒崎くんに、黒父にいって桜の学校変えさせて…と頼んでいた。

しかし黒崎くんいわく、黒父が春美に世話したのだそうだ。

「アイツが先生なんておかしいだろ 絶対なんかたくらんでる」

2人の会話を聞いた由宇は、桜は黒父の命令で自分たちを監視しにきたのではーーー…!?と思うのだった。

キス以上の関係になりそうってバレているのか…と由宇はドキドキする。

寮での夕食中も、桜がいないか…とソワソワし、ミナに桜を見かけたかを聞く。

すると桜がいるのは週2、3の当直に日だそうで、由宇は住むわけでないし、ひとまず今日は安心かな…とホッとした。

そのまま2人で一緒にご飯を食べている時、由宇はミナに今朝の髪のこと、そして夏休みもいろいろ面倒かけたことなど含めて、『いつもありがとう』と話す。

ミナは照れ隠しで、「黒崎くんは?」とミナと食べてる場合じゃないのでは…というが、今黒崎くんは寮の仕事がたまっているから…と由宇は遠慮をしていた。

「なに急に遠慮してんの 2人でいるより楽しいことなんて…あ、なにか楽しいトラブル?」

気づきのいいミナーーー…由宇はなにも答えなかったが、何か感づかれているだろう。

由宇はもちろん、黒崎くんと2人にもなりたいーーー…けどもう少し今のままでも…という気持ちもあるのだったーーー…。

刺客との遭遇

「赤羽今のままだとマズいぞ 2学期中間で赤点1つでもとった生徒は、修学旅行参加禁止だ」

翌日、生徒指導室でそう告げられる由宇ーーー…赤点の場合は、修学旅行中は勉強合宿になるのだ。

由宇は修学旅行のために頑張らなくては…とトボトボしながら、成績表を持って教室に戻ろうとするーー…すると途中で桜に遭遇した。

由宇が桜を警戒していると、桜は由宇の髪が大人っぽくてかわいい…と褒められ嬉しくなり少しポーッとする由宇。

そしたら桜がひょいっと由宇の持っている、成績表を奪い取って見た。

「Hにかまけて成績落としちゃったか」

由宇の悪い英語の成績を見て、そう話す桜ーーー…由宇は「〜〜してないです!」と反論して、成績表を取り返そうとした。

「気ィ抜いてると捨てられるぞ!晴昔から冷淡なやつだし」

桜はベッドの外で話なんて合わないだろ…と話すも、由宇からしたら心配しなくても黒崎くんは優しいし、健全にラブラブな毎日を過ごしている!と主張した。

それに黒崎くんはキス以上は待ってくれているし、黒父のしかくだと思っている桜に、そのことを伝えておいて…と話すも、桜は由宇がなにを言っているのか分かってなさそうだった。

「よくわかんねーけど じゃあまぁ、勉強励めるように お手」

桜はプレゼントだと言って、由宇に試供品のコンドームを渡した。

「修学旅行っていいチャンスだぜ ラブホにでも行ってきな 晴が可哀そうだろ」

“可哀そう”という言葉にビクッとする由宇ーーー…桜は気にする様子もなく、思春期のヤローの頭の中なんてソレばっかりなのに…と言って去っていくのだったーーー…。

すべてを知りたい

修学旅行中にエッチだなんてーーー…そんなまさかある…!?と由宇の心はざわつく。

夜の風呂休憩後、黒崎くんが由宇と梶(ついでにゾロゾロとテストやばい人たち)に英語を教えてくれていた

しかし由宇はなかなか集中できないーーー…それに気づいた黒崎くんは由宇の頭をノートで叩いて、勉強を教えてくれた。

由宇は黒崎くんも手伝ってくれることになって嬉しいーー…でもこのままでは集中できない、と…修学旅行でしたいことを尋ねる。

黒崎くんも桜のいう修学旅行でのエッチのチャンスを狙っているのか…どうなのか…と内心ドキドキして、顔を赤くしていると、黒崎くんが由宇の頭に手を添え、顔を近づけてくる。

由宇はドキッとし、「〜〜ひとりのほーが、集中っ…できるし」と言ってその場を去るのだった。

逃げていく由宇に気づいた白河くんーーー…残った黒崎くんにケンカでもしたのかを聞く。

「…触れると逃げる 自分の問題っつって理由はしゃべらねぇし…赤羽のこと全部知りてぇ」

黒崎くんはそう言って「ムカつく」と呟いたーーー…そんな様子をみた白河くんは何だか嬉しそうに笑って、いっぱい悩めと言った。

そして一つ助言といって、これからは勢いじゃなくてちゃんと手順を踏んでいこう…と話す白河くん。

「由宇ちゃんと最後までしたいなら」

その白河くんの言葉に、「最後って…」と何かを返そうとする黒崎くんだったが、そこに桜が登場して話は中断する。

桜は白河くんのことを「クミちゃん♪」と呼び、白河くんは心底嫌そうにする。

桜が現れたことで、女子生徒たちがワイワイし出すが、黒崎くんは何か考えた様子で桜のことを気にしないのだったーーーー…。

集中!

授業を受ける由宇だったが、全然集中できずに焦っていた。

修学旅行でどーとか悩むまえに、赤点とって勉強合宿になったらイミないのに…と由宇は大きなため息をつく。

そんな由宇にタラちゃんが話しかけてくれたので、梶と修学旅行で…と相談を持ちかけようとしたが、そこに梶が現れとっとこ寮に帰っていってしまうのだったーー…。

とにかく集中しよう…と、由宇は図書館にやってくる。

まずノートを整理して、小テスト見直して…とやることを考えるが、由宇の頭の真ん中には『頭ん中なんてソレばっかだぜ』と言った桜悪魔でいっぱいで途方に暮れそうになるーーー…

すると由宇の横に黒崎くん座ってきた。

「俺も試験勉強だ」

なんで…と大きな声を出そうとする由宇に、黒崎くんはそう話す。

由宇からしたら黒崎くんは別にやる必要ないんじゃ…と返すと、黒崎くんは修学旅行があるんだから必要だというのだ。

「一緒に過ごせる学校行事これだけだろ 自由行動の話だって、来栖たちとは詰めてんだよ、お前は余裕ないけど」

そうやって話す黒崎くんに、由宇は黒崎くんが“2人きり”じゃなくても、修学旅行を楽しみにしてたりするのかを聞いてみると、「おまえは違うのかよ」と返されてしまった。

由宇は慌てて黒崎くんの兄が…というと、黒崎くんは桜が由宇になにをいったのか気にするも、由宇がそれを言えるはずもなく、黒崎くんは飛行機が苦手なのを隠してる…とかいって誤魔化した。

「俺以外のやつに振り回されてんじゃねぇ」

黒崎くんは由宇の頭を教科書でボスっと叩き、キスをした。

キスならいくらでもしていいーーー…前由宇がいった言葉をぼそっと呟き、黒崎くんは長い時間キスをした。

黒崎くんは図書館だろうと、「これは」遠慮しない…と言って、当然…と言わんばかりにやりのけるのだった。

彼の新たに知る一面

勉強も終わり、2人は寮へと帰宅しようとする。

久しぶりのスパルタに由宇はクタクタ…帰っても反復テストと黒崎くんがいうので、由宇は脳の栄養補給のためコンビニで甘いもの補給をする。

由宇は雑誌コーナーで待つ黒崎くんに、勉強のお礼に何か欲しいものがあるかを聞くと、「カップ焼きそば大盛り 激辛な」と返ってきた。

由宇はカップ麺とか普通に食べるんだ…しかも激辛ーー…それに学校帰りの寄り道もはじめてだし、となんだか新鮮でドキドキした。

レジを済ました由宇は、雑誌コーナーに行き、なにを見ていたかを聞くも黒崎くんは教えてくれず、店を出ようとする。

でもなにを見ていたのか知りたい由宇は、こっそり何の雑誌を手に取っていたのか…と通り側にかくにんーーー…

すると黒崎くんは『抱き合うってHAPPY!感じあうLOVE!』が雑誌の表紙に書かれていたものを見ていたことを知る。

この雑誌を黒崎くんがーーーー…!?やはり黒崎くんの頭のなかもーーー…!?となる由宇ーーー…また由宇が集中できない予感!

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

黒崎くんの言いなりになんてならない63話の感想・考察

黒崎くんの言いなりにならないの最新話いかがでしたでしょうか(*゚▽゚*)

黒兄・桜はどんな悪魔具合…となりましたが、これはまだ序の口な感じですかね?
まぁ確かに地味にいや〜〜〜…な感じはしますが、こいつ!!やばい!!みたいな感じは今のところないような気がします。

しかし白河くんの怖れ具合は可愛い…笑
彼がかつてこんなに嫌そう〜〜〜〜な顔をしていたことはあるでしょうか( ´∀`)

桜は過去になにをしたのか…そのうち明かされることを期待します。

そして由宇はまっっっっっったく勉強に集中してませんね 笑

最後なーんとか、黒崎くんのおかげで集中して、頑張れそうかな?
って思ったところで、引き戻された感があります(ノД`)

でも本当に黒崎くんがそんな雑誌読むんですかね…?
なんだかなんだ由宇の勘違いなような気がするんですが 笑

それか、白河くんに言われて雑誌でもよもう…ってなったのかのどっちかですかね。
黒崎くんは修学旅行にどうこう…とは考えてなさそうです(;´д`)

しかし由宇の頭の中はそのこといっぱいです!

次回どうなっていくのか!?
楽しみにしましょう♪(´ε` )

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

別冊フレンドの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

別冊フレンドの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→別冊フレンドネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、黒崎くんの言いなりになんてならない63話を含めた別冊フレンド2020年2月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA