コウノドリネタバレ286話(最新話)!考察や感想も!【医療安全管理編最終話】

コウノドリの最新話286話は2019年5月23日の週刊モーニング2019年25号に連載されております!

ここでは、コウノドリの最新話である286話「医療安全管理編最終話」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもコウノドリ 286話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

コウノドリ286話「医療安全管理編最終話」のネタバレ

妊婦に異変!だが、サクラの傷はまだ癒えないまま・・。

病院では、初産の木村さんが、赤ちゃんがなかなか降りてこないようです。

胎児心拍も回復が悪いみたいで、鴻鳥に様子を見に行ってもおうとしますが、鴻鳥は黙ったままです。

倉崎先生が行こうとすると、鴻鳥が僕が行くと言いました。

院長室では、院長が今回のことで、結局ペルソナは訴えられないということでよいのか確認しています。

医療過誤事件としてペルソナを訴えるつもりなら、弁護士の方から損害賠償をするとか連絡が来るはずなので、、いまだにないということは、そういうことだと思うとエイキチはいいました。

弁護士側も証拠保全の検討結果、医療過誤はなかったと判断しましたなんて弁護士が勝手に伝えることはあり得ない。

小野田にはもう裁判は諦めたとペルソナに伝える気持ちはないからです。

医療の安全管理は治療

病院で、加瀬先生とエイキチが、ペルソナにエラーがなかったと話しています。

エイキチは医療安全管理の人間として、今回は患者側の小野田さん、医療者側の鴻鳥先生やスタッフにとってショックな出来事だった。

なにより小野田さんの不信感を払拭できずに終わってしまったことはとても残念です。

加瀬も確かに今回は良かったとか、悪かったとか‥そういうことではないかと言いました。

エイキチもすっかり患者の治療から離れて、医療の安全管理者だなと加瀬が何気なく言います。

すると、医療安全管理は治療ですよ。とエイキチは言います。

確かに今回はペルソナにエラーはありませんでしたが、ただ・・医者だった看護師だって人間です。

時にはエラーをおかしてしまうこともあります。

医療安全管理とは、常に病院内でエラーが起きていないかをチェックし、そしてエラーを発見したときに重大な結果が起きていなくても、そのエラーを分析して、原因を取り除き二度とエラーを起こさない態勢を作るからです。

それでもまた同じようなことが起きてしまった時には、どう最小限にくい止められるのか・・・病院組織全体での対策を作り上げることだと言いました。

そして、それは必ず患者を救うことにつながっていくと信じています、

なので私は患者の治療から離れたと思ったことはありませんよと微笑みながら答えました。

 

戻ってきた鴻鳥

分娩室では、木村さんが、出産のため苦しんでいます。

助産師の小松さんが声をかけます。

木村さんが鴻鳥先生を呼びました。

痛いし・・・怖い・・・と弱音を吐いてしまいます。

鴻鳥は、そうですよね・・・痛いし‥怖いですよねと共感します。

でも、赤ちゃんを産んであげられるのはお母さんだけです。

僕も小松さんも・・・ここにいる全員で木村さんのお手伝いをします。

だからみんなで元気な赤ちゃんを迎えましょうと言いました。

木村さんは無事に元気な赤ちゃんを出産しました。

小松さんが鴻鳥先生に話しかけます。

木村さんの子供を見る優しい笑顔を見て、ああいうお母さんと赤ちゃんの顔を見ると、ここでもう少し頑張ろうと思うよね。

鴻鳥先生も笑顔でそうですねと答えます。

小松さんはお帰りと言いました。

そして思い出したように、小野田さんお店再開したみたいよと教えてくれました。

さつそく小野田の店の近くに行ってみる鴻鳥。

店の中では、小野田が弁護士の仲川先生と話をしています。

仲川が母の命日で、小野田のお店のお花を供えてあげたかったからと伝えていました。

小野田はまだマコさんのいないことに慣れていませんが、すこしずつ前に進まないとと思っています。

中川がお店の外に出ると、鴻鳥の後姿が見えました。

彼も・・ちょっとずつか・・・と仲川はつぶやきました。

彼はもう一度翼を広げる。全ての母親に届くように。

スポンサーリンク

コウノドリ286話までを無料で読む

ということで、コウノドリ286話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、コウノドリ286話を含めた週刊モーニング2019年25号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

コウノドリ286話の感想・考察

鴻鳥が、戻ってきました!

患者さんが弱音を言えて、それを理解して優しく包み込んでくれる先生、理想です。

自分の辛い時、こんな先生やスタッフの方がいてくれたら、痛みもつらさも緩和されるのではないかと思います。

エイキチさんの言う通り、どんなに気をつけても人間なのでミスはあるかもしれません。

でも二度とないように気をつけることが重要なのだと思います。

今回はミスではなかったけれど、誰にも責任はなかったけれど、

もうマコさんは帰ってきません。

つらいお別れがなくなるように医療の現場も頑張っているのだと思います。

少しずつ、前に進めますように!

コウノドリ286話についてのまとめ!

コウノドリ286話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、コウノドリ286話を含めた週刊モーニング2019年25号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です