コウノドリネタバレ284話(最新話)!考察や感想も!【医療安全管理編第16回】

コウノドリの最新話284話は2019年5月9日のモーニング2019年23号に連載されております!

ここでは、コウノドリの最新話である284話「医療安全管理編第16回」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもコウノドリ284話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

コウノドリ284話までのあらすじ

ある日、ペルソナに小野田という妊婦が切迫早産で入院してきたが、退院直後に亡くなってしまう。納得がいかない夫は、弁護士・仲川を訪ね、病院を訴えることを決意、裁判官による証拠保全がなされた。仲川は届いたカルテを協力医に確認してもらい、ペルソナの治療について客観的な意見を聞く。

コウノドリ284話「医療安全管理編第16回」のネタバレ

母の遺影をみ思うこと

「ここからど〜するか…だな」

仲川は協力医にカルテを見てもらったのち実家に行く。

仲川は母の遺影の前に、父は縁側に座る。

急に帰ってきた息子に、仲川父はどうした?と問うが、仲川は仕事で近くに来たからだよ、と話す。

今扱ってる事件について話そうとするがそれを止め、

「母さんの命日にまた来るよ…」

と実家を出るのでした。

協力医の見解

実家を出た後仲川は小野田さん宅に行きます。

「え…ペルソナやあの医者には非がないってコトですか?」

妻が死んだのは病院側の責任だと思う小野田は納得いかない様子。

仲川は協力医の先生にカルテを検討してもらったが、検査結果を見ても妊娠中ならば特に異常といえる値ではなく…正常範囲と判断する値だったと話します。

小野田の奥さんは発熱もなく、感染症を疑うような訴えや所見はなし、神経内科、産科、搬入時のカルテ含め死因となる点はないとのことでした。

「奥様の死因は特定できず不明…ペルソナでの治療には通院時・入院時のいずれにもないとのことです」

これが協力医の見解でした。

裁判を起こしても…

それならばこれからどうすればいいのか…と小野田は問います。

仲川は、ペルソナを訴えるにはまずペルソナの過失が認められなければならないと話します。

しかし今回はペルソナの治療に問題点がない…つまり過失はないという判断になります。

協力医いわく…ペルソナの治療は医療水準(10人中7〜8人の医師がその治療を否定すること)からみて適切であり…とても丁寧に診ておりこれ以上のことはできなかっただろう…とのことです。

「つまり今回ペルソナを相手に裁判を起こしても勝てません」

それを聞いても納得することのできない小野田、ペルソナは絶対何か隠している!負けても構わないから!と訴えることに躍起になります。

仲川の想い

躍起になる小野田に仲川は自分の身の上話をします。

仲川の母親は自分が高校生の時にくも膜下出血で亡くなりました。

〜〜〜〜〜〜(回想)〜〜〜〜〜〜

「…なに母さんまた頭が痛いの?」

母は頭痛がいつもよりひどくめまいもするのだと話します。

そんな母をよそに仲川は友達と映画館に行くと言います。

母は来週期末テストなのに勉強してないのに映画に行くことを叱りますが、うるさくいう母に苛立ちを覚えた仲川は「ったく頭が痛いなら寝てろって」といい出ていくのでした…そしてこれが母との最期の会話になるのでした…。

あの後仲川父が帰った時には母は台所で倒れていて、すでに手遅れの状態でした。

前日に病院に行っていたのに気づけなかったのか??と仲川父は病院を訴えることを決意します。

しかし弁護士に頼むと、病院に過失ありとは言えず責任は問えないと思うとのことでした…。

帰っていく弁護士に仲川に駆け寄りこう話すのです。

「あの…病院が悪くないんなら…母さんが死んだのは…オレのせいです」

あの日、いつもより頭が痛いといっていたのに…それなのに自分は友達と映画に行ってしまって…もし自分がちゃんと家にいたら…と自分を責めます。

「キミのせいなんかじゃない…」

そう言って弁護士は仲川の肩を叩きます。

もし自分が仲川だったとしても友達と映画を観に行ってた…それに病院にミスがないということはお母さんは病院にきちんと診てもらっていたんだってことが…はっきりしたってことなんだ、と弁護士は話します。

だから誰が悪かったってわけじゃないとも話してくれたのでした…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

仲川個人としても辛い気持ち悔しい気持ちは少し理解できると話します。

しかしもし、協力医が奥様の治療に「過失あり」と判断していたら…それは別の医師にかかっていれば命が助かっていたかもしれないということでもある…そうなればもっと辛く悔しいことだったと思うと自分の思いを語ります。

協力医が「過失なし」と判断したということは誰に診てもらっても救えなかったと確認できたのではないでしょうか…とも話す。

仲川は月並みな言い方しかできないと前置き、

「これからは…奥様が望んでおられるのはご主人が前向きに進んでほしいということではないでしょうか…」

こう話す…そしてこれ以上ペルソナを訴えてほしいと言われても弁護士としてミスのない病院を訴えることはできませんと告げるのでした。

外に出る仲川…小野田の店の前に立っていたのはサクラだった。

“休業”の文字を眺めるサクラに仲川は「お店…再開されるといいですね…」と話しかける。

「あとは…ご主人次第だと思います」

仲川はそう話すのでしたーーー…。

コウノドリ284話までを無料で読む

ということで、コウノドリ284話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、コウノドリ284話を含めたモーニング2019年23号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

コウノドリ284話の感想・考察

この行き場のない感情「何かのせい」にして「理由」をつけてどうにかしたい…という小野田さんの気持ちがとても辛かったです(;´д`)

「誰のせいでもない」とわかった今、前を向くしかないのでしょうが…そう簡単なものではないですよね…。

どうか小野田さんが少しでも前を向き…幸せになってくれることを願わずには入られません…。

コウノドリ284話についてのまとめ!

コウノドリ284話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、コウノドリ284話を含めたモーニング2019年23号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です