金博洋の読み方はなぜボーヤンジン?理由やまるりんが誰か気になる

金博洋(きんはくよう)選手が、フィギュアスケートの四大陸選手権・男子フリーにて、逆転優勝しました!

平昌五輪代表の宇野昌磨選手は残念ながら、2位という結果で終わってしまいました。

そんな金博洋選手がどのような人物であるのか気になったので、調べてみました!

ということで今回は、金博洋選手について

  • 読み方がボーヤンジンの理由は?
  • まるりんって誰?

などを中心に見ていこうと思います!

それではどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

金博洋の読み方がボーヤンジンの理由は?

金博洋選手の名前は「きんはくよう」という呼び方と「ボーヤンジン」という二つの呼び名があり、気になったので、その違いについて調べてみました!

まず「きんはくよう」という呼び名は、日本の読み方であるため、金博洋選手の本名の読み方ではありません。

金博洋を中国の呼び名で、「金(ヂン)博洋(ボーヤン)」と言うことから、ジンボーヤン・・・ボーヤンジンと呼ばれたということでした。

よくありますよね~日本人が海外の中国名を間違えて読んでしまい、それが世間に浸透してしまったパターンのやつですね!

「ボーヤンジン」って聞くと、「坊や人」や「ボーヤン人」と言われるので、「どんなあだ名だよ!」と思ったのですが、そういうことだったんですね笑

金博洋のまるりんって誰?

金博洋選手を調べていると、「まるりん」というまたもや怪しい名前が・・・。

今度はどんなあだ名、もしくは人物なのか気になったのでこちらも調べてみました!

すると、どうやらフィギュアスケートの熱狂的なファンで「まるりん」という方で、金博洋選手のファンでもありました!

特にツイッターにて、金博洋選手についてもつぶやいておられ、おそらくファンの間でまるりんさんが注目されたということでしょう。

ツイッターの内容を見ると、

かなりの金博洋選手のファンであることが伺えます!!笑

よくツイッターで批判や中傷する人がいますが、まるりんさんのようなファン精神のある方がもっと増えてほしいですよね~!

ちなみに、まるりんさんいついては、山本草太選手・町田樹さんのファン以外の、性別や年齢などの情報は分かりませんでした!

金博洋についてのまとめ

金博洋選手について調べてみましたが、まとめは以下の通りになります。

  • 「きんはくよう」は、日本語の読み方で間違い。
  • 中国の読み方は、「金(ヂン)博洋(ボーヤン)」。
  • まるりんは、金博洋選手推しのフィギュアスケートファン。

こちらの関連記事もどうぞ!↓↓

▶「韓流」の読み方について調査!カンリュウとハンリュウのどっちが正しい?

▶宇野昌磨が男子にも人気ってマジ?プライベートも気になる!

▶無良崇人のほくろが超気になる!手術や除去しない理由がまさかの!?

▶宮原知子がダサい理由は衣装?ハイレグってマジ?

▶金博洋の読み方はボーヤンジン?まるりんが誰か気になる!

最後までお読み頂きましたありがとうございました!m(_ _)m

どうぞ他の記事もごゆっくりとお読みくださいませ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です