キングダムネタバレ607(最新話)!考察や感想も!【総大将の対話】

キングダムの最新話第607話は2019年7月11日の 週刊ヤングジャンプ2019年32号に連載されております!

ここでは、キングダムの最新話である第607話「総大将の対話」のネタバレについてや感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもキングダム第607話を漫画で見たい!今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

キングダム第607話「総大将の対話」のネタバレ

王翦の動き

李牧軍の戦術を見抜き「起こり」逆手にとった王翦軍の反撃が続いている。

趙軍の雷伯は「李牧様を超えることはありえないがまさか敵も同じ景色を見ているのか、、、王翦、、、!!」と驚きを隠せないでいた。

一方、王翦は本隊を前進させていた。

「秦軍本陣、、、前へ!!!」

そして、王翦の元には次々と戦況が部下たちから伝えられる。「敵の中央を突破し、半分の敵を撃つことができそうです!」

王翦は静かに決断する。「今すぐ乱戦を解け。左へ転進する。」

中央突破でなく、左に進むことで今の相手もこちらを追ってくると想定します。

王翦は言います。「面倒だ。一気に決着をつける!

赤大鶴の陣

王翦軍が大きく左に動きだす。

これは、敵(カイネ、傅抵、雷伯)や友軍、そして李牧でさえ予想しない展開でした。

雷伯軍と戦っていた王翦軍が共伯軍と戦っていた田里弥軍に強引に合流することになった。

この状況はこの場にいた全員の思考が一瞬停止するほどの驚くべき奇襲となったのだった。

この時一番最初に反応したのは倉央で、「ハハ!面白い!」と後方待機させていた本軍を呼び混戦の中さらに混沌を生み出します。

一方、趙軍では傅抵は王翦の狙いをつかめずにいます。また、雷伯は知略戦を完全に王翦が捨て博打に走ったたと考えます。

李牧はこの王翦の動きの意図を考え、李牧は「いや、王翦はそもそも博打なんてしない…」と考えます。

田里弥も倉央も混戦に見えるこの状況が、王翦にとってはまったく混戦ではないことに気づきます。

そして、王翦は一気に各部隊に指示を出します。「第三、四体方陣を作り右方移動!」「第六、八隊を一つにつなげて前の壁に」「龍太の中隊は左方の盾の中心に入れ!」

そして、田里弥には「鶴の中央を作れ」と指示が出て、一気に軍が動き始めます。

対して、王翦軍の動きを見た雷伯は「何、なにをしているのか王翦軍は」とつぶやき、何が起きているのかまだつかめずにいた。

李牧は王翦が布陣を作り上げているのを察します。大混戦の中戦いながら陣を作り上げていっている。現場にいながら布陣は単ではないはずなのに…

そう、王翦は赤大鶴の陣を作り上げていたのです。

田里弥は言います。「すでに陣形は整った。あとはこのまま王翦様が最後尾に入れば大鶴の陣は完成だ。一方、趙軍は軍としての配備は乱されたままでバラバラだ」

しかし、王翦はは布陣を完成させることもなく敵陣に一人進んで行くのです。

総大将の対話

王翦自身がまさかのたった一人で前に進んできます。

この状況下にカイネ、傅抵や雷伯が驚くのはもちろんのこと、田里弥や蒼央も驚きを隠せずにいた。田里弥も倉央も驚きつつもすぐになにかあったらかけつけられるように準備にまわります。

すると李牧もたった一人で王翦の前に現れました。

両軍の総大将が対面することとなり、両軍の武将は気が気でない状況となっていた。

李牧「はじめてお目にかかります、王翦」

王翦「よく出てきたな」

李牧「私と話をしたいのかと思いまして」

少し沈黙が続きます。

李牧が口火を切ります。「そちらにもう兵糧がないことは知っています。これ以上続けてはあなた方は敗北して死ぬか飢え死ぬかのどちらか。ですので兵士の命は保証します。降伏をしてください。」「列尾を越え王都圏に侵入した時点であなたの負けは決まっていたのですよ。」

対して、王翦は言います。「面白い。だが、鄴の食糧が底をついた事は知っている。鄴は間もなく陥落する!!」

李牧は力強く王翦に告げる。「鄴は趙の喉元を守る盾です。そう簡単に陥落はされません。鄴を失えば、趙は傾きます。でも趙の160年の歴史をかけてでもそんなことにはなりません。」

王翦「歴史の重さで国など救えない。上が馬鹿の集団であればそれだけで国は滅びる」

いま趙の唯一の支えになっているのが李牧、お前だと王翦はいい、「お前がいなくなれば間違いなく趙は一瞬で滅亡する。」と言い放った。

そして、李牧がどんなに命を尽くしたところで結果に結びつくことはないというと李牧は「なにがいいたいのですか。」と聞く。

すると王翦は「李牧、私と手を握って力を貸してくれ。2人で最強の新しい国を作らないか

キングダム第607話までを無料で読む

ということで、キングダム第607話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、キングダム第607話を含めた 週刊ヤングジャンプ32号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

キングダム第607話の感想・考察

いやぁ、王翦が最後の最後で李牧を口説きますね。

王翦は自分の国を作りたい男だと言われ続け、野心を隠してきましたがここで本性を現してきましたね。

王翦の国のために李牧は王翦の話に乗るのでしょうか?

李牧が王翦に協力しはじめてしまったら、間違いなく秦から反乱をおこしてしまうパターンですね。

それはそれで最強の国が出来てしまいそうで怖いですね。

ただ、王翦の誘い自体がそもそもがブラフという可能性もあります。

まあ、十中八九李牧は断るのではないかと考えます。

とにかく、王翦は李牧並みに頭が切れるので二重三重に策を練っているのでしょうね。

戦いながら布陣するとかスケールが違います。

次週以降、展開がどうなっていくのか楽しみですね。

キングダム第607話についてのまとめ!

キングダム第607話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、キングダム第607話を含めた 週刊ヤングジャンプ2019年32号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です