キングダムネタバレ605(最新話)!考察や感想も!【王翦の読み】

キングダムの最新話第605話は2019年6月27日の 週刊ヤングジャンプ2019年30号に連載されております!

ここでは、キングダムの最新話である第605話「王翦の読み」のネタバレについてや感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもキングダム第605話を漫画で見たい!今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

キングダム第605話「王翦の読み」のネタバレ

糸凌隊の出陣

王翦からの使者より敵の動きを探るべく千の隊で攻めよと倉央の所に伝達がきます。

そこで、王翦の読みを第4将倉央軍の副官である糸凌隊が動き出します。

糸凌は見事に相手の布陣を一網打尽にして突き進んでいきます。

その様子を見ていた李牧軍では

「やばり連中が入ってきたぞ」と動揺があるもカイネは「想像以上の武に合わせ損ねただけで、問題ない。李牧様の兵には通用しなくなる」と言い切ります。

突撃してきた糸凌に対し、「虚脱」の戦術を使う盾の兵士たち。

「ほぉーこの糸凌を相手に『虚脱』だと!?」

糸凌は盾の兵士たちに気を込めた攻撃をするも、盾の兵士たちはみじんも感情を乱さず陣は崩れません。

糸凌は「へえーただの兵士じゃないわ。とんでもない訓練を受けてるこいつら…」と考えます。

糸凌のうごきが止まったのをみて一度呼び戻そうと指示を出します。

ですが、倉央の指示が届く前に糸凌の兵士と倉央の兵士への分断攻撃が開始されてしまいます。

それを見た倉央はすぐに「50の援軍を送れ!」と指示を出すと間髪入れずに50騎の援軍が出たところに敵50騎が来ます。

倉央は援軍はそのまま副官の所に行かせ来た敵の部隊を迎え撃ちます。

田里弥の考え

倉央の部隊にとどまらず、黄馬隊、山比隊、陸隊が指示を田里弥の所に伺いに行っています。

この状況下で田里弥は、戦術指示がなかなか出せないでいた。

「大小どの戦術を出しても通じない。むしろ裏目に出て続けている。あっちの兵士も戦術の理解を徹底にさせたみたいだがこれほどの差が!?」

「それとは違う何か…違和感を感じるが…一体なんだ…」

田里弥は敵をしっかりと見据えながら思考をさらに深めていきます。

一方、王翦は倉央軍の動きが止まったり、田里弥軍が各所で押されている様子を見て何か気づいたような様子でした。

王翦
「ほお。そういうことか。」

と王翦はすべてを察知しました。

王翦の動き

田里弥は、李牧軍の動きについて指示を何一つ出せないでいた状況が続いていました。

そこで、田里弥は倉央軍を一度外に出させ全軍乱戦を解くために一度撤退するよう命じます。

時間がないのはわかっているものの、のかみ合いのままだと兵を失うだけだと考えたのでした。

大きく戦略を変えてどこかに弱点を見つける必要があると考えます。

すると、

ドドドドドド

地響きが聞こえます。

これは、王翦が率いる1万の軍が進行してきていたのだった!

しかも、王翦自らが先頭に立っていました。

すると糸凌、倉央そして李牧やカイネも驚いた表情をします。

李牧「早くも出てきましたか、、王翦!

どちらも1万の軍。

カイネ「王翦が自ら率いてでてくるとは、、、」

傅抵は「早くも対象自らがお出ましかよ。でも残念だったな、王翦」という。

傅抵は趙側の軍勢である雷伯軍は李牧直属の兵士で揃えており、李牧の戦術の謎を解かない限り勝ち目はないと言い切ります。

カイネも傅抵も李牧の戦術を解くことはできない、あれは戦術を超えたものだと考えます。

田里弥も倉央もどのように攻略するか注目します。

倉央は「鶴翼」あたりの戦術を使うのではないかと想像します。

そんな中、王翦軍は布陣することなくただそのままひたすら愚直に前進します。

これに李牧も驚いた表情をします。

李牧の戦略に挑む前進の意図とは――――?

キングダム第605話までを無料で読む

ということで、キングダム第605話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、キングダム第605話を含めた 週刊ヤングジャンプ30号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

キングダム第605話の感想・考察

王翦軍のどの戦術も通じない李牧軍の戦術、強いですね…

カイネの「相手の動きに合わせる」というのが布陣の謎のヒントのような気がします。

戦術のプロである田里弥が違和感があると感じただけで何かに気づけなかったのに対し、王翦は
動きを読み切ります。

そして、まさか王翦本人が登場するという予想もできなかったことが今回は起こりましたね。

正直、王翦は最後まで戦力を温存するのかなと思っていました。

なにせ自分の国を作りたい願望があるそうですから。

そして、何か気づいた様子の王翦が李牧軍に対しひたすら前進していきます。

陣のしかけは全くしていませんが大丈夫でしょうか。

何かに王翦は気づいたので単なる直進とは違うとは思いますが。

次週、王翦と李牧が直接対決するのか、勝負の行方が気になるところです。

今から次週が楽しみです。

キングダム第605話についてのまとめ!

キングダム第605話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、キングダム第605話を含めた 週刊ヤングジャンプ2019年30号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です