【結婚相手は抽選で】6話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (11月10日放送分)

ドラマ「結婚相手は抽選で」は、政府が結婚相手を抽選で決めてしまうというお話で、キャストは、野村周平さんと大谷亮平さんと高梨臨さんです。

龍彦は、LGTBなどが被害にあっている抽選見合い法は問題だと、上申書を書き上げました。

嵐望は好美にプロポーズし、母と会うことになるのですが、、、

奈々と龍彦は打ち解けあうが、奈々がまさかの発言をするのです!

ということで今回は、ドラマ『結婚相手は抽選で』6話のあらすじやネタバレ、感想についてまとめてみました!

スポンサーリンク

『結婚相手は抽選で』のあらすじは?

生涯未婚率が上昇し、少子化に歯止めがきかなくなった日本政府は「抽選見合い結婚法」を制定。

対象となる男女は、政府がセッティングした相手と見合いをし、3回断ると
テロ対策後方支援部隊として派遣されてしまう・・・

政府が突然打ち出したこの法律に、ある男女4人が翻弄されていくというストーリー
です。

どんな人との出会いがあるか、どういった展開になるか面白そうですよね!

『結婚相手は抽選で』6話のネタバレ!

龍彦は、友人の北風からの打ち明けられたことからLGBTについて真剣に調べはじめます。

「抽選見合い結婚法」での被害者をこれ以上増やさないよう、「抽選見合い結婚法 改定案 上申書」を作成するためだった。

友達思いで、どうにかしたいと行動に移す龍彦、優しいですね!

さらに龍彦は上申書を見てもらうため、以前からその政権批判の記事に感心していたフリージャーナリストのひかりに会い、失言する大臣の小野寺を苦々しく思っていたひかりは、龍彦の作成した上申書を持って、ある行動に出たのだった……。

何かが変わるかもしれないですね!

一方、嵐望から「お母さんに、紹介して欲しい」と告げられた好美は不安を感じながらも、母・あき恵を東京に呼び寄せました。

嵐望を交えた食事会の日、「好美さんとの結婚、許していただけませんでしょうか」と言った嵐望に、その場では承諾したあき恵だが好美には結婚を断るように話していた。

結婚の話をしたなんて、嵐望は本気なんですね!!

ですが反対されて、これからどうなるのでしょう。

そんな中、緊張しつつも龍彦は奈々は再会し、いつものようにマイ箸を使おうとすると、強引に店の箸で食べさせる奈々に、感謝する龍彦でした。

龍彦も自分を変えたかったんですね~もしかして奈々なら龍彦を変えれるのでは?!

そんな奈々も龍彦に自然と家族の話をし、悩みを打ち明けて涙を流し、変わりたいのに変われないと、テロ撲滅隊にも行きたくない…リーチ女であることを告白した奈々は、龍彦に…。

奈々がこんなに素の自分を出していて驚きです。

家族の話も打ち明けてくれ、それは祖母のことで、母が教えてくれたようにバイオリンの先生になりたかったが、祖母に反対され、自分が悪いと分かっている奈々。

何もかも中途半端で、結婚しても幸せになれないからと泣く奈々は、龍彦にあなたから断ってとお願いした。

考え込む龍彦は…。

どうするのでしょう。

以上ネタバレでした。

『結婚相手は抽選で』6話の世間の感想や評価は?

『結婚相手は抽選で』6話のネタバレ!

ドラマ『今日から俺は!!』6話のあらすじやネタバレ、感想についてまとめてみましたが、どうでしたか?

6話のポイントは、

・龍彦は、被害者をこれ以上増やさないよう、「抽選見合い結婚法 改定案 上申書」を作成
・嵐望は好美の母と会い結婚を申し込む
・奈々は、龍彦にあなたから断ってとお願いした。

7話では奈々から今までのことを聞いた龍彦は奈々を守ろうとすることになります。

友達の北風君のことや今までの法律のことも気になり正義を貫こうと動き出すのです!

次回もどんな展開になるのか楽しみです。

ということで、第6話についてのネタバレをまとめてみました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です