【覚悟はいいかそこの女子】久瀬龍生役の若林時英ってどんな人? 出演ドラマもチェック!

ドラマ「覚悟はいいかそこの女子」に、若林時英さんが出演しています!

ヘタレ男子漫画の先駆けとして人気を集めるドラマ“究極ヘタレ男子”の主人公、小谷斗和(ふるや とわ)役を演じる中川大志(なかがわ たいし)さん。

イケメンだけど彼女がいないヘタレ男子を演じています。その仲間の1人を演じるのが久瀬龍生役の若林時英さんです!

4歳からサッカーをしていて、特技もダンスに水泳と運動神経抜群であることが分かりますね!!

ここではそんな久瀬龍生(くぜ りゅうせい)役の若林時英(わかばやし じえい)さんについでまとめてみました。

プロフィール

名前:若林時英(わかばやし じえい)
生年月日:1999年10月25日
身長:168cm
出身地:神奈川県
職業:俳優
事務所:トライストーン・エンタテイメント
血液型:B型
趣味:映画鑑賞、舞台鑑賞

経歴・出演ドラマ

若林時英さんの父親は、Jリーグクラブの広報だそうで幼い頃からサッカー選手の知り合いが多かったそうで、その影響もあり4歳からサッカーを習い始めジュニアスクールに通っていたみたいです。

4歳からやっていたなんて運動神経も抜群ですね!他にもダンスや水泳もするようで体を動かすことが好きなようです!

2011年12歳で子役として芸能界デビュー後すぐに蜷川幸雄さんの舞台『身毒丸』に出演しました。蜷川幸雄さんの舞台に立てるなんてすごいことですよね!!

デビューして舞台を中心に活動されていましたが、映画やドラマの出演も増えてきました。若手の演技俳優として注目を浴びてい証拠ですね!!

ドラマ『代償』では壮絶な過去によって強迫性障害を患っている弁護士・圭輔(小栗旬)とその不幸の根源である達也(高橋努)を中心に繰り広げられるクライムサスペンスドラマ。

若林時英は、サイコパスである達也の少年期を演じています。

そんな達也の危うい雰囲気を見事に表現して視聴者からは「演技がうますぎる!」と声が上がったほどの演じていました。

スポンサーリンク

「スカッとジャパン」にも出演!視聴者からスカッとするエピソードを募集し、ショートドラマで再現するバラエティー番組でショートドラマに出演しました。

“出演した新人俳優はブレイクする!”と言われている「スカッとジャパン」に出演したなんて、期待を寄せられているのかもしれませんね!

スポンサーリンク

久瀬龍生ってどんな役?

ドラマ『覚悟はいいかそこの女子』の主人公、小谷斗和(こたに とわ)は幼いころから女子に囲まれてきたイケメンの“愛され男子”女性からチヤホヤされ、自分はモテると思い込んでいたが、実は付き合った経験ゼロ!

そんな斗和の幼馴染の1人でいじられキャラかつマイナス思考の持ち主を久瀬龍生役の若林時英が演じました。

龍生という役は原作にない役なので、原作にある世界観を壊さずに久瀬龍生という人間がその世界に生きているよう心掛け演じたようです。

なかなか難しい役だったんですね!さすが期待の俳優さんです!

まとめ

ここではドラマ『覚悟はいいかそこの女子』でいじられキャラかつマイナス思考の持ち主、久瀬龍生役の若林時英についてまとめてみました!

子役時代から舞台、ドラマ、映画に出演してきた若林時英さん。とても注目度が高まっています!!

まだお若いのでこれからどんな活躍を見せてくれるのか楽しみにしています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です