きひらかいるは自閉症ピアニスト?経歴や家族について調査!

17歳の感性あふれる異才のピアニスト紀平凱成(きひら かいる)さんを知っていますか?

2019年1月に放送された「ザ!世界仰天ニュース」に出演し、大きな反響を呼びましたよね~(^^♪

今回は、そんな紀平凱成さんについて、

・きひらかいるは自閉症だけど天才ピアニスト?
・世界仰天で耳コピ演奏!
・きひらかいるのプロフィールについて!年齢や身長は?
・きひらかいるの経歴も気になる!自閉症はいつから?
・きひらかいるの家族が気になる
・両親はどんな人?父親と母親もピアニストなの?
・兄弟姉妹はいる?

などについて見ていきたいと思います。
それではどうぞお読みください♪

スポンサーリンク

きひらかいるは自閉症だけど天才ピアニスト?

凱成さんは2歳になっても何も喋らないどころか、両親と目を合わそうとしないなど・・・異変を感じた両親が検診を受け、その後病院へ連れて行くと「自閉症」と診断されたそうです。

このことは、メディアでもHPでも公表しています。

ちなみに、自閉症の発病頻度は1,000人中3人程度と言われていますが、自閉症と健常者との境界は明確ではありません。

自閉症は決して珍しい疾患ではなく、“日本自閉症協会”によると国内の患者数は約36万人と男性に多く、男女比はおよそ4対1と言われています。

自閉症は何かをきっかけに自分の殻に閉じこもる病気ではなく、親の接し方や幼少時の体験にも関係しないものです。原因は定かではありませんが、出生前、胎内での中枢神経系の発育に何らかの問題が生じたことが大きな原因だと考えられています。

現段階でははっきりした病気発症のメカニズムはまだわかっていません。

世界仰天で耳コピ演奏!

2019年1月29日に放送された「ザ!世界仰天ニュース」でイケメン天才ピアニストとして紹介された凱成さん。

この放送を見ていましたが、その日に初めて聞く音楽を完璧に耳で完コピしていました。

本当にできるの?と言われ、『できます!!』とニコニコ答える凱成さんを見て本当に心から音楽を愛しているんだなぁなんて思ってしまいました。

小さな頃から様々な困難と向き合い、その類いまれなセンスで一流のピアニストを目指す凱成さん。彼の今後から目が離せませんね!

きひらかいるのプロフィールについて!年齢や身長は?

■名前:紀平凱成(きひら かいる)
イルカのように自由で人を幸せにできる子に育ってほしいと言う思いから「かいる」と名付けられた。
■年齢:2001年生まれの17歳(高校2年生)
■学校:国立音楽院 高等部
■受賞歴:英国トリニティ・カレッジ・ロンドンの“advanced certificate”合格(高い音楽能力と将来性が認められた数人だけに授与される奨励賞受賞)
全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会審査員賞受賞、日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞
■夢:世界中の人に自分の曲を聴いてもらうこと。

紀平凱成さんはインタグラムがありますので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね♪

ピアノって弾く人によって音の感じ方が変わるんです。HPも開設されていますので、そちらで凱成さんの演奏を絶対聞いてください!!

この演奏は凱成さんにしかできないです。一言で・・・素晴らしいです!

きひらかいるの経歴も気になる!自閉症はいつから?

東京大学・日本財団が進める「異才発掘プロジェクト」第1期ホーム・スカラーの紀平凱成さん。彼は、2歳の頃に【自閉症】と診断されています。

小さな頃から数字、アルファベット、記号、コード(和音)名などに興味を持ち、お絵かき帳に書き始め、次第にロックやジャズ、クラシックなど幅広い音楽に興味を持ち、一度聞いただけの曲をエレクトーンで再現し始めます。

また、英語の歌詞も耳で聞き取り丸ごと覚えることができ、年長になると弾き語りを始めました。凱成さんは『絶対音感』を持っています。

実は私も生活音などが音階で聞こえる絶対音感を持っていますがw凱成さんの様な音楽の才能はありません( ;∀;)

小学1年生の時に、「ピアニストになりたい!」と宣言。

13歳の時には、突出した才能を伸ばす人材養成プロジェクト『異才発掘プロジェクト』のホーム・スカラー第一期生に選ばれました。

その一方で、小学5年生から聴覚過敏となり、食器があたる音や小さい子供の声、電車のアナウンス、自分が弾くピアノのあるフレーズなど特定の音を激しく嫌悪するようになりました・・・。

中学生になると視覚的な過敏も訴えるようになり、15歳くらいから、人の顔や名前を見ることにも抵抗を感じ始めました。イヤーマフが必需品みたいですね。

それでも凱成さんの音楽の才能は枯れることはありません。

夢は「世界中の人に自分の曲を聴いてもらうこと!」と話していて、感動を沢山届けるピアニストになりたいと日々、チャレンジを続けているそうです♪

きひらかいるの家族が気になる

父親:紀平延久さん
母親:紀平由起子さん

兄弟がいるのかはわかりませんでした・・・。凱成さんはもしかしたら1人っ子かもしれませんね(^^)

両親はどんな人?父親と母親もピアニストなの?

一般の方なので、調べてもよくわかりませんでした・・・(;^ω^)

ただ、凱成さんの天才的な音楽センスを開花させるきっかけは、両親が与えたのかもしれませんね♪

お母さんの由紀子さんは息子とのコミュニケーションの一環としてピアノを用意したと言われています。

両親の協力なしにここまでの才能の開花はなかったと言っても良いと思います。

兄弟姉妹はいる?

凱成さんの兄弟についてもわかりませんでした・・・。

メディアやインスタグラムを見ていると、“1人っ子”じゃないのかなぁ?なんて思います。

きひらかいるについてまとめ!

  • 凱成さんは2歳の時に【自閉症】と診断された!
  • イルカのように自由で人を幸せにできる子に育ってほしいと言う思いから「かいる」と名付けられた!!
  • 夢は「世界中の人に自分の曲を聴いてもらうこと!」

というわけで今回は、【きひらかいるは自閉症ピアニスト?経歴や家族について調査!】について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

これからも紀平凱成さんの活躍がとっても楽しみですよね!(^^)!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

どうぞ他の記事もごゆっくりお楽しみ下さい(^^♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA