皆既月食とは何かわかりやすく図解で解説!周期(次回はいつや何年ぶり)を調査

皆既月食が2018年1月31日の夜に見られることが明らかになりました!

今回は、「皆既日食」じゃなくて、「皆既月食」なんですね!

正直私は、この二つの違いがよく分かりませんし、「そもそも皆既月食って何?」って思います!笑

ということで今回は、「皆既月食」とは何かについて、解説していきたいと思います!

要所要所を図解を使用してわかりやすく解説していこうとと思いますので、皆既月食・日食初心者の方や、子供などに喜んでもらえれば幸いです!

それではどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

皆既月食とは何?

皆既月食の前に、まずは月食について解説をしていこうと思います!

月食とは、月全体が太陽から地球の影(本影)に隠れてしまい、月面の一部または全部が暗くなる現象のことを言います。

  • 月の一部が影(本影)に入ること ⇒ 「部分食」

  • 引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html

  • 月全部が影(本影)に入ること ⇒ 「皆既月食」

  • 引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html

隠れてしまった月は全く見えなくなるかと言うと、地球の大気で屈折された太陽光が月にあたり、赤銅色に見えるというわけなんですね~。

月食は、満月の時のみ起こり、東縁からかけ始めて西縁で円になるのですが、これがまた幻想的なんですよね~!

ちゃんとした月食自体だと、だいたい3時間40分、皆既食は1時間40分ほど続くので、彗星や流れ星なんかより、ずっとゆっくり見られますね!笑

皆既月食を図解でわかりやすく解説!

皆既月食について、バァ~と説明しましたが、やっぱり文字だけじゃ想像つかないところもありますよね?笑

ということで、こちらの分かりやすい図解で、見ていきましょう!


引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html


引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html


引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html

やっぱり図解があると、一目瞭然なので分かりやすいですね!

2018年1月31日の皆既月食の時間帯はいつ?ピークや方向を調べてみた!

2018年1月31日の皆既月食の時間帯を調べてみました!

皆既月食の全工程の時間帯は、午後9時51分から午後11時8分になります。

国立天文台によると、月の動き(全工程)は時間帯ごとにこのように変化していきます。

  • 午後8時48分 ⇒ 東南東の空で欠け始める
  • 午後9時51分 ⇒ 南東の空で地球の裏に入る(皆既食)
  • 午後10時29分 ⇒ 皆既食が終わり、徐々にかけた部分が縮小する
  • 午前0時12分 ⇒ 南の空で部分食が終わる

2018年1月31日の皆既月食は、この全工程が空の高い位置で起こるほかに、時間帯も比較的早いため、条件がベストな皆既月食なんですよね!

皆既月食は何年ぶり?周期や次回はいつ見られるの?

皆既月食(部分月食)がどれくらいの周期で見られるのかが気になったので、過去の皆既月食がいつ起こったのか、調べてみました!

皆既月食の周期については、ちょっとややこしい計算方法があるため、省略しますが、だいたいサロス周期で1サロスに相当とする、約18年と言われています。

しかし、18年毎にしか皆既月食が見られないというわけではありません。

2014年から2019年頃までの月食が見られた、あるいは見られる年月日について調べてみました!

  • 2014年4月15日(皆既月食)
  • 2014年10月8日(皆既月食)
  • 2015年4月4日(皆既月食)
  • 2017年8月8日(部分月食)
  • 2018年1月31日(皆既月食)
  • 2018年7月28日(皆既月食)
  • 2019年1月21日(部分月食)
  • 2019年7月17日(部分月食)

これを見ると、「意外に皆既月食って結構見られるんだ!」って思った方もいらっしゃると思うのですが、全て同じ条件で月食が見られるとは限りません!

前回、日本国内で皆既月食が見られたのは、2015年4月4日でしたが、皆既食の継続時間が12分間と短い時間しか観測できませんでした。

また、次回の皆既月食が見られるだろう2018年7月28日は、見ることができる地域が東北以西に限られたり、皆既食のまま月が沈むなど、あまり条件はよくないことが分かっています。

ちなみに、2018年1月31日の皆既月食と同じ条件で見られる、次回の生月日は、2022年11月8日であるため、オリンピック並みの期間が空くので、今回の皆既月食は是が非でも見たいですよね!

皆既月食についてのまとめ

皆既月食についてのまとめは以下の通りになります。

  • 皆既月食とは、月全体が太陽から地球の影に全部隠れること。
  • 2018年1月31日の皆既月食は、最高の条件で観察できる。
  • 月食の周期は毎年だが、次回の良い条件の皆既月食は4年後。

いかがだったでしょうか?

厳密にいえば、多少違ったりするかもしれませんが、この記事を読んでいただいた皆さんが、皆既月食についての理解が深まれば幸いです!

ご指摘、感想などがあればぜひ、下記のコメント欄よりご連絡下さい!

こちらの関連記事もどうぞ!↓↓

▶驚愕!?ブルームーンがスピリチュアルと言われる理由とは?約150年ぶりのスーパーブルーブラッドムーンってマジ!?

▶なぜ青くないのに、ブルームーンって言うの?理由や由来を調べてみた!

▶皆既月食をスマホで上手く撮影する方法!おすすめアプリもご紹介!

最後までお読み頂きましたありがとうございました!m(_ _)m

どうぞ他の記事もごゆっくりとお読みくださいませ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です