かぐや様は告らせたいネタバレ137話(最新話)!考察や感想も!【私達の仮面(白銀編①)】

かぐや様は告らせたいの最新話137話は2019年5月9日の週刊ヤングジャンプ2019年No.23号に連載されております!

ここでは、かぐや様は告らせたいの最新話である137話「私達の仮面(白銀編①)」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもかぐや様は告らせたい 137話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい137話までのあらすじ

気張ることが出来ずに倒れてしまい、病院に運ばれた白銀

そのそばで、看病をしながら、自分自身について考えを巡らせるかぐや

かぐやの脳内では3人のかぐやがそれぞれの言い分を話し合っているが

結局最後はどのかぐやの願いは同じで、会長とのキッスを願っていたのだった。

かぐやの中での整理がついたかに思えた瞬間に白銀が目を覚ます。

ところがそこにやってきたのはかぐやに「恋の病」と診断を行ったあの医師だった!

かぐや様は告らせたい137話「私達の仮面(白銀編①)」のネタバレ

医師の診察を受ける白銀とそれを待つかぐや

医師の診察を行うために部屋の外で待つかぐやと早坂

かぐや「会長・・・・もし大きな病気とかだったらどうしよう」

   「私が無理させすぎて・・・・ストレスで胃とか腸とか・・・だとしたら私・・・」

かぐやの頭を撫でる早坂

早坂「今は無事を祈るしかないですよ」

白銀を診察する医師の口から発せられたのは、いつぞやのかぐやと同じ診断結果だった

医師「えー・・・・これはあれだね予想通りだね」

  「恋の病だね」

白銀「・・・・?そういう名前の病気があるんですか?」

医師「何て言うかだね」
  
これまでの白銀の行動を振り返りながら医師が続ける

医師「恋煩いによる睡眠不足・・・・キスを迫られて失神・・・」

  「これらを一言で表すならそうだね」
  
  「やっぱり恋の病だね」

白銀「えっ死にたい」

医師「胸キュンだね」

看護師「先生最近はエモいって言うんですよ」

白銀「死にたい・・・」

医師「大丈夫私はこの症例初めてじゃないから、慣れたものだよ」

白銀「そうなんですか?」

  「よかった・・・・こんなやつが他にもいるんですね」

医師「うん結構身近に

  「まあ今回は点滴打ったら家に帰っても大丈夫だろう」

医師の言葉に安堵する白銀

医師「とはいえ・・・・やはり倒れるのはよくないね、もっと気楽にやったらどうかな?」

医師の言葉に言葉を詰まらせる白銀

医師「君たちはまだ17歳とかだろう」

  「私が君くらいの時にはそれはもう軽い気持ちで女の子と遊びまくったものだよ」

看護師「それで17の時に子供できたんですよね

医師「何でバラすかな」

  「そしたら私の息子も17でできちゃった婚して・・・怒るに怒れなかったよ」
  
  「それはもう血だね」」

  「孫も今年で17でね、戦々恐々としているよ」

白銀「何の話ですかこれ」

医師「ともかく君は少し気負いすぎなんじゃないかな」

  「これは心の問題だ、精神的な負担が消えなければ、また君は倒れるかもしれない」

  「何か辛いことがあるなら私たちに吐き出してくれて構わないよ」

白銀「辛いことなんてないですよ」

医師「人に話すだけで心が軽くなるもんだよ?」

白銀「だからないですって」

白銀の心に溜めて込んでいたもの

時計の針が時を黙々と進める中

突然白銀が頭を抱え、言葉を吐き出し始める

白銀「頑張らない俺に価値なんてない、だからいつも必死に・・・・っ」

  「でもっ・・・・こんなこと誰にも相談できなくて・・・っ」

医師「めちゃくちゃ溜め込んでたねぇ・・・・」

白銀「俺・・・母の希望で幼稚園受験したんです」
 
  「だけど全然ダメで・・・小学校受験も失敗して・・・」

  「母さんはずっと、頭のいい子供が欲しかったんです」

  「受験に失敗してから母の興味が俺から離れていくのが肌でわかった・・・」

看護師「つらかったんですね・・・・」

医師「ごめんね嫌なことを思い出させたね」

白銀「母が家から出て行った時も受験に成功した妹だけ連れて・・・・」

白銀の言葉を遮るように医師が言葉を発する

医師「OK、ごめん」

それでも言葉を続ける白銀

白銀「俺・・・・っ、いつか母さんが迎えに来てくれると信じて勉強だけは頑張って・・・・」

医師「大体わかった、その辺でいいよ・・・・!」

  「想像以上に重いのが来て焦るよ」

看護師「事情は人それぞれですから・・・・・」

医師「でもみんながみんな君に賢さを求めてるわけじゃない・・・・お母さんのことは同情するけれど・・・」

白銀「素の自分は受け入れてもらえないのはどこも同じです」

白銀とかぐやの本当の出会い

白銀「四宮は俺と出会ったのはだと言うんです」

  「俺は入学してからすぐの頃から何度か話しかけてるんですけどね」

〜入学してすぐの白銀の回想〜

白銀「四宮さんそれ一人じゃ大変でしょう半分持つよ」

白銀の言葉にそっぽを向くかぐや

生徒会室でかぐやの反応に落ち込む白銀

前生徒会長「おや、白銀庶務、暗い顔してどうしたんだい?」

前生徒会長が白銀の様子を伺っていたところに当時の会計龍珠が解説を入れる

龍珠「会長聞いてよ、四宮のお嬢様に無視された!って・・・・」

  「その程度のことで凹んでるんだぜこいつ」

白銀「その程度って・・・」

小さな声で反論する白銀

前生徒会長「龍珠会計は怖いもの知らずだからねぇ・・・」

     「上級生の僕に敬語を一切使わないその姿勢はもはや敬服に値するけれど」

皮肉の混じった前生徒会長の発言に斜め上の回答をする龍珠

龍珠「ふんっ何事も舐められたら終わりだからな」

  「男と女だってそうだろう、お前はなめられてるから無視されんだ」

  「お前はこの生徒会の一員で頭もいいし顔も悪くない、なのにそんな卑屈な態度とってるからこうなる・・・」

  「俺は『女に好かれて当然の男』だって態度しときゃ、誰もお前に舐めた態度取れなくなる」

  「虚勢の一つも張れねえで女にモテるかよ」

前生徒会長「まあ一つは真実ではあるね」

白銀「虚勢・・・・か」

虚勢を張りかぐやへと挑む白銀

廊下でかぐやに宣戦布告をする白銀

白銀「四宮次の試験俺と勝負しろ」

  「万が一にでも俺が負けたら、なんでも一つ言うことを聞いてやる」

かぐや「なんですか突然そんな事しませんよ」

白銀「負けるのが怖いのか」

覚悟を持った目でかぐやに詰め寄る白銀

気迫のある白銀の言葉に言葉をなくすかぐや

かぐや「不調方者ね・・・・名を名乗りなさい」

その日からかぐやは白銀をを個体認識するようになった

試験の結果は白銀が一位、かぐやが二位という結果になった

この結果からかぐやだけじゃない学校全体が白銀を認識するようになった

生徒会の次期生徒会長 白銀御行として

虚勢という仮面を被った白銀

〜病室で医師と話している場面に戻る〜

医師「随分・・・・大きな社会的仮面をかぶったようだね」

  「この先も被り続けるのかい?」

医師の言葉に諭される様に言葉を続ける白銀

白銀「文化祭でたくさんの風船を飛ばしたんです、準備はすごく大変でかなり頑張った」

  「その甲斐あって四宮はすごく喜んでくれた、四宮がキスしたのは頑張る方の俺ですよ」

  「いつでも全力な虚勢を張ってる俺・・・」

  「きっと俺は四宮の運命の相手じゃない」

  「ありのままの自分を好きになってもらえるなんて奇跡はきっとない」

  「好きな人に好きになってもらうには自分とは違う自分を作り上げなきゃいけない」

  「誰だってそうでしょう、好きな人の気を引くためにおしゃれしたり性格を演じたり」

  「あの四宮に並び立つためには、一度や二度倒れるくらいのことしなきゃいけないんです」

医師「・・・・・なるほど、男の子だねだったらその女性が真実なるまで突き通してみればいいと思・・・」

看護師「でも彼女泣いてたわよ」

白銀「えっ四宮が?」

看護師「彼女も責任を感じてるんじゃないかしら、真っ青な顔して君を看病してたわ」

   「彼女が聡いのは君が一番知ってるはず、いつも君が無理してることを気に病んで・・・」

勢いのある看護師の話を遮るように咳払いをする医師

医師「さっきの話の続きなんだけどね・・・」

またそれを遮るように看護師が話を続ける

看護師「私は男子の弱さをさらけ出す瞬間って結構そそるわ」

   「結局ギャップギャップ、普段頑張ってる子がふと見せたか弱い面にグッとくるの」

部下がグイグイ来ていい話ができず機嫌を損ねる医師

白銀「だとしても・・・・やっぱり」

  「自分を晒すのは怖いです」

ドアの向こうでは

おもむろにドアを開く医師はその瞬間何かに気づく

そこには聴診器をつけて中の様子をうかがうかぐや早坂の姿が

医師「君たち聞いてい・・・、うわなにそれ誰の聴診器?

早坂「仮面はそう簡単に外せません・・・・臆病なのはお互い様ですね」

  「どうするんですか、かぐや様」

かぐや「私は会長の頑張る姿が好き、だけどそれが全てじゃない、会長に伝えなきゃ」

   「普段頑張ってる人がふと見せるか弱い面にグッとくる・・・」

   「それぐらい私にも分かるのよって」

かぐや様は告らせたい137話までを無料で読む

ということで、かぐや様は告らせたい137話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、かぐや様は告らせたい137話を含めた週刊ヤングジャンプ2019年No.23号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

かぐや様は告らせたい137話の感想・考察

前回は、かぐや様の心理描写が描かれていて、素直になれない自分と葛藤している姿がみられました。

そして今回は、白銀の心理描写が描かれていて、前回とのうまい対比になっていてすごく面白かったです!

二人共自分に素直になれずにいて、もやもやしていましたが、ようやくここでお互いの気持ちを再確認することができ、

やっぱり医師の言う通り二人共恋の病にかかっていることが明白になってしまいました(*˘︶˘*)

白銀の弱さを知ることが出来たかぐや様が今後どんなアプローチをしていくのか

次号が更に楽しみになりました!

かぐや様は告らせたい137話についてのまとめ!

かぐや様は告らせたい137話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、かぐや様は告らせたい137話を含めた週刊ヤングジャンプ2019年No.23号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA