この漫画は全巻買うとおいくら?

輝夜伝ネタバレ39話/8巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

輝夜伝の最新話39話は2020年6月28日の月刊flowers2021年8月号に連載されております!

ここでは、輝夜伝の最新話である39話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

最新刊の情報も確認してみてね~

過去のネタバレはこっちだよっ

→輝夜伝ネタバレ38話/8巻!感想&あらすじもチェック!

→輝夜伝ネタバレ37話/8巻!感想&あらすじもチェック!

スポンサーリンク

輝夜伝39話のネタバレ

天女の力を

満月の夜にかぐやの力を借りて冷然院で竹速の手がかりを探す月詠ーーー…かぐやの力で高い建物の上に降りる。

月詠はここまで高いところに登ったのは初めてだというと、かぐやがお前は飛べないのか…と聞いてきたので”はねる”くらいならと答える。

月詠はまだ己の力を知らないとかぐやは言う……今宵はかぐやが少し力の使い方を教えてくれるという。

かぐやに竹速はどこだ?見えないか?聞こえないか?と言われて月詠は目を瞑り集中する。

すると竹速の息が聞こえるーー…竹速の腕に数珠がないので周りが真っ暗でどこかはわからない。

なのでかぐやの助言で息の方へ気を凝らしてみる……すると巽(東南)の方角からそれを感じられるのだったーーー…。

大神の館ーーー…寝ている竹速は月詠からの呼びかけに反応して起き上がる。

竹速からの応答がありどこにいるのかと尋ねると、竹速は暗くて何も見えずわからないと答える。

かぐやは月詠が交信に成功したのに気づき、一緒に飛んでいこうという。

居場所は月詠の耳と月の光がさす所ーーー…かぐやと空高くのぼってゆくとある邸の一部が光っていることに気づく。

そこに入ってみると竹速がいた。

久しぶりの再会……なのだが、竹速は左目だけじゃなく右目を見えておらず月詠が来た雰囲気は察したがどこにいるかまではわからない様子だったーーー…。

再会

それでも生きてくれててよかった……月詠は嬉しくなり竹速を抱きしめる。

しかし竹速は力が入らないようで月詠の腕を受けてその場に寝そべってしまう。

目が見えず動けない竹速……いかに頑強でもいくたびも蘇るのは酷とみえるとかぐやは感じる。

月詠はかぐやなら治せるよねと懇願するのでかぐやは治療を試みるーー…しかし楽になっただけで目が見えるほどには回復しなかった。

そんな時賊が来たのかと思った大神がやってくる。

大神の館だと知ったかぐやは、大神が竹速を匿っていた!何で黙っていた、治天の命だろうと問い詰める。

大神はこれに自分の勝手でしたことだと反論すると、では再び竹速を殺すためだな…おまえは一度竹速を殺した男だと意地悪するかぐや。

月詠はというと膝をつき大神にお礼をする。

大神が竹速の命を救ってくれた、やはり大神は友情に厚い本物の男……この前大神が冷然院に来た時打ち上げなかったのは敵地だから用心してのことだったのだなと月詠はいう。

そう言うつもりまではなかった大神は心が痛みながらもそうだと頷く……すると月詠が抱きつき「大好きだ」のいうのだ。

大神は複雑な気持ちでありつつも嬉しくて涙を目に溜める。

かぐやは罪作りな天女だとかぐやを眺めていたが、大きな雲が出てきたのに気づき二人一緒に帰れなくなるのはまずいから上様が気付く前に淑景舎に帰りたいという。

竹速は御所内で大暴れした罪人なので御所で匿うわけにはいかない。

恋敵として憎んでいるはずの大神が竹速を隠しているとはさすがの治天でも気付かないはずだ…と、かぐやはここで竹速を安静にするのが1番いいだろう。

ということでかぐやは大神に任せてしんぜよう…と有無も言わぜず押し付けた。

されど離れたくない月詠……そんな時竹速が自分は大事ないし、離れていても月光の下では心通じさせることができる。

それよりもおまえのほうこそ案ぜられてならぬという竹速に、月詠は竹速の気遣いに心ときめかせそっと竹速を抱きしめる。

確かにこのまま帰らないと騒ぎになる……冷然院で大人しい振りをしてここにまた会いにくるという。

大神に竹速のことをお願いし、月詠とかぐやは消えて行った。

残された大神は竹速に本当に見えないのか…と尋ねる。

すると暗い真の闇…闇夜で館が古いせいもあろうが朝になればよくだろうと話す竹速ーー…そんな竹速に大神は刀で攻撃する……のを竹速は間一髪のところでとめた。

大神は竹速を何回も殺ろうとした…今だってすぐに殺せるというと、竹速は一度はおまえに殺されている身だ…いつでも命なぞくれてやるといい「さあ殺せ」と両腕をあげた。

色んな想いが交錯する大神は結局竹速を殺せず部屋を後にして涙を流すのだったーーー…。

封印

冷然院ーー…治天の天女が逃げたと大騒ぎしていた。

脱走したのが知られてどうしようかと考えるかぐやに、月詠はかぐやは帝のもとへ…自分は戻ってきたのだから治天も文句はないだろうという。

月もますます曇っていたから早く!ここは大事ない!とかぐやを帰らす月詠ーー…地上に降り立つかぐやに気づいた兵たちは有無を言わず月詠を捕らえるのだった。

治天はものすごい形相で月詠のもとへやってきた。

満月の夜は気をつけなければならなかった…油断した、まさか月詠が天駆けて逃げ去ると思わなかったと治天は愚痴を漏らす。

今まで客人として月詠を遇してきたが囚われの天女として扱わねばいけないと治天は月詠に冷たくする。

危険を感じた月詠は冷然院から出ていこうと力を使って兵たちを近づかせないようにするーーー…のだが、そんな月詠に治天は何と近づいてきた。

天女は満月の夜は猛々しいが日が昇り月が細くなれば大人しくなるから大丈夫だと部下に話した治天は、月詠の服を剥ぎ腕と首に何かの道具をつける。

そしてちはや(神事の際などに羽織る衣装)を用意させて月詠に着せる。

月詠はつけられたものを外そうとすると外れないし、着せられたちはやは重かった。

つけられたのは竹珠だという。

竹珠は青竹を切り管玉にして糸を通す…月の力を竹で祓うのだという。

古の天女が月に帰らねばならぬと言った時治天は臣下に命じ、天女の力を封じ込める方法を探らせこれは効き目があったという。

おまえは冷然院の虜ぞ………力を封印された月詠は牢に閉じ込められるのだったーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

輝夜伝39話の感想・考察

輝夜伝の最新話はいかがでしたでしょうか( ´∀`)

大神の気持ちを思うとくぅ〜〜〜〜ともどかしくなりますね。
涙を流すほど月詠のことが好きなんですよね…。

月詠のことを思うと竹速なんて殺せないでしょう…。
殺したいのに殺せない……そしてあんなに月詠にお願いされちゃあ尚更ですね。

かぐやと月詠は別れますが、月詠大事ないことは全くなかったですね(TT)
囚われの身になってしまいました…。

ここから助けてくれるのはかぐやなのか、それとも大神か…?!
治天は相当天女にお熱なご様子。

みるからに怖かったです。

来月も掲載予定ですので楽しみにお待ちください(^。^)♪

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

月刊flowersの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

月刊flowersの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→月刊flowersネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、輝夜伝39話を含めた月刊flowers2021年8月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最新刊の情報も確認してみてね~

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください