輝夜伝ネタバレ20話/4巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

Amazonで毎回10%以上安く買える 秘密の方法はこちら

輝夜伝の最新話20話は2019年11月28日の月刊flowers 2020年1月号に連載されております!

ここでは、輝夜伝の最新話である20話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→輝夜伝ネタバレ19話/4巻!感想&あらすじもチェック!

→輝夜伝ネタバレ18話/4巻!感想&あらすじもチェック!

スポンサーリンク

輝夜伝20話のネタバレ

かぐやは何処へ

上皇・治天の君はご立腹だったーーーー…かぐや姫がまだ見つからないからだ。

梟はかぐやは竹取の翁の館には現れていないが、内裏で竹取の嫗を見たという者がいたので、共に内裏に逃げたと思われることを報告する、

内裏というのは宮中ーー…治天は帝がかぐやに甘いことから、ありえると梟の話に納得し、2人に宮中に行き、懸守を取り戻すよう指示するのだった。

梟は指示をうけ館を出て行くーー…そんな時、治天に火麻呂は『梟を信頼しすぎてはあぶない』旨を伝える。

梟は竹取の翁の館へは姿を見せていない、と翁を見張る北面が火麻呂に注進してきたからーー…それを治天が信じるのだろうかーーーー…。

準備

一方月詠は、かぐやが着ていた服を着せられていくーー…あまりの重さに月詠はびっくりするのだった。

着飾る月詠に、かぐやは代わりの滝口の武者に自分の美しさは無用…それにどうせ帝は偽物だと知っている…とぼやく。

しかしかぐやの入れ替わりを知る人は、かぐやの周辺のみ…だから月詠をちゃんと『姫』に仕上げる必要がある…と嫗は話す。

どんどんと仕上がっていく月詠だったが、一つだけ問題があった…それは髪だ。

髪は女子の命…どうしようか…と周りのものが悩んでいると…

「姫ならおできになりましょう 太郎丸を生き返らせた力」

月詠がかぐやの手をとり、お願いする。

造作もない…と言って、かぐやは月詠の髪を握り力をこめるーー…すると瞬く間に月詠の髪は伸びるのだった。

それを見た周りの者は『物の怪』と恐れをいだき、嫗は必死で止めようとするーー…しかしかぐやはそんなこと気にする様子はないのだった。

抜擢

凄王と大神は局から溢れかえる美しい髪をみ、中へとはいるーーー…するとそこには神が長くなり、綺麗に取り繕った月詠がいた。

「ーーこれが月詠とは…驚きじゃ」

凄王は男にしておくのが惜しいと話し、大神は短い髪もいいが長いのもかわいい…と惚れ惚れとしていた。

そんな時上様がやってくるーーー…

「凄王のお父上は朕の従兄弟・高岡親王 凄王はその六番目の男子 朕の従甥にあたる」

上様の言葉に驚く一同ーー…凄王がそんな身分の高い身の上だったのか、という驚きだ。

このたびのお役目に際し、上様より許されて凄王と大神は官位復帰するーーー…凄王は五位の中将、大神は六位の蔵人というポジションだ。

上様は月詠に、身代わりなどと無体なことといぶかしくも思っていたが、かぐや姫と遜色なき美しさ…と声をかける。

どこか寂しそうな様子を見せるかぐやに太郎丸…それに気づいた月詠は、庭なぞ散策されては…と言って、太郎丸を連れて上様・かぐや・そして凄王と大神は散策にでる。

4人の散策にわらわら…と宮中の者たちが興味を示す。

周りにいた者は凄王の存在に気づき驚くーーー…彼は帝の皇女である斎王様と噂になり、官位を剥奪されたからだ。

さらに大神は血の十五夜で失脚した蔵人の息子ーーー…出世から外れた2人がなにゆえ突然上様に仕えているのか…

「かぐや姫への恋ゆえ 淑景者の守りに抜擢されたそうな」「主上は入りびたりのような」

周りの人らは凄王たちに注目するのだったーーー…。

満ち欠けの時間

夜になるーーー…今宵は満月だ。

淑景舎にくる途中で花を手折ったので、酒の友にしよう…と凄王は酒を飲む。

お役目の最中だ…と大神は注意するも、凄王は煌々と光さす満月の夜には、治天の手の者どもも襲いには来ないだろう…と、考えていた。

そんなことを話していると、中にいるかぐやから「騒々しい」と注意される。

月詠は満月ということもあり、少し考えにふけるーーー…

「なにゆえ…月は満ちたり欠けたりと、永遠にくり返すのであろうか?」

月詠の問いに、かぐやは『生まれて死ぬをくり返すのであろう』と返す。

この地ではひと月でも、かの地では違うかもしれないーーー…かの地では、人は直ぐに寿命を迎えるかもしれない…それはかぐや達があっという間に大人になるかのように…。

そんな話を外で聞いた大神は哀しい話に涙し、酒をもらうことにするのだったーーー…。

満月の夜

夜も深まる頃、淑景舎の上ーーー…そこには梟と火麻呂がいた。

梟は忍び込むには明るすぎる…というも、火麻呂はまたとない好機とみ突撃を促す。

梟は忍びの仕事なぞしたこともない火麻呂が、この場にいることが不思議だったが『お目付役』という言葉を聞き、彼が余計な口出しをしたことに気づくのだった。

酒を飲んだことのあり、凄王たちは気持ちよさそうに眠っているーーー…梟たちは、それを起こさぬよう中に侵入するのだった。

梟は中にはいり、かぐや姫を見つけ2人は目が合う。

梟は何をすることもなくかぐやに背を向けるーーー…かぐやはかぐたで凄王たちの元へ瞬間移動し、梟が来たことを告げるのだった。

火麻呂は月詠のもとへいき、懸守を探すがどこにも見当たらず、あとは身につけているとしか…いって服を脱がそうとするーーー…

「無礼者!姫をはなせっ」

その時、かぐやに起こされた凄王が中にはいり火麻呂を攻撃し、2人は戦闘に入ろうとする。

その拍子に月詠に月の光が当たってしまうーーーー…、

「…ひ」と火麻呂は、浮いて光っている月詠を見て、化物だと言ってその場を去る。

かぐやは月をみせなければいい…と言って、凄王に降ろすよう頼む。

凄王は月詠を降ろす時、服がはだけていて中を見てしまうーーー…

「月詠 おまえ女…だったのか」

凄王に月詠の秘密が露見してしまうのであったーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

輝夜伝20話の感想・考察

輝夜伝の最新話いかがでしたでしょうか( ´∀`)

かぐや姫に月詠がなりきるよ作戦実行の回でしたね!

やはりこの姿の月詠お美しい…
かぐや姫とはまた別のかわいさですよね( ◠‿◠ )

そして満月の夜…って見た時かた嫌な予感しましたね!
月詠になんかあるのでは…と思ったら、バレる相手はそりゃ…凄王ですよね。

こんな時にすやすや寝ちゃう大神よ!!!
だからお前は当て馬感があるんだ!!!っと突っ込んでしまいました…ごめんね。

プレイボーイな凄王に女とばれてしまった月詠…
これからどんな関係が待ち受けているのか楽しみですよね(*゚▽゚*)♡

そりゃあ…ちょっと、凄王はかっこいいですからね…
軽いとこがたまに傷ですが…

月詠と何かあるのを見たい…ですね…٩( ‘ω’ )و

しかしその前にこの事態をどう乗り切るか…!?
また来月掲載されるそうなので、楽しみに待ちましょう♪

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

月刊flowersの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

月刊flowersの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→月刊flowersネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、輝夜伝20話を含めた月刊flowers 2020年1月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA