【2018年5月10日(5/10)】木星が見える方角は?ピークは何時何分?

2018年5月10日に1世紀ぶりに木星が急接近し、肉眼で見える位置までくるということが分かりました!

木星と言われてもパッとイメージがつきませんが、1世紀ぶりとなると、おそらく生涯で1度しか見られないので、ぜひ見てみたくなりますよね~^^

ただ、いつ、どこに現れるの?という疑問が生まれるのではないでしょうか??(;^ω^)

ということで今回は、木星が見られる方角や時間について見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

木星が肉眼で見える?【2018年5月10日(5/10)】

木星だけではなく、土星や火星の3惑星が連続的に最接近し、同じ方角に見えるのは1922年ぶりとのことなので、おそらく次に見られるのは22世紀ですよね笑

ちなみに、各星の色は、
木星 ⇒ 薄茶
土星 ⇒ 黄
火星 ⇒ 赤
と違いがあるので、見分けがつきやすいですよね~!

ちなみに、惑星は太陽の周りを固有の周期で公転しており、地球との位置や距離が刻々と変わるのはご存知だと思いますが、

地球の外側を回る惑星は、地球から見て太陽とほぼ正反対の方角にあるときに最接近となるようです^^

木星が見える方角や時間をチェック!


引用元:産経新聞

方角はどこ?

国立天文台の資料によると、南西から南東の空にかけて見られるそうですが、月とともに並ぶので、ぜひ一緒に観察したいですね!

また、明るさがマイナス2.5級ということで、最も明るいので、すぐに見つけることができそうです。

ピークはいつからいつまで?

午前2時頃に肉眼でも見えるとのことです。

5月8日現在から夏頃にかけてずっと見られるそうなので、気が向いたらちょくちょく見て、大きさや明るさのほか、他の星と
一緒に見えているのかチェックしたいですね☆彡

スポンサーリンク

まとめ

1世紀ぶりの星の競演ということで、1時間とかではなく、数ヶ月という長い期間に見られるのがありがたいですね!

また、月や火星、土星とともに見える天体ショーを肉眼で観察したいと思いました!^^

各地域の穴場スポットは要チェック!↓↓

コチラの関連記事もどうぞ!↓↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です