石塚利恵(NHKチーフプロデューサー)も共犯?口止め料はあった?

週刊新潮にて山口達也さんの過去の行いについて、暴露されました!

ざっくり言うと、15年前から未成年に対するわいせつ行為が行われていたということなんですよね(;^ω^)

しかも、内容がか・な・り具体的でヤバい!!

また、Rの法則の番組自体が山口達也さんの未成年わいせつの温床だったとのことで、番組のチーフプロデューサーである石塚利恵さんの証言がイマイチ腑に落ちないんですよね~。

ということで、今回はNHK「Rの法則」のチーフプロデューサーである石塚利恵さんについて見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

石塚利恵が共犯の可能性?

山口達也さんのわいせつ行為の温床となったのは、NHKの番組「Rの法則」なのはもう皆さんご存知だと思いますが、その控室などの裏側で山口達也さんとの連絡先を交換していたということが最近明らかになりました。

そのことについて、「Rの法則」のチーフプロデューサーである石塚利恵さんが取材されるわけなんですが、ちょっとね・・・(;^ω^)

Rの法則のチーフプロデューサーである石塚利恵さんを直撃すると、

番組スタッフに言われて、山口さんと連絡先を交換したということについては、

「そこは私も把握できていないので、回答しかねます。(二人が繋がった)原因も含めて確認しているところです」

と明らかに避けており、責任を負わない感じがします。

山口達也さんのわいせつ事件については、

「男女の楽屋も分けていたし、出演者同士の連絡先交換も一切禁止していた。ちゃんとやっていたつもりでした」

とのことで、自分に一切、非がないという感じですよね~。

また、山口さんについては、

「本当にビックリなんです! 本当にバランス感覚のある、いい兄貴分という感じで。ハハ、お酒は本当に怖いなという。そこに尽きるので」

とコメントしており、ゼッタイ知ってましたよね?笑

「ちゃんとやっていたつもりでした」とか「ハハ」とか笑う感じが、情けないにもほどがありますね…。

これはあくまでも個人的な推測なんですが、石塚利恵チーフプロデューサーもわいせつ行為について知っていて、協力していたのではないか、と思うんですよね。

実際、チーフプロデューサーも何も知らなかったって正直信じられません。

聞くところによると、他の芸能事務所からも、合コン番組などというように言われていたので、石塚利恵チーフプロデューサーが知らないハズがありませんよね??

そのため、山口達也さんから共謀して、口止め料みたいなものが支払われて、自由に連絡先を交換できるようにしていた、もしくはお咎めなしで知らんぷりしていた、とは考えられないでしょうか?

現時点では何とも言えませんが、山口達也さんだけではなく、番組の出演者の管理が不十分だった、石塚利恵チーフプロデューサーにも責任はあると思います。

芸能界には、今後を担う若い世代がたくさんいるので、このようなことを根絶していってクリアな業界にしていってほしいと思いました。

コチラの関連記事もチェック!↓↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です