iPhoneアップデートでバッテリー減り早い?ピーク性能と交換について

12月21日に、iPhoneのピーク性能を意図的に落としていると、Apple会社が正式に認め、早ければ約1年後にはピーク性能を制限される端末が出始めるということが明らかになりました!

これを聞いて、素人からすると次の機種を購入させるために、わざと性能を下げさせているという風に思ってしがいがちなのですが、これはバッテリーの寿命を劣化させないためにしている、ということなんですよね~。

確かにこれだけを聞くと、なるほどと思いがちなのですが、中には「そんなんバッテリーを交換すればよいのでは?」や「断然サクサク動く方がよい!」などという意見もありそうですよね?

ということで今回は、iPhoneアップデートについて

  • バッテリーの減り早いのはどのバージョン?
  • ピーク性能低下はいつから?
  • バッテリーは交換可能?目安時期はいつ?

などを中心に見ていこうと思います!

それではどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneアップデートでバッテリー減り早いのはどのバージョン?消費を抑え、長持ちさせる改善方法はある?

iPhoneユーザであれば、アップデートをしたら不具合が多くなったなどの経験はあるのではないかと思いますが、よく聞くのは、iPhoneの「iOS 11にしたらバッテリーの減りが早くなった」という意見です。

アップデートをしてどこかしらの性能が改善されているのかもしれませんが、正直バッテリー消費など長持ちするかどうかってかなり重要だと思うんですよね~!

そのため、もしかしたらダウングレードしている方もいるのかもしれませんね。しかし!ダウングレードをする前に試してもらいたい改善方法がいろいろありますので、それを今回ご紹介したいと思います!

  1. 「Appのバックグラウンド更新」で自動でのデータ更新を制限する
  2. 「位置情報サービス」で位置情報の常時利用を制限する
  3. 「明るさの調整」をオフにする
  4. 「手前に傾けてスリープ解除」をオフにする
  5. 「自動ダウンロード」をオフにする
  6. [AirDrop]を[受信しない]にする
  7. 「Hey Siri」をオフにする
  8. 消費電力モードにする

こちらの設定を知らない方はぜひされることをオススメします!確かに、ダウングレードした方がよいという意見もあるかもしれませんが、こちらの方法も簡単なので試してみてはいかがでしょうか?

また、1年以上iPhoneを使用していた場合、バッテリーがそもそも劣化している可能性があるため、「Battery Life」というアプリより確認をしてみてもよいかもしれませんね!

iPhoneアップデートによるピーク性能低下はいつから?

気になるのは、iPhoneが意図的にピーク性能が落とされるということですが、こちらは早ければ「1年後」に性能が落ち始めるということです。

1年後っていうのも正直、「ちょっと早くない?」と思ったかたもいると思いますし、ユーザの使用頻度によっても大きく変わってくるのは間違いないと思うんですよね~。

ただ、元々劣化したバッテリー時に、予期せぬシャットダウンを起こすのを回避したり、バッテリー寿命を延ばしたりする目的であり、結果的にメリットでもあるため、正直そこまで強く文句は言えないですね笑

ただ、これまで度重なる不具合のような経験がある方は、「それはありがたいんだけど、事前に言ってよ・・・。」と思ったかもしれませんね!

iPhoneのバッテリーは交換可能?目安時期はいつ?

次に、iPhoneのバッテリーが交換できるかどうかが気になりましたが、バッテリーが簡単に交換できるのであれば、そこまでピーク性能の低下の是非にこだわらなくてもよくなりますよね?

調べてみたところ、すでに知っているかもおられるかもしれませんが、iPhoneのバッテリーは簡単に交換できない構造になっています。

バッテリーを交換するには、8,800円もかかり、iPhoneを一度Appleに送らなければならないという手間がかかり、その日にすぐに使えるというわけではないので、ぶっちゃけめんどくさいです!笑

そのため、バッテリー交換の目安時期を考えたときには、1年後くらいがベストなのかもしれませんが、めんどくさいと思う方には、ピーク性能低下の方がよいのかもしれませんね!

iPhoneアップデートについてのまとめ

ということで今回は、iPhoneアップデートについてバッテリーの「減り早い」や「交換」、そして「ピーク性能との関係」などについて調べてみましたが、正直ユーザによって意見が分かれそうな感じがします。

というのも、iPhoneを長く使用する場合には、確かに性能を重視するのか、もしくは寿命を長持ちさせるのか意見が分かれそうですし、また毎年購入するという方には、あまり関係もなさそうな気がします。

今後のアップデートは、これだけ大々的になっているため、第3社の意見も取り入れられるかもしれませんね!

最後までお読み頂きましたありがとうございました!m(_ _)m

どうぞ他の記事もごゆっくりとお読みくださいませ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です