ふつうな僕らのネタバレ8話/2巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

Amazonで毎回10%以上安く買える 秘密の方法はこちら

ふつうな僕らの最新話8話は2019年11月13日の別冊マーガレット2019年12月号に連載されております!

ここでは、ふつうな僕らの最新話である8話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ふつうな僕ら8話のネタバレ

合宿の始まり

スイーツの写真を見て盛り上がるリカ!

食べ物ばっかり見ていることを指摘されたリカは、”旅行と言ったら食!”と。

椿「一応合宿だよ」

夏休みに入り、2泊3日の金沢合宿。

椿には合宿中に先輩としたいことを10個考えていました。

1,先輩と茶屋街に行く
2,おそろいの物が欲しい
3,一緒に写真を撮る
4,先輩単体のベストショットを撮る
5,金箔アイスを一緒に食べる
6,夜ぬけだす
7,オシャレなカフェでまったりする
8,いっぱい話す(夏休みの予定を聞く)
9,もっと仲良くなる
10,先輩の誕生日を祝う

この中で10個目の先輩の誕生日を祝うことは特別…

そんな椿に、リカちゃんから自由行動はどうするのか聞かれました。

椿は先輩とも行きたいし、リカちゃんたちとも行きたいと。

リカからは先輩のことは早く誘った方がいいとアドバイスが!

リカ「日高先輩来てるしあやしい…仲良い人がいないのにわざわざ2泊3日の合宿に来る彼女の目的とは?」

椿「…写真を撮るためじゃないでしょうか」

リカ「さぼり部員でしょ。『草野先輩』に決まってる」

リカの言葉にハッとする椿。

そうこうしていると目的地である金沢に到着。

1日目

ホテルにチェックインした後、美術館や兼六園を回る写真部の面々。

兼六園で休憩中の椿はフッと、日高先輩を怒らせてから話していなかったことを思い出します。

そんな椿の視線の先には一颯先輩が。

先輩単体で写真を撮るベストタイミング!とシャッターを切る椿!

でしたが、ちょうど通行人が写り込んでしまい…

さらに一颯先輩にも気づかれてしまった椿!

椿は咄嗟に”カメラを買ったから見て”と先輩に話しかけます。

一颯先輩は椿のカメラを見て、自分のカメラと同じだねと微笑んでくれました。

椿は先輩とおそろいと笑いあえたことが嬉しくて…

でもこのカメラは、合宿中に先輩としたいことリストの”2,おそろいの物が欲しい”にはノーカウント!

着物を着た男女が目に入った椿…”3,一緒に写真を撮る”が頭に浮かび…

この場所いい!と思った椿はすかさずリカちゃんに連絡!

”こっそり先輩との写真を撮って‼︎”という椿からのお願いが。 

そんな椿の願いと裏腹に通り過ぎようとする一颯先輩。

と、先輩を必死に止める椿。

椿「ちょっとだけ…一緒に…」

日差しが強い日中。

一颯先輩は椿に自分のかぶっていた帽子をかぶせます。

少し元気のない椿に、体調は大丈夫か尋ねる一颯先輩。

翌日の自由行動は?

思い切って椿は一颯先輩に、翌日の自由行動について聞きます。

柴崎くんと一緒に回るという一颯先輩に、ちょっとでいいから先輩と行きたいと切り出す椿。

そんな椿と一颯、柴崎を見つめる日高。

日高は柴崎と知り合った時のことを思い出していて…

夕飯の席。

日高はあまり食欲がないと姿を現さず。

夕食後、椿は宿の近くにあるライトアップされた橋を見に行かないか誘います。

ですが、リカちゃんからは…⁈

リカ「あんなきれいな場所友達と行って意味あるの?草野先輩と行ってきなよ」

リカちゃんの後押しもあり、一颯先輩を誘いに行きます。

ですが一颯は寝てしまっていて…

しょんぼりしていた椿に、柴崎が一緒に行くとついてきてくれることに!

橋で柴崎に翌日柴崎と一颯の自由行動の後に、一颯と自由行動することになったことを伝え。

椿「ここ行きたくてね。パフェ食べるの抹茶の。

だからここ以外に行ってくれたらなって思ってて…いい?だめ?」

柴崎「金箔アイスも食べるんだろ?太るぞ」

椿「先輩の誕生日何かあげたりするの?男友達ってどうなってんのそういうの」

柴崎「別に何もしないよ。確認はするけど。」

椿「確認?お誕生日会は?」

柴崎「高2だぞ。

…昔はしてたけど一颯の家で弟達と一緒に」

椿「いいなあ…そんなの1番幸せなやつじゃないですかー」

柴崎「別に普通だよ」

椿「じゃあ何が1番幸せだった?今まで」

柴崎「…お前は。何?」

椿「明日先輩とパフェを食べることです!

……明日…日高先輩はどうするのかな…ひとりで行くのかな」

柴崎「…知らないけど」

椿「前に柴崎君に相談した時から話してないんだよね…日高先輩と。

謝ってもないし…だめだよね?そういうの…やっぱりね?」

柴崎「どっちでもいいよ。俺もうもどるから」

柴崎が部屋へ戻ると一颯は起きていて。

一方椿は浴場で日高と遭遇。

椿「何も知らないのに余計なこと言ってすみませんでした」

日高が自販機前で休んでいたところに柴崎が現れ。

日高「なんでふたりがあの子に優しいか分かった。

病気してたんだってね。

…そんな子に冷たくしたらこっちが悪いみたいじゃない。

…あの子は自分だったら一颯のこと理解してあげられるとか思ってるのかな。

同じように辛い思いをしてきたから?

何も知らないのに余計なこと言ってすみませんとか嫌味かよ…

もっとあの子みたいに傷ついてたら私も邪魔者扱いされなかった?」

柴崎「一颯があいつに優しくしてるのが病気したからって言うなら、あんたに優しくしてるのは手話覚えてくれたからってだけなんじゃない。

一颯の気ひきたくて他の男と付き合ったり別れたりしてんだろ。どうせ。

学校だって部活だって一颯がいるから入ったんだろ。みっともない。もう終わってるのに。

いつまでも執着して気持ち悪いんだよ」

日高「桜介君のお母さんは執着しないもんね。子供捨てて出て行ってさ

…なんで…なんで…中学の時だって…私が一颯を好きで桜介くんに迷惑かけるの?

桜介君はなんで部活入ったの?なんでこの学校来たの?私と何がちがうの?

気持ち悪いのも執着してるのも自分でしょ?」

柴崎の元を立ち去る日高。

そのままホテルを出ると一颯と遭遇。

明日の自由行動、桜介と3人で回る?と一颯に誘われた日高は涙を流しながら

日高「…本当に一颯は私に興味ないんだね」

そう言って腕を振りほどき…

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

ふつうな僕ら8話の感想・考察

待ちに待った夏休み!そして部活の合宿!

好きな先輩としたいことを10個考えてくるとかピュアピュアですねっ!

友人の後押しもあって、夜先輩と誘いに行ったのに寝てる⁈

タイミング悪いですね^^;

そのかわり柴崎とはたくさん話をして。

日高先輩に謝れてなかったことを後悔していた椿は、たまたま脱衣所であった日高にしっかり謝罪。

椿の真面目さが滲み出てますね。

日高は椿が病気したことを聞いて、いろいろ思うところがあるようで…

卑屈になってしまった日高は、つい柴崎に八つ当たりを…

柴崎と日高…2人の間にギクシャクした空気が流れてしまってましたね。

翌日の自由行動はどうなるんでしょう?

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

別冊マーガレットの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

別冊マーガレットの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

別冊マーガレットネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、ふつうな僕ら8話を含めた別冊マーガレット2019年12月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA