放置少女にハマってるよ♪

鬼灯の冷徹ネタバレ261話(最新話)!考察や感想も!【ちょっとしたパーティ】

鬼灯の冷徹の最新話261話は2019年7月18日の週刊モーニング2019年33号に連載されております!

ここでは、鬼灯の冷徹の最新話である261話「ちょっとしたパーティ」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても鬼灯の冷徹261話を漫画で見たい!今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

鬼灯の冷徹261話「ちょっとしたパーティ」のネタバレ

まきみきファン

とある休日。

街を歩いていた芥子の目の前には…なんとまきみきのミキが!

芥子はまきみきのファン。

自然と万歳をしてしまう芥子。

目立たないようにしているプライベートのミキと、草陰からミキを狙うマスコミの小判…

その姿に気がついた芥子は、後ろから小判の携帯を取り上げ⁈

小判「何すんでイ‼︎?」

芥子「アイドルもプライバシー尊重の時代です!なんか…よくないと思います‼︎」

芥子から携帯を取り返そうとする小判と、携帯を取られないように抵抗する芥子。

小判「姐さんこそ営業妨害ですぜ!」

芥子「百も承知よ‼︎

所詮ファンのエゴVS.マスコミのエゴ‼︎

どっちかがやられるまでよ‼︎」

小判「面倒くせぇ‼︎」

芥子「もっと心にいいもの撮ってください!

なんか…ほらちょっといやらしい形の野菜とか‼︎」

小判「SNSでバズる画像かよ‼︎」

ミキと芥子

小判を追い払った芥子。

その後ろにはミキが立っていて…

芥子「ミキちゃん‼︎…あの…さし出たまねを致しまして…!」

ミキ「あ、いやいや。ありがとう。

あのー…体験獄卒の時会った兎さんだよニャ?

よくわかったね。私、あんまりバレないんだよ」

芥子「私、匂いとか歩き方による足音とか声とか敏感なんです」

?「ミキちゃんお待たせ〜」

そこに現れたのは…

芥子「この声は…マキちゃん⁉︎まさか二人揃ってお忍び休日ですか⁉︎」

振り返った芥子の目に映ったのは、派手で目立ちまくりなマキ!

芥子「目立つ‼︎」

マキ「えっ嘘‼︎?目立つ…⁉︎よくいる芸能人風で町に溶け込んだはず…」

ミキ「『よくいる』ってことはもはや主張してるのでは…」

マキ「いや!でも『ピーチ・マキ』だと逆にバレない…」

ですが…速攻で『ピーチ・マキ』であることがバレてしまったマキ。

まきみきの行き先

芥子「…あの…え〜と…お二人でどこかお出かけですか…?

あっ聞いちゃいけないですね、こういうこと‼︎

すみません」

ミキ「いいよ。兎さん知り合いだしニャ」

マキ「あ、獄卒の兎さんか。何度か会ってるよね」

ミキ「あのね、これからパーティなんだよ。

よかったら兎さんも一緒に行こうニャ」

芥子「パーティ⁉︎それはもしや…」

パーティと聞いて芥子が思い浮かべたものは、ベンチャーの社長やコンサルタントなどが多数出席している”別名人脈を広げる会”。

芥子「そして多くのアイドルや女優さんが妙にお金をしこたま持ってる社長とお付き合いするんです〜っっ」

ミキ「…そういうパーティじゃないよ」

芥子「では丸いクラッカーにオシャレな色々を乗せて召し上がるちょっとしたパーティですか」

ミキ「リ◯ツパーティでもないよ」

まきみきが参加するパーティとは、鬼灯が主催する”金魚草パーティ”!

会場ではまきみきより先に来た、彼女たちのマネージャーが名刺をばら撒いているところで。

もうすでに、何人かの社長やコンサルタントと意気投合していました。

ミキ「ああいうのがいるから、パーティ=人脈広げ大会なんだろうニャ」

芥子「あの、ところで何のパーティなのですか」

鬼灯「今年の大会が無事終わったことと…

愛好家が発見した新種・珍種のお披露目会。要は自慢大会です」

そして本日の目玉の披露!

愛好家「先日、私の畑で発見されました。ご覧ください!」

幕が開くとそこには…二股に分かれた金魚草が!

鬼灯「二股に分かれた金魚草です!」

テンションの上がる鬼灯。

ミキ「な…なんかちょっといやらしい‼︎」

鬼灯「金魚草は動物か植物か。金魚部分は魚か実か。

議論は絶えませんが、植物と仮定した場合、この金魚部分はカテゴリ上『野菜』と解釈できるのでは?という説も出て来ています。

だからたまに画像で出回る変な形の野菜と思えば…はたまた人魚か…珍しいものなのでニュースにもなるでしょう」

芥子はさっき小判の仕事を取り上げてしまったことを思い出し、”二股に分かれた金魚草”のことを教えてあげようと写真を添付してメールを送ります。

小判「あの兎の姐さん、本当にいやらしい形の野菜で記事作れってか」

次々号(35号)に続く…!

スポンサーリンク

鬼灯の冷徹261話までを無料で読む

ということで、鬼灯の冷徹261話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、鬼灯の冷徹261話を含めた週刊モーニング2019年33号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

鬼灯の冷徹261話の感想・考察

お忍びモードのミキに気がついた芥子さん。

足音や匂い、声で判別できるとはさすが兎ですww

そんなミキのゴシップを狙う小判。

小判のことにもいち早く気付く芥子さん!

そして小判の記事が書かれた携帯を取り上げ…もう芥子さんさすがすぎますwww

ファンのエゴVS.マスコミのエゴ…本当その通りですね。

地味な見た目のミキと対照的にマキはとにかく派手!

マキ本人はバレない自信があったようですが、あれは見つけてくれと言っているようなものでは…⁈

しかも速攻ばれてるしww

そんな対照的な二人のお出掛け先…なんと鬼灯主催の金魚草パーティ!

金魚草愛好家なだけありますよね〜

そこでお披露目された新種・珍種の金魚草たち。

よくSNSで回ってくる変な形の野菜同様、変な形をした金魚草www

尾ビレ部分が二股に!

二股に分かれた金魚草は鳴き声も”いや〜ん”ってwww

鳴き声まで普通の金魚草とは違うんですねwww

小判が記事にしてくれたら、この二股に分かれた金魚草もバズりそうですねww

鬼灯の冷徹261話についてのまとめ!

鬼灯の冷徹261話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、鬼灯の冷徹261話を含めた週刊モーニング2019年33号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください