ひな祭りとは何か簡単に説明!由来と劇を子供向け用に分かりやすく!

3月といえば、「ひな祭り」ということで、ご家庭に女の子がいるところは、毎年恒例行事のイベントとなっているのではないでしょうか?

また、親や大人がひな祭りについて子供に説明をしようと思っても、いざ説明しようとなると、「えー~と、・・・。」という何から説明すればよいのか分からない状態になったりする方もおられると思います。

また、保育士の方などは、保育園でのひな祭りイベントは鉄板であり、子供に楽しんでもらうため「どう子供に楽しんでもらうか」など、毎回悩まれているかもしれませんね~。

ひな祭りは毎年あるためこの際に、パパっと覚えておきましょう!ってことで今回は、子供向け用に分かりやすく、かつ簡単に説明し、

  • 「ひな祭り」とは何か?
  • 由来や意味は何?
  • 劇の内容は?

などの中心に見ていこうと思います!

スポンサーリンク

「ひな祭り」の由来や意味は何?

まず、ひな祭りとはどのようなイベントかと言いますと、「女の子の健やかな船長を祈る」年中行事の一つであり、ひな人形と桃の花を飾って、雛あられを食べて華やかにお祝いすることが世間一般に知られていると思います。

しかし、その由来となったひな祭りの意味はどのようなものなのか、大変気になったので調べてみました!

ひな祭りの意味は、大きく二つあります。

  • 貴族階級の子女が、天皇の御所にイメージをした御殿や飾りつけをして遊ぶことで、健康と厄徐を願った「雛遊び(ひなあそび)」。
  • 和紙で作った人形に災いを託して川や海へ流して災厄をはらう民俗行事の「流し雛(ながしひな)」。

ひな祭りには、この「雛遊び(ひなあそび)」「流し雛(ながしひな)」の2つが宮中から庶民に広まり、徐々に結びつき発展していったのが、「ひな祭り」の形になったとされています。

流し雛は、紙で作った人の形をした「人形(ひとがた)」というものを作り、川に流していたのですが、この人形と雛遊びの人形が結びついて、現在のひな人形が生まれたのですね!

でも、考えようによっては、ひな人形は私たちの不幸や災いを吸収しているとなると、扱いを間違えればなんか怖そうなことが起こる気がしてきました・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

また、人形作りが発展したことからも、ただ流すだけの人形ではなく、見た目でも楽しめる人形へと変化していったんですね~、これはちょっと歴史的な勉強にもなりました!

上流階級では、嫁入り前道具として豪華なひな人形を持たせるようになり、婚礼の様子を模したものが好まれるようになっていきました。

そして、徐々にひな人形は2体だけでは物足りなくなり、「内裏雛(だいりひな)」だけだったのが、2段、3段・・・4段と豪華になっていきました。

ひなまつり自体は始め、若い女性中心の行事だったのですが、赤ちゃんも初節句として、ひな人形を用意してその女の子に災いがふりかかわらないように、また美しく成長して幸せになれるようにと、願いを込めてお祝いをするようになりました。

こういった経緯で、ひなまつりの風習が広がっていったことは、初めて知ったので大変勉強になったと同時に、ルーツをたどればちゃんとした意味があるんだなと思いました!

「ひな祭り」とは何か子供向けに簡単に説明!

ひな祭りの由来や意味などの詳細については下記に記載しましたが、子供は当然理解力がないため、大人みたいに説明しても分かってもらえないため、要所ごとのポイントを伝える必要があります!

そのポイントというのが、

  • 昔に「紙の人形」に「嫌なこと」や「災い」を託して川に流していた。
  • ひな人形の意味は、紙守り神(お守り)のような意味がある。
  • 現代では、ひな祭りの日に子供の成長を願っている。

そのため、子供に「ひな祭りって何?」と聞かれたら、「〇〇ちゃんが元気で幸せに大きくなれるように、ひな人形を飾る日だよ~」

が一番簡単かつ、大人が最低限答えたいアンサーです笑

また、子供に「じゃあ、なんでひな人形なの?」と賢い子供にツッコまれた場合には、「昔の人は悪いことから守ってもらうために、紙でできた人形を川に流していたんだよ。」という風な回答がよいのではないでしょうか?

もちろん、年齢に応じた回答が必要ですので、予備意識などはいりますが、ひな祭りの由来でそこまで突っ込んで聞いてくる大人はいないと思いますし、実際そこまで深い意味はないですしね!笑

この意味を子供たちに伝えることによって、子供たちがボヤっとでも目的を持ってひな祭りを過ごすことができますし、ひな祭りのイベントが記憶に残りやすいですよね~!

特にひな人形を一緒に飾ったりや、作ったりしながら言うと、より子供たちも楽しむことができそうですよね!

「ひな祭り」の子供向け用劇の内容は?

ここまでひな祭りの由来や意味を説明しましたが、正直子供たちはあんまり興味を示さない方の子が多く、ひな人形に興味が集まると思います!

そこで、ひな祭りを手っ取り早くどのようなものか説明するには、小さい子供たちが喜ぶ「劇」のようなものを、ここでいくつか紹介したいと思います!

その中で、実際に劇となると構成か配役を決めたり、練習・・・といろいろ大変なので、「ペープサート」という紙で作った人形を使用した簡単な劇が大変おすすめです!

また、保育園の園児がしているペープサートもありましたので、ご覧ください!

このような劇であれば、練習すれば、一人でもできますし、何より音楽に合わせて歌いながらすることで、保育園の子供たちも飽きずに見ることができて、ひな人形の種類や歌詞を覚えるのが楽しくなりそうな気がしますよね♪

「ひな祭り」についてのまとめ

ということで今回は、ひな祭りについて由来や意味のほか、保育園などで分かりやすく説明することができる方法として、「ペープサート」という人形劇についてご紹介いたしました!

ひな祭りのの本当の意味や由来を知っている人は、おそらくあんまりいないんじゃないかな~と思いましたし、子供など人に説明するときに役立ちそうですよね!

特に女の子のいるご家庭では、積極的にひな祭りについて教えてあげると、将来的にその子のためにもつながるので、ぜひ説明してあげたりして下さいね!

最後までお読み頂きましたありがとうございました!m(_ _)m

どうぞ他の記事もごゆっくりとお読みくださいませ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です