彼岸島48日後ネタバレ202話(最新話)!考察や感想も!【本戦開始】

彼岸島48日後の最新話202話は2019年4月27日のヤングマガジン2019年22・23合併号に連載されております!

ここでは、彼岸島48日後の最新話である202話「本戦開始」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても彼岸島48日後 202話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

彼岸島48日後202話までのあらすじ

吸血鬼化ウイルスがばらまかれ、日本列島に住む人間のほとんど吸血鬼と化してしまった悲惨な現状を喫した日本。残された人間たちの唯一の希望である明は、吸血鬼の首領であるみやびを倒すため上野を目指す。その道中で明は敵に捕まった勝次が東京ドームにいることを知ってしまった。勝次を救うため、狐面を被って正体を隠し武闘会に参戦した明は、持ち前の戦闘力で見事、邪鬼を倒し、予選を突破したのであった!

人物紹介

宮本 明(みやもと あきら)
人間たちの最後の希望。もともとは兄・宮元篤(みやもとあつし)を救うために仲間と共に彼岸島へ乗り込んだが、兄は吸血鬼化してしまい、更には吸血鬼の首領・雅に日本列島に吸血鬼ウイルスをバラまかれるという悲劇に見舞われる。明は雅を殺害するために命を賭けて闘いに身を投じてゆく。

雅(みやび)
吸血鬼の首領。日本列島に吸血鬼化ウイルスをバラまいた張本人。残虐非道な性格をしており、趣味で人間を邪気化させたりする外道。過去に日本軍の生体実験を自ら望んで受け、首を切っても死なない不死の力を手に入れた。

鮫島(さめじま)
スキンヘッドの大男。吸血鬼化していない人間の生き残りの一人。吸血鬼をものともしない実力をもつ。

勝次(かつじ)
かつて母親を吸血鬼によって強姦され、明たちと共にその吸血鬼の主犯を倒した経験をもつ小学生。明たちとは親しい間柄にあったが、吸血鬼に捕まり武闘会の景品にされてしまう。

彼岸島48日後202話「本戦開始」のネタバレ

闘技場の真ん中に血まみれで横たわる巨大な邪鬼。
明は血まみれの刀を握り、狐の面を被ってその前に佇んでいる。
明は見事、邪気を倒し、予選を突破したのだ。
それを見ていた鮫島たちも、興奮冷めやらぬ様子でそれを眺めている。

「アイツなら正体を隠したまま優勝してくれるよ。」
「そして絶対に景品になっている勝次さんを助けてくれる!」

観客の注目を浴びたまま明はベンチのほうへと姿を消してゆく。

武闘会の会場は電気も通っていないため、掲示板には何も表示されないしアナウンスもない。明かりは炎のたいまつのみだ。大会の詳細については何もわからず仕舞いで鮫島たちの不安を煽る。

そんな中鳴り響いたのは、耳を覆いたくなるほどのけたたましい鐘の音。

カァァァァンン!カンカンカンカンカン!

その音と共に天井にはためいたのは、吸血鬼の首領・雅が描かれた巨大な旗だった。

会場は沸きあがり、吸血鬼たちの雅コール。

「雅様ァー!!」
「本戦開始だァァ!!」

どうやらこの鐘と旗が本戦開始の合図のようだ。

ついに…本戦開始!!

ドォンドォンという音と共に、巨大な大剣を担いで興奮した様子の吸血鬼が2人闘技場へ入場してくる。

そして雄叫びを上げながら激しく剣を交え始めた。

そして不明だった闘技の内容が序所に明らかになる。

ルールは簡単だ。
1対1のトーナメント戦で武器は何でもあり。ただの殺し合い。
しばらく勝負がつかない時は邪鬼が投入される。

16人でのトーナメント戦なので、明は4回勝てば優勝ということになる。

そしていよいよ明の出番に!

明は狐の面を被ったまま刀を携えて闘技場へと踊り出た。

相手は鎖鎌と鉄球のような武器を手にした大柄の吸血鬼だ。

吸血鬼が鉄球を明へ向かって投げつける。

それをいとも容易く避ける明。

吸血鬼はすぐさまもう片方の鎖鎌で明に切りかかる。

しかしそれも容易く避けてしまう明。

吸血鬼も同様するほどの速さだ。

避けたとほぼ同時に刀を抜いた明は、「ヒュッ」と風を切るような軽さで一太刀を振るった。

吸血鬼は何が起こったかわからない様子だが、その直後、大柄な吸血鬼は上半身を斜めに真っ二つに切断されて床へ崩れ落ちる。

ワァァァァァ!と湧き上がる吸血鬼の観客たち。

「すげェぞ狐ェェ!!」

吸血鬼たちは狐の正体が明であることを知らない。

圧勝の明!大会優勝も楽勝!そう思えた矢先…

吸血鬼たちの会話の中で、鮫島は気になる一言を聞いてしまう。

「狐の奴なかなかやるからよ
今日死んじまうのがもったいねェよな」
「いくら強くてもさすがに優勝は無理だからな」
「なんせ今日は雅様の息子様が出場してるからな」

驚きを隠せない鮫島。

そして地響きと共に現れたのは、巨大な三俣槍を持った鳥頭の大男

そう、現れたのは雅が息子と呼んで寵愛しているアマルガム、かつて人間たちが手ひどい敗北を喫した強敵、姑獲鳥(うぶめ)だった…。

彼岸島48日後202話までを無料で読む

ということで、彼岸島48日後202話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、彼岸島48日後202話を含めた週刊ヤングマガジン2019年22・23合併号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

彼岸島48日後202話の感想

持ち前の戦闘力で見事予選を突破した明!流石ですよね、カッコイイです^^!
正体を隠すための狐の面のクールさも相まってますます明がカッコ良く見えてしまいました~!

しかも本戦1回戦目もあっさりと鬼を倒してしまい、これは優勝も朝飯前なのでは!?と思わせる勢い!

しかし!ここで現れたのが~><なんとあの最悪最強のアマルガム、姑獲鳥…!

読んだ瞬間思わず「うわぁ~~コイツかぁー!」と声が出てしまいましたよ!

かつてその圧倒的強さをもってして人間たちに屈辱的かつ絶望的敗北を味あわせた強敵アマルガムの登場は、人間軍にとっては相当の壁になります!

果たして明はこの大会で優勝することができるのでしょうか…!?
続きが気になりすぎますね!

彼岸島48日後202話についてのまとめ!

彼岸島48日後202話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、彼岸島48日後202話を含めた週刊ヤングマガジン2019年22・23合併号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA