五等分の花嫁ネタバレ93話(最新話)!考察や感想も!【ツンデレツン】

五等分の花嫁の最新話93話は2019年7月10日の週刊少年マガジン2019年32号に連載されております!

ここでは、五等分の花嫁の最新話である93話「ツンデレツン」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても五等分の花嫁93話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

五等分の花嫁93話「ツンデレツン」のネタバレ

ある日の朝

起きてきた一花の目に映ったのは、何やら狼狽える五月…と他の姉妹たち。

一花「ん?何か話してた?」

五月「い、いえ、なんでもありません」

以前、五月が聞いてしまった”一花がいなくなる”ということについて話していたんです。

”なんでもない”と聞いて、リビングへ降りていく一花。

その背中を見つめつつ、姉妹たちは”一花が家を出る”というのは何かの聞き間違いでは?と口々に…

バイト先の店長のお見舞いに来た風太郎。

待ち合わせている二乃を待ちつつ、らいはに見つかったあの本を熟読。

風太郎「これが恋のテクニック…いかんいかん…こういう本に頼らないと決めたんだ。

つーか遅ぇな二乃…先に店長の病室行っちまうか」

ようやく二乃到着!

二乃「お待たせ」

風太郎「遅ぇぞ二乃。ところでこの花なんだが…」

二乃「は?ちょっとくらい遅れてもいいじゃない。器の小さい男ね。暑いなら中で待てばいいのにホント頭が回らないのね。え、ちょっと待て…汗臭いわ…最悪なんですけど…」

風太郎「えー…急にどうした?」

二乃「いつまでもボーっと突っ立ってないで、店長の病室に行くわよ。急ぎなさい、上杉」

何やらツンツンしている二乃。

二乃の変化に戸惑いが隠せない風太郎でした。

病室にて

店長「やぁ二人共、元気にしてたかい?僕はこの通り元気だ」

風太郎「お怪我の具合はどうですか?」

店長「あとは術後の経過を診るだけさ」

二乃「うわー痛そ…これつまらない物ですが」

店長「ありがとう。上杉君もよく来てくれたね」

二乃「いつまでそこにいるつもり?その花はなんのために持ってきたのかしら」

やっぱり何かよそよそしい二乃。

そんな二乃の態度に店長も狼狽…。

ついつい、風太郎に”喧嘩した?”と耳打ちしてしまう店長。

風太郎には心当たりが…二乃は”押してダメなら引いてみろ”を実践している様子!

二乃「あー喉乾いたわ。上杉、あんた買ってきなさいよ」

風太郎(こいつも同じ本、読んだのかな…)

二乃「はぁ?お水って言ったら常温に決まってるでしょ」

風太郎(あんなのを律儀に実践するなんて、可愛い所もあるじゃねぇか)

二乃「ったく、こんな簡単なこともできないなんて使えないわ」

風太郎(………)

二乃「役立たず」

風太郎(ムカついてきた)

風太郎「お前いい加減に…」

そう言って、二乃に触れようとすると…

二乃「うわぁ…触んないでよ。…じ、自分で買ってくるわ」

そういうと病室を飛び出す二乃。

店長「上杉君、本当に心当たりはないのかい?君が気づいてないだけで彼女に何かした…もしくは何もしなかったんじゃないか?」

風太郎「うっ…」

店長「やはりそうか…断言しよう。彼女は怒っているぞ」

風太郎(二乃が俺に興味を引かせようとしてるなんて…俺はなんて思い上がりを!恥ずかしすぎる!)

店長「よく耳をすましてごらん。聞こえるはずさ。彼女の心の叫びが」

その頃の二乃というと…。赤面した状態で…。

二乃(やりすぎたー!)

父との再会

二乃(うぅー…触んないでって言っちゃった…でも、きっとフー君に触られたら素に戻っちゃうわ。

どうしよう…嫌われちゃったかしら…私に振り向かないフー君が悪いんだからね。

それにしても、演技だとしても辛いわ…フー君を好きになる前でも、あんな酷いこと言わなかったもの…

うん、言ってなかったわ)

二乃「はぁ…難しいわ…」

父親「二乃君」

声をかけられ振り向くと…そこには五つ子の父が立っていて…

二乃「パパ」

父親「ようやくうちに帰ってきてくれたみたいだね。

一花君から連絡をもらっているよ。

考え直してくれたみたいで嬉しいよ」

二乃「それならなんでパパはいないの?」

父親「毎日帰りたいところだが、生憎忙しくてね。

元々あそこは、君たち用に購入した部屋だ。

僕を気にせず、好きに使ってもらって構わないよ」

二乃「そんな部屋なんて」

父親「おっと、すまない。もう行かなくては」

二乃「明日も忙しいの?」

父親「ああ」

歩き去る父親の背中を見送る二乃。

そこへ風太郎が現れ…

風太郎「俺はもう帰ることにする。その前に渡しとくわ」

そう言って花束を差し出し…

二乃「何よ?お花でご機嫌取りかしら」

風太郎「お前にじゃねーよ。お前の母親にだ。

明日だろ命日。俺も行こうと思ったが身内だけの方がいいだろ。

そういうのは。俺もいない方がいいだろ。じゃあな」

二乃はとっさに風太郎の腕を掴み…

二乃「待って!フー君はいなくならないで」

風太郎「え?」

二乃「お母さんも…一花も、きっといつか皆も離れ離れになってしまう…それでも…フー君はずっとそばにいてくれる?」

風太郎「二乃…お前…俺のこと嫌いになったんじゃなかったのか?」

二乃「あーもう!面倒くさいわ!

全部台無しだわ!押してダメならひいてみなよ!

あんたには難しすぎたわね」

風太郎「はー…ったくなんだよ」

二乃「悪かったわよ」

風太郎「やっぱりそうか…ビビらせやがって」

二乃「え?ビビってくれたの?」

照れる風太郎と、表情がパァっと明るくなった二乃。

二乃「ふん、チョロいわね」

風太郎「いや、もうわかるわ」

二乃(全く…チョロいのは私の方だわ…やっぱり私の方から追いかけるしかないじゃない)

二乃と風太郎を柱からのぞき見る店長が…

店長(上杉君…君は天然のタラシだ!)

翌日、母親のお墓参りに来ている五つ子。

5人揃って墓前に手を合わせ…

母親の墓前には、五つ子が持ってきた花と五つ子が持ってきた花束が。

そして、誰が持ってきたのか分からない花束が一つ…

誰が持ってきたか分からない花束は”父親が持ってきたものなんじゃないか”と推測する五つ子。

お墓参りも済み帰ろうと提案する一花に、二乃は”一花が家を出る”件について切り出します。

二乃「家を出るって本当?」

一花「皆には言っておかないとね。私、二学期からは学校行かないから。学校辞めるんだ」

次号(33号)に続く…!

スポンサーリンク

五等分の花嫁93話までを無料で読む

ということで、五等分の花嫁93話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、五等分の花嫁93話を含めた週刊少年マガジン2019年32号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

五等分の花嫁93話の感想・考察

プール後からは、五月から風太郎への警戒心が和らいだような気がしますよね!

それと引き換えに”押してダメなら引いてみろ”作戦に出た二乃。

ツン成分多めでしたけどねwww

バイト先の店長が入院している病院が、五つ子たちの父親が務める病院だったんですね!

元の家に帰ってからも会うことがなかった五つ子と父親ですが、思わぬ偶然で二乃と父親は再会。

父親、忙しそうでしたね。

病院に着いた時に、風太郎が花束を2つ持っていたのは店長用と五つ子母用だったとは!

風太郎、本当変わりましたよね。

そして、ずっと五月の中でモヤモヤしていた”一花、家を出る”。

ついに他の姉妹も、一花本人の口から伝えられましたね。

一花の大きな決断…夏休みも佳境。

どうなるんでしょう⁈

五等分の花嫁93話についてのまとめ!

五等分の花嫁93話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、五等分の花嫁93話を含めた☆週刊少年マガジン2019年32号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です