五等分の花嫁ネタバレ92話(最新話)!考察や感想も!【秘密の痕】

五等分の花嫁の最新話92話は2019年7月3日の週刊少年マガジン2019年31号に連載されております!

ここでは、五等分の花嫁の最新話である92話「秘密の痕」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても五等分の花嫁92話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

五等分の花嫁92話「秘密の痕」のネタバレ

プール当日!

先にプールに着いた姉妹たち。

”入れ墨・タトゥーの方は入場をお断りさせていただいています”の看板の前で、姉妹たちに心配される二乃。

三玖「二乃大丈夫?」

二乃「やってないわよ」

四葉「あはは、二乃はオシャレだからやてそうだよね」

一花「若気の至りで、彼氏の名前入れちゃったり」

三玖「ありがち」

二乃「あんたたち、私をどう思ってんのよ!

ま、相手との絆を刻み込むってのもロマンチックだけどね」

想像してうっとりとする二乃。

二乃「いや、さすがにやらないわよ!

痛そうだし」

五月「当たり前です!そんなことしたら不良です!」

五月(はぁ…やはり上杉君がいなければ、私たちは平和なんです。

どうか今日一日、何事も起きませんように…)

風太郎と合流

店員「ほいっ焼きそば五人分お待ちっ!」

五月「ありがとうございます」

風太郎「お前ついにそこまできたか…」

遅れていた風太郎と鉢合わせた五月。

五月「!上杉くん!

来てたのですか!

ち、違います。

これは皆で食べる分で…」

風太郎「にしても、一人一人前かよ…

…ところであいつらは」

他の姉妹たちの姿が見えず、質問する風太郎でしたが五月は姉妹たちと風太郎を会わせたくなくて…

五月「この水着はどうですか?

あなたが急に言うものだから、慌てて買ってきたんです。

前のものは少々収まりきらなかったので…」

風太郎「えっまぁ…いいと思うぞ…いい。

別にプールじゃなくてもよかったんだが」

五月「皆、喜んでいましたよ。

今年は夏らしいことをしてませんでしたから」

風太郎「そりゃよかった…それであいつらは」

此の期に及んで、まだ姉妹たちとの合流を阻みたい五月は立ち話を続行しようとします!

ですが、風太郎に”いつまで立ち話するのか”と言われ、渋々姉妹たちの元へ…

五月(うぅ…上杉君と皆が会うことは、もう避けられないのでしょうか…

せっかく夏休みで元のように落ち着いていたのに…

今は私がしっかりしないと!

見ていてください、お母さん!

私が姉妹の秩序を守ってみせます!)

五月が謎に意気込んでいたその時!

前方に一花の姿が…!

急いで方向転換する五月…でしたが、今度は四葉の姿が!

四葉に気がついた五月は、風太郎に隠れるように言って…

全員集合

一花と四葉から風太郎を隠そうとしていたところを、一花と四葉に見つかってしまった五月。

四葉「あのー…」

一花「二人で何してんの?」

五月(終わった…)

五月「ははは…上杉君が到着したみたいです…」

五月(どうしましょう…このままじゃ修学旅行の二の舞に…)

五月の心配とは裏腹に、”普通”な様子の一花と四葉。

一花「フータロー君久しぶり!

二乃も三玖も会いたがってたよ」

四葉「さぁ、立ってください!

皆で遊びましょー!」

一花と四葉の反応に拍子抜けする五月。

そして二乃と三玖とも合流!

風太郎と会うないなや、勢いよく抱きつく二乃と三玖。

五月(この二人は本気だ!)

四葉「よーし、皆揃ったね。

ご飯食べたら、さっそくあれやろう!」

四葉が指す先には…ウォータースライダー!

結構な高さに怖気付く五月と、案外ノリノリな姉妹たち。

順番待ちの最中、二乃とは”バイト先の店長のお見舞いに行こう”と話したり、”元の家に戻った”ことを話したり…

思っていたより姉妹みんなが穏やかで、拍子抜けする五月でした。

そしてついに姉妹+風太郎の番!

やっぱり?案の定?スライダーのボートは二人乗り。

6人でじゃんけんをして、ペアを決めることに。

結果は、”二乃・四葉””一花・三玖”そして”風太郎・五月”。

高さに怖気付いている五月は顔面蒼白…

風太郎「どうする?やめとくか?」

五月「や、やめるなんて!

意識してるみたいじゃないですか!

この高さに躊躇してるだけです…

ただそれだけ…ですが…

一旦日焼け止めを塗り終わるまでお待ちください」

日焼け止めを塗り終わるのを待ちながら、風太郎は自分の考えを話し始めます。

風太郎「いつだったかお前に相談した時と、なんら変わっていない。

問題を先送りして、思うがままにこんな所へ誘ってしまった。

もっと本を読んで早急に自分の気持ちを見つけ出さなければ…」

フッと口元を緩めた五月。

五月「ふふっ、真面目に考えてくれているようで一安心ですが…

あなたは相変わらず頭でっかちですね。

私も姉妹の気持ちを知ろうと色々調べていたからわかるんです。

結局、この世は教科書だけではわからないことだらけでした。

今日のように、あなたが思うがままにしたらいいのではないでしょうか。

あれこれ考えるより、やってみてわかることもあると思いますよ」

風太郎に微笑みかける五月…とそこに係員から声が掛かりついに順番が!

やっぱり怖さから解放されていなかった五月でしたが、風太郎が一つ提案を。

風太郎「手、握れば平気か?」

そして出発する風太郎と五月!

辺りは暗くなり街灯も点り始めた頃、一行は帰路へつくことに。

日焼け止めも塗らずにいた四葉は、水着の跡がくっきりと。

風太郎も真っ赤になってしまっていましたが、右手の甲だけは何故か日焼けせずにいて…

そう、スライダーに乗るたびに五月が手を握っていたためにそこだけ痕がくっきりと!

次号(32号)に続く…!

スポンサーリンク

五等分の花嫁92話までを無料で読む

ということで、五等分の花嫁92話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、五等分の花嫁92話を含めた週刊少年マガジン2019年31号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

五等分の花嫁92話の感想・考察

風太郎から誘われたプール当日!

先についていた姉妹たちでしたが、”お断り”の看板前でひと盛り上がり。

確かに二乃ならタトゥー入れそうwww

”痛いから嫌だ”って言っていましたけど、痛くなければ入れるのかな?www

一時期ギスギスしていた姉妹たちですが、ようやく仲良しな姉妹に戻って安心です。

五月は”何か問題が起こるんじゃないか”と気が気じゃない様子でしたが。

五月の頑張り虚しく(?)、一花と四葉に見つかってしまい二乃と三玖とも合流。

一花と四葉は”普通”な感じでしたけど、二乃と三玖のアピールはすごかったですね^^;

あの二人はガチだ!って思いましたwww

風太郎もちゃんと姉妹たちとのことを、真剣に考えていてくれてましたね。

風太郎の真面目さがにじみ出ていましたね^^

五月の助言も的を得ていて。

風太郎って、結構五月の何気ない言葉に救われてる節がありますよね。

それにしても全身日焼けで真っ赤なのに、右手の甲だけ白かったのには笑っちゃいましたwww

右手の甲だけとか、なんか恥ずかしいww

五等分の花嫁92話についてのまとめ!

五等分の花嫁92話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、五等分の花嫁92話を含めた週刊少年マガジン2019年31号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です