五等分の花嫁ネタバレ85話(最新話)!考察や感想も!【シスターズウォー七回戦(裏)】

五等分の花嫁の最新話85話は2019年5月15日の週刊少年マガジン2019年24号に連載されております!

ここでは、五等分の花嫁の最新話である85話「シスターズウォー七回戦(裏)」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても五等分の花嫁85話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

五等分の花嫁85話までのあらすじ

一花の企てにより風太郎と同じ選択コースになった三玖。

あるきっかけで風太郎と二人きりになることができ…

もっと風太郎のことを知りたい。そして自分のことも知ってほしい。と風太郎に告げ。

自分の好きなものをあげていく中で、風太郎のことが好きだと伝えます。

五等分の花嫁85話「シスターズウォー七回戦(裏)」のネタバレ

三玖と風太郎が2人きりになれたのには訳があった⁈

要所要所でタイミングの良すぎることが頻発していたが実は…

裏で動いていたのは⁈

三玖にぶつかる和装にほっかぶり姿の女の子が…

??「三玖…逃げちゃダメだよ…」

その人物とは…なんと別コースにいるはずの一花…‼︎

一花「三玖…こんなことで許されるとは思ってないけど…あ、また逃げようとしてる…」

一花は三玖への罪滅ぼしのためにと、三玖と風太郎が2人きりになるように仕向けていたんです!

逃げようとする三玖を止めるべく、三玖の興味のありそうなものを探す一花。

「「戦国武将の着付け体験いかがですかー!」」

一花が叫んだはずが、別の声も聞こえ…

なんともう1人の声の正体は…和装した二乃!

二乃「一花なんで…⁉︎」

一花「二乃こそ…」

二乃「私はせめてあの2人を見守ろうと仮病を使って…あんたまさか、またあの子の邪魔しに…」

一花「ち、違う!私も腹痛で抜けてきたの!って言っても信じてもらえないと思うけど…私のしたことは許されないとしても、最終日が終わる前に少しでも罪滅ぼしをさせてほしいんだ」

一花「きっとこれが私たちの最後の旅行だから」

二乃「あんたまさか…」

一花と二乃の会話を遮り現れたのは…⁈

四葉「あれ!一花と二乃もいる!」

五月「結局皆Eコースに集まってしまいましたね…」

四葉と五月も現れ、三玖以外の姉妹が全員集合‼︎

姉妹たちはみんな、三玖を心配して集まっていたんです。

一花「三玖たちが移動するみたいだよ」

二乃「と、とりあえず付いて行きましょう」

五月「はい!」

四葉「よーし、皆で三玖をサポートしよう!」

こうして風太郎と三玖を2人きりにするために姉妹の奮闘が始まったのです!

着付け体験で…

五月「着付け…でしょうか」

二乃「フー君は絶対似合うわ。なんせ顔が良いんだもの」

四葉「最初はタイプじゃないとか言ってなかったけ?」

二乃「え、何それ。そんな大昔の私なんて覚えてないわ。一花がフー君と会った初日から気にかけてたのは覚えてるけど」

五月「そ、そうなのですか?」

一花「はは…気のせいだよ」

むすっとする二乃。そんな二乃を気に掛ける五月。

二乃「やっぱあの男2人が邪魔ね。ちょっと私が何とかしてくるわ」

二乃の言葉に狼狽える五月。

二乃「せっかくだし一花は三玖に着付けさせるように仕向けなさい」

そう言って立ち上がる二乃とどう仕向ければ良いか聞く一花…

二乃「そりゃあもう…得意でしょ?三玖の変装」

むくれる一花。

一花「…いじわる…」

二乃に言われた通り三玖に変装した一花は、着付け体験の受付へ行き…

三玖に変装した一花「すみません。やっぱり私も着付けお願いしていいですか?」

スタッフ「ええ!どちらの衣装にいたしましょ?」

三玖に変装した一花「じゃあこの可愛いやつで」

三玖が着た衣装を選んだのは一花だったんです!

その頃二乃は…

風太郎と行動していた2人を引き剥がすべく、着替えが終わった2人を風太郎はお化け屋敷にいると誘導し⁈

見事騙された2人はお化け屋敷に…二乃の作戦は成功‼︎

そんな二乃の視線の先には着付け体験衣装に着替え、2人きりで歩く風太郎と三玖が。

二乃(一花も上手くやったみたいね)

楽しそうに風太郎と会話したり写真を撮る三玖を眺める二乃。

そして水辺で風太郎に写真を撮ってほしいと頼む三玖。

写真を撮ろうとする風太郎に突進していくほっかぶり姿の女の子が…⁉︎

ぶつかった時にボソッと…

二乃「譲ったわけじゃないんだから…」

ぶつかった衝撃で三玖が水の中に落ちてしまい⁈

遠巻きにその様子を見ていた一花、四葉、五月。

五月「やっぱり三玖みたいですね…」

四葉「あんなに濡れて昨日の私たちみたい…」

四葉「下着どうするんだろう」

赤面しながら驚きの表情を浮かべる一花と五月!

一花「このままじゃ三玖がノーパンデートだよ!」

五月「ここって売ってるんでしょうか?」

四葉「ふ、ふんどしとか…?」

一花「よ、四葉の俊足でお店見てきて!」

四葉「で、でもふんどしはさすがに…」

一花「最悪隠せたらなんでもいいよ!」

狼狽える一花と四葉に向かって口を開いた五月。

五月「あ、あの…その…私…変な話ですが、何かあるといけないと思って…下着を1セット持っています」

そう、あの良いタイミングで差し出された下着入り紙袋は、五月のものだったのです‼︎

一花は路地へ”関係者以外立ち入り禁止”の看板を置き、三玖と風太郎がいる場所へ他の人が行かないようにします。

一花、四葉、五月に合流した二乃。

良い感じの三玖と風太郎を眺める姉妹たち。

五月「四葉…これからどうしましょう…」

四葉「あ、そうだ!ってあれっ?三玖のパン拾ったのにホテルに忘れてきちゃった!」

忘れたと言っていた四葉でしたが、実は一花がちゃんと持ってきていたんです。

一花「大丈夫だよ。これを三玖に渡せば良いんだね」

そして背後からそっと近づき…

三玖と風太郎の座っている長椅子に、パン入り紙袋を置くことに成功した一花‼︎

一花「あのパンって…三玖が作ったんでしょ」

四葉「うん…修学旅行初日に上杉さんのために。私もずっと味見役をやってて…あんなことがなければ…あ。ってごめん!一花を責めてるんじゃなくて…」

苦笑いする一花…

四葉「……とにかくごめん。私…全員が幸せになってほしくて、いつも消極的になってる子を応援してたのかも…こうなるって少し考えたらわかるはずなのに…だから一花の本当の気持ちに気づいてあげられなかった。だからごめん。」

一花「私…謝られてばっかだ。一番謝る必要があるのは私なのに…」

その時…⁈

三玖「私のことも全部知ってほしい」

三玖のセリフに驚く姉妹たち‼︎

一花(三玖ごめんね。ずっと邪魔してごめん。フータロー君、嘘ついてばかりでごめんなさい。だけどあのことは…」

三玖「好き」

風太郎へ好きだと伝える三玖。

そんな三玖を見守りつつ、目尻に涙を浮かべて口を開いた二乃。

二乃「一花…私ね…あの2人が一緒にいるのを見て、いてもたってもいられず気づいたら飛びついてた。あれだけあんたを責めておいて、私が三玖の邪魔をしてるんだもの…情けないわ…」

二乃「もしかしたら私とあんた、タイミングが違えば立場も逆だったかもしれない」

二乃「偉そうなこと言ってごめんなさい」

二乃の言葉を聞いて涙を流す一花。

一花「そんなこと…そんなことない」

二乃「ありがと。でも同時に己の愚かさにも気づいたの。あんたもそうなんじゃない?三玖は最後まで…一花は悪くないと言ってたわよ」

一花「抜け駆け、足の引っ張り合い。この争いにはなんの意味もない。私たちは敵じゃないんだね」

二乃「これが最後だなんて言わないで、三玖に謝りましょう。きっと前より仲良くなれるわ。私たちにしては珍しく同じ好きなものを話せるんだもの」

泣き笑いする二乃と一花。

〜一花回想〜

子供時代の一花「今日ね!すっごく面白い男の子に会ったんだ!それから一緒にこのお守り買ったんだ。その子今も大広間にいるんだって」

子供時代の風太郎「あ、よっ!来てくれたのか。1人で退屈してたところだ。何かしようぜ」

子供時代の一花「じゃ、じゃあ七並べ!」

一花(ほんの少しの…わずかな間だったけど…きっとあの時間があったから、君を好きになったんだ。フータロー君、もう信じてくれないだろうけど…あれだけは…あの思い出だけは嘘じゃないんだよ)

風太郎が子供の頃に会った、姉妹のうちの1人は本当に一花だった…

次号(25号)に続く…!

スポンサーリンク

五等分の花嫁85話までを無料で読む

ということで、五等分の花嫁85話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、五等分の花嫁85話を含めた週刊少年マガジン2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

五等分の花嫁85話までの感想・考察

前話でタイミングよく色々なことが起きていましたが、三玖以外の姉妹たちがサポート役に徹していたんですね!

一花は三玖への罪滅ぼしのつもりでサポートし始めていましたが…

さすが五つ子といった連携プレーでしたね〜

このサポート役に徹することで、二乃自身も三玖の邪魔をしてしまい…

今まで一番一花を責めていた二乃でしたが、タイミング違ったら自分が一花の立場であったのではないか?と言うことに気がついていました。

そして本当に仲直りを…

やっと姉妹たちの間のギスギスしいた雰囲気がなくなりましたね‼︎

それにしても五月は何を想定して、替えの下着1セット持っていたんでしょうねww気になりますww

姉妹たちのサポートがあったおかげで、風太郎と2人きりになれて良い雰囲気になることができた三玖。

そして風太郎へ”好き”という気持ちを伝えることができた三玖。

ですが、幼少期に風太郎と出会っていたのは三玖ではなくて一花で…

もう信じられないと風太郎に言われてしまった一花でした、幼少期時代の風太郎との思い出を思い出し…

一花の涙はいつ見ても心が苦しくなりますね…

一体姉妹の誰の恋心が成就するんでしょうか⁈

これから先も姉妹たちと風太郎から目が離せませんねっ‼︎

五等分の花嫁85話についてのまとめ!

五等分の花嫁85話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、五等分の花嫁85話を含めた週刊少年マガジン2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です