【フェイクニュース】謎の男役の光石研はどんな人? 出演ドラマもチェック!

【フェイクニュース】にて光石研さんが出演しています!

俳優として有名な方で、光石研は名バイプレイヤーとして日本映画界に欠かせない存在。

出演作は映画だけでも150本以上となっています!

謎の男役の光石研さんがどのような人物であるのか紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

光石研ってどんな人?

光石研のプロフィール

名前:光石 研(みついし けん)
生年月日:1961年9月26日
出身地:福岡県八幡市
身長:173㎝
血液型:A型
職業:俳優
ジャンル:ドラマ、映画
活動期間:1978年
事務所:純牛倶楽部

光石研の経歴

16歳の時に映画のエキストラのオーディションを受けたところ主役に抜擢されて、いきなり華々しいデビューを飾っています!

オーディションでいきなり主役を務めることになったなんて、演技力も独特の雰囲気も高く評価されたんですね!

高校時代は学業優先だったようで多くの作品に出演してませんが、高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

ほとんどが脇役での出演ですが、様々な役をこなせる安定している俳優さんと言われています!

光石研の出演ドラマ

ドラマ『バイプレイヤーズ』

~あらすじ~
『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』はテレビ東京系列のドラマ24枠で、放送されたテレビドラマで 主演は遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研の6人が出演していました。

ドラマ『アイムホーム』

~あらすじ~
木村拓哉が、記憶を失った父親役を演じるホームドラマ。妻(上戸彩)と息子が仮面をかぶったように見える一方、離婚した前妻と娘への愛着に気付き、過去の自分を探るため、旅に出るストーリーに出演していました。

ドラマ『ど根性ガエル』

~あらすじ~
吉沢やすみ氏の同名コメディー漫画を初めて実写化で中学生時代の“平面ガエル”ピョン吉との出会いから16年が経ち、30歳になったひろしのダメ男ながら平凡な生活を送っているストーリーのひろしの兄貴分として光石さんが出演しました。

スポンサーリンク

謎の男ってどんな役?

誰もが個人で情報発信できる時代で始まりは中年男性がSNSに投稿したつぶやき、嘘か真か、その投稿がきっかけとなり、フェイクニュースが飛び交う。

誰が何の目的でフェイクニュースを作っているのか、人々はどんどん感情的になり、事態が思わぬ方向へと拡大していく中、ネットメディアの女性記者が事実を追い求め、孤軍奮闘します。

誰もが何を信じていいのかわからない時代に、どう立ち向かっていくかという、社会派エンターテイメントドラマとなっています!

光石研さんは、SNSに青虫混入の投稿をした謎の男役でした。

世間の口コミや評判

いつ見ても渋くてチャーミング!

歳を重ねる毎に魅力を増していく光石さん!

出演してるドラマや映画の宣伝ではファンの方は毎回楽しみにしてる声がよせられていました!!

まとめ

ここでは【フェイクニュース】にて謎の男を演じる光石研さんについてまとめてみました。

ここまで数えきれないほどの作品に出演していますが、名脇役とも呼ばれる俳優なので、末永い活躍を期待しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です