【フェイクニュース】網島史人役の矢本悠馬はどんな人? 出演ドラマもチェック!!

【フェイクニュース】にて網島史人役で矢本悠馬さんが出演しています!

最近、ドラマやCMなどでみかけ、ほとんどが脇役としての出演ですが、高い演技力で作品を盛り上げています!

自然すぎる演技が評価されているようです!

矢本悠馬さんがどのような人物であるのか紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

矢本悠馬ってどんな人?

矢本悠馬のプロフィール

名前:矢本悠馬(やもと ゆうま)
生年月日:1990年8月31日
出身地:京都府
身長:161㎝
血液型:AB型
職業:俳優
ジャンル:ドラマ、映画、舞台
活動期間:2011年
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

矢本悠馬の経歴

中学1年生の頃に子役として活動を開始してNHKの朝ドラにも起用されましたが、中学2年生以降は学業を優先して芸能活動を休止しています。

中学時代はサッカー部や卓球部に入部して、スポーツにも打ち込み 高校ではテニス部に所属しており、レギュラーとして活躍していました!

沢山のスポーツを経験していて、運動神経がいいんですね!!

同校を卒業後に宮藤官九郎さんや阿部サダヲさんらの劇団「大人計画」に研究生として入団しましたが、1年後に他の研究生らと劇団を立ち上げたため退団しました。

以降は俳優として順調にキャリアを重ねて、NHKの朝ドラに再登板後は、連続ドラマの人気作や映画に主要キャストとして多く起用されています。

出演作品はほぼヒット作品ですよ!!

矢本悠馬の出演ドラマ

ドラマ『てるてる家族』

杉浦太陽の子供時代の役で出演。

昭和40年代、大阪の池田市を舞台に製パン店を営む父と母、その4人の娘、祖母の一家を描いたこの作品は昭和歌謡をふんだんに盛り込み、「踊る朝ドラ」として人気を博しました。

ドラマ『花子とアン』

本作ではヒロインの幼なじみ役を演じ、お金持ちのぼんぼんでお調子者、小憎らしいけどどこか憎めない、そんなキャラクターを演じました。

ドラマ『ゆとり世代』

出演者は岡田正輝、松坂桃李、柳楽優弥のイケメン3人とヒロインに安藤サクラという異色の組合せで、矢本は居酒屋のバイト店員、中森役として出演しました。

スポンサーリンク

網島史人ってどんな役?

誰もが個人で情報発信できる時代で始まりは中年男性がSNSに投稿したつぶやき、嘘か真か、その投稿がきっかけとなり、フェイクニュースが飛び交います。

誰が何の目的でフェイクニュースを作っているのか、人々はどんどん感情的になり、事態が思わぬ方向へと拡大していく中、「イーストポスト」に出向してきたネットメディアの女性記者東雲樹が事実を追い求め、孤軍奮闘する。

誰もが何を信じていいのかわからない時代に、どう立ち向かっていくかという、社会派エンターテイメントドラマとなっており、網島史人さんは樹の同僚役の若手記者の役になります。

世間の口コミや評判

・「矢本悠馬は低身長で性格もかわいい!」

・「矢本さんは“かわいい”と女性から人気が出ているようです。」

・「低身長で童顔という点が女心をくすぐっているみたいですね!」

まとめ

ここでは【フェイクニュース】網島史人役の矢本悠馬さんについてまとめてみました。

いわゆるイケメンではないですが、それ以上に愛されキャラであり、演技もうまいですよね!!

今後も、多くのドラマやCM、映画などで活躍に期待したいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です