酔うと化け物になる父がつらいのあらすじは?ネタバレ最後や結末が気になる!

「酔うと化け物になる父がつらい」は、酒に溺れる父に振り回され、

さらにDV彼氏にまで追いつめられるという、作者の実体験が描かれ、大反響を呼んだエッセイ漫画です!

温かみのある絵で描かれている反面、内容は衝撃的なものとなっています。

そんな本作ですが、松本穂香&渋川清彦のW主演で映画化も決定し、ますます注目が集まる作品となっています^^

ということで今回は、エッセイ漫画「酔うと化け物になる父がつらい」について

  • あらすじは?
  • ネタバレ最後やラスト結末が気になる!
  • ネットの感想は?

などについて見ていきたいと思います!

それではどうぞお読みください♪

スポンサーリンク

「酔うと化け物になる父がつらい」のネタバレ!

大人気エッセイ漫画「酔うと化け物になる父がつらい」

“あらすじ”や気になる“ネタバレ”についてチェックしていきましょう^^

ネタバレが含まれますので、作品で楽しみたい方、ご注意ください!

あらすじは?

日々アルコールに溺れ、自宅で麻雀三昧の父親と、新興宗教の信者の母親。
そんな両親をもつ主人公が、父の奇癖と、母の孤独に触れながら、崩壊していく家族の中で、
未来を見つけよう必死に生きていく姿が描かれています。

アルコール依存に限らず、家族の在り方について、考えさせられると話題の作品です!
家族について悩んだことある方、必見です!

ネタバレ最後やラスト結末が気になる!

普段は口数が少なく気が小さいのに、お酒が入ると人が変わったようになる父。
母は、新興宗教を心の支えにして、ひたすら耐える生活を送っていましたが、
作者が中学2年生になる頃、自ら命を絶ってしまうという悲しい最期を迎えてしまいます。

母を亡くした父は、お酒を辞めるが、1カ月もたたずに酒に溺れる生活を再開してしまいます。
作者は、「それでも親なのか」と父を責めるようにもなります。
そしてある日、母の日記をみつけ、日記には自分が父には望まれない命であったことが記されていました。

作者の必死の呼びかけにもかかわらず、お酒をやめず、化け物でありつづける父。
家を飛び出すこともできたが、それでも、暴言に暴言で返し、時には手をあげることさえあっても、父を捨てられない作者。

そして作者が24歳の時に出会ったのが、同い年の彼氏、太一でした。
その太一ですが、マザコン・束縛・DVの恐ろしい一面を持っていたのです。
太一のひどい束縛、暴力、暴言に振り回され、もはや父の言動の方がマシだとも感じてしまいます。。

長年、アルコールを飲み続けてきた父が、ついに病魔に襲われてしまいます。
痩せこけ、咳が止まらない父、存在を無視して生活していた作者は父の変化に気が付いていませんでした。
弱った父と作者、親子の関係はどうなっていくのか気になりますね・・!!

ネットの感想は?

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

アルコール依存症、家族、多くのことを考えさせられる作品となっているようですね。
自分の飲酒の見直すきっかけになっている方もいるようです!
そして、アルコール依存症の怖さを教えてくれる作品でもあります。

「酔うと化け物になる父がつらい」ネタバレにまとめ!

ということで今回は、「酔うと化け物になる父がつらい」について調べてみましたが、いかがだったでしょうか??^^

  • 「酔うと化け物になる父がつらい」は、作者の実体験
  • アルコール依存症、家族について考えさせられる作品
  • 実写映画化の決定

映画化が決定されており、非常に楽しみですね☆彡

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

どうぞ他の記事もごゆっくりお楽しみください^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です