Dr.STONEネタバレ105話(最新話)!考察や感想も!【島一の美少女】

 Dr.STONEの最新話105話は2019年5月20日の週刊少年ジャンプ2019年25号に連載されております!

ここでは、Dr.STONEの最新話である105話「島一の美少女」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもDr.STONE 105話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

Dr.STONE105話までのあらすじ

前回のお話はプラチナをゲットするために宝島に上陸した千空たち4人。
上陸したとたん謎の光によって船に残った仲間たちが石化してしまう。
科学を駆使して敵か味方かわからない島の住民を追いかけると、そこには3人の男たちから求婚をされている女性が…。
今回はどんなお話になるのでしょうか。

人物紹介

石神 千空:この物語の主人公。謎の光により石化している間、秒数を数えて暦を把握するなどの強い意志の持ち主。石化したすべての人類を救うべく仲間たちと得意の科学を用いて原因究明に奮闘していく。

コハク:千空の父親を含めた6人の宇宙飛行士たちの子孫とされる石神村の村民の一人。村一番の戦闘力を誇る。戦闘要員として千空たちと行動を共にする。

あさぎり ゲン:マジシャン兼メンタリスト。人類を選定しようとした司が石化から復活させる。頭脳戦にたけており、交渉術などを駆使して千空に協力している。

ソユーズ:千空たちの船に乗る唯一の宝島の現地人。宝島を出る際に記憶をなくしてしまい、石神島に流れ着く。宝島を目指すとともに少しずつ記憶が戻りつつある。

Dr.STONE105話「島一の美少女」のネタバレ

謎の美少女

謎の美少女を見つける千空たち。
ゲン「あの娘(こ)を口説いて仲間にするー。」
千空「あ゛ぁ、現状唯一の手がかりだからな。」
  「プラチナの場所さえ聞き出せりゃ、石化なんざ全員解きたい放題だ!」
ゲン「難易度高そ~。」
  「また、引くほど美人ちゃんだし、ジーマーで。」
  「メンタリストの腕の見せ所じゃない。」
  「とかなんとか思ってたら…。」
美少女に詰め寄る3人の男。
3人の男「結婚してください!!!」
ゲン「なんか先客いるんですけど。」
  「口説いてる…。」
  「3人も。」
3人の男の顔を見てみると、1人はイケメン、1人は強そう、1人は漁がうまそうだった。
千空「とりま、結果待ってから動くか。」
コハク「ああ、この者らの人間性も探れそうだしな。」
   「結果だけは見よう!」
ゲン「なんでちょびっとわくわくしてんの。」
美少女「あの、あのどうしよう。」
   「心臓バクバクでもう私…ヘンなこと言ってるかも。」
   「すっごい嬉しいです。」
   「ホントに…私なんかに皆さん…。」
強そうな男と漁がうまそうな男は心臓をドズッキューンと射抜かれる。
イケメンの男「私[なんか]じゃないよアマリリス!」
      「君はこの島で一番美しいっ!!」
ここで美少女の名前がアマリリスということが分かる。

美少女の思惑は!?

ソユーズの心臓がドズキューンと射抜かれる。
その音に耳をふさぐ千空とコハク。
ゲン「ひょっとしてめちゃめちゃ純情少年な人?ソユーズちゃんて。」
アマリリスは持っていた貝を指でつつき、貝からピュッと出た水を自分の目に当て涙を流すふりをする。
アマリリス「でも私は。」
     「明日にもお迎えが来て頭首様の後宮に嫁ぐ運命なんです。」
     「分かっているでしょう?」
     「頭首様に逆らえば、皆、どんな姿にさせられるか---。」
千空たち「!!!」
3人の男たち「だからこそ我々は!」
      「この最後の日に想いを伝えたかったのだ!!」
      「ダメかぁああやっぱ。」
      「……。」
3人の男たちは泣きながら走り去っていく。
千空「ククク。」
  「あの女尾(つ)けて大正解。100億点満点だ。」
  「とっととチラ見えしてきたじゃねえか。」
  「俺らの倒す悪の親玉がよ…!!
ゲン「アマリリスちゃんだっけ?あの美少女ちゃん。」
  「これもしかしたら俺らと敵一緒だね~。」
  「宝箱の場所に心当たりあれば協力してくれるかも!」
  「こういうのって第一印象で9割決まっちゃうから最初の挨拶は慎重に…。」
いきなりアマリリスに話しかける千空。
千空「宝箱(ソユーズ)はどこだ?」
残されたゲンたちは茂みの陰からびっくりする。
ゲン「ド直球すぎる!!!」
あきれるコハク。
コハク「いつものことだ。千空の。」
   「効率しか考えていないからな。」
   「ハ!問題あるまい。」
   「今は刹那でも早く石化した船の皆を救いたいのだからな。」
刀を構えるコハク。
コハク「いざとなればこの刀で喉元に情報を引きずり出すでもある!」
ゲン「仲間のためならそゆとこ、ジーマーで躊躇ゼロよね。コハクちゃん。」
アマリリス「……。誰???」
アマリリス心の声「全員初めて見る。」
        「てことは後宮の人?」
アマリリス「頭首様のお迎えですか!?」
     「明日のはずじゃ…。」
ゲン「頭首様…?」
ゲンは小声でソユーズに話しかける。
ゲン「なんか思い出せる?ソユーズちゃん。」
考えるソユーズ。
茂みの中で考え込んでいるソユーズを見つけるアマリリス。
アマリリス「貴方(あなた)が頭首様――。」
急にソユーズにガバッと抱きつく。
アマリリス「大好きです!!!」
     「力強さと、包み込むような優しい瞳。」
     「わ…私、一目見た時から、貴方(あなた)のことが…。」
ソユーズは顔を真っ赤にして「ガガチーン」と体が固まり倒れてしまう。
コハク「ソユーズ!?」
ゲン「石化した!??」
ソユーズが落ち着くのをしばらく待つ一同。
アマリリス「頭首様じゃない??」
ソユーズ「う…うん、ゴメン。」
アマリリス「一番面影あったから。」
     「他のお三方はこの島の人じゃないみたいで…。」
コハク「頭首?長のことか?」
   「敢えて言うならこっちの男が私たちの頭首だな。」
コハクは千空のことを指す。
それを聞くや否やアマリリスは千空に「ガバァ」っと抱きつく。
無反応の千空。
アマリリス「力強-ってでもなくてえっと。」
     「包みこむような優し―くもなくて悪そうだけど…。」
     「知性的な瞳!」
     「私一目見た時から貴方(あなた)のことが…。」
千空「あ゛――、分かった、分かった。」
  「んで宝箱どこだ。」
コハク「雑だなどっちも!!」
アマリリス心の声「効かない!?」
        「この私の無敵の攻撃が。」
        「ある!?そんなことって。」
        「こんなにもかわいいのに!!」
ショックを受けるアマリリス。
ゲン「千空ちゃんにその手の攻撃は無理(りーむー)よ。文明復活まで。」
「俺には今すぐ効くけどね~。」
ゲンはへらへらしながら続けて…。
ゲン「今、思い出しちゃった。」
「頭首様俺だった~。」
はっと気づくアマリリス。
アマリリス「あはは。一瞬信じちゃいそうになっちゃった…。」
コハク「ハ!そんなに抱きつかれたいのなら私がしてやろうか?」
ゲンの顔は一瞬で青ざめる。
ゲン「遠慮しとく。」
  「全身折れちゃうから。ジーマーで。」
アマリリス「頭首様のお迎えじゃないの?」
     「じゃあどこの集落の…。」
その時、遠くの方でたくさんの人たちの「オオオオオオ」という声が聞こえる。
アマリリス「……。まさか…。」
アマリリスは急に走り出す。
ゲン「何、今の叫び声…!?」
コハク「どこへ行くのだアマリリス!!」
アマリリス「私の集落!!」

集落から出てくる男たちを…

血気盛んな男たちがどこかへ向かって集落から出てくる。
イケメンの男「もう倒すしかないんだよっ。」
強そうな男「頭首様―。じゃない頭首の野郎を!!」
集落の女たち「暴動だ―。」
      「あいつらアマリリスとられっからってヤケになってやがんだ!」
      「無駄だ、何人束になろうと関係ない。」
      「一瞬でこの集落の全員が、石にされるぞ……!!
アマリリス「どうしよう…!!!」
コハク「私が全員斬って止める。」
   「それしかあるまい!!」
ゲン「終わりでしょ。」
  「そんなんしたら、もう誰も味方になってくんなくなっちゃうし!!」
コハク「ならばどうするのだ!!」
千空はゲンが背負っている機械に何かの薬品をセットする。
千空「科学の鎮圧装備。」
  「クロロアセトン。」
  「ククク、分かりやすく言や、催涙弾だ……!!
催涙弾を男たちに吹きかける千空たち。
催涙弾を浴びた男たちはあっという間に倒れてしまう。
千空たちはいざというときのために催涙ガスを手に入れていたのだ!!
集落の女「何が起きた、今の煙!?」
長老らしき老人「どこの集落の者か知らんが、ともかく奴らを抑えてくれてありがとう…!」
アマリリス「すごい…。」
     「妖術!?」
     「何者なの、貴方(あなた)たち…??」
アマリリスはコハクが「今は刹那でも早く石化した船の皆を救いたいのだからな。」と言っているのを思い返す。
アマリリス「私ね。」
     「石化光線の秘密を知ってるの。」
     「可愛くして頭首の後宮に潜り込めばきっと倒せるチャンスがある。」
     「決めたの。皆を助けるために!」
     「島一の美少女になってやるって!!」
     「貴方(あなた)たちの力がほしい。」
     「一緒に闘って……!!!
島一の美少女アマリリスが仲間になった!!!

スポンサーリンク

Dr.STONE105話までを無料で読む

ということで、Dr.STONE105話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、Dr.STONE105話を含めた週刊少年ジャンプ2019年25号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

Dr.STONE105話の感想・考察

島一の美少女アマリリスは石化におびえる集落のために頭首を倒すべくひそかにチャンスをうかがっていたのですね。
千空たちの科学の力を目の当たりにして、協力を仰いできます。
果たして千空は頭首討伐に立ち上がるのでしょうか?
それとも…。
今回も気になるところで引きとなる終わり方でしたね。
次回が待ち遠しくて仕方ありません。

Dr.STONE105話についてのまとめ!

Dr.STONE105話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、Dr.STONE105話を含めた週刊少年ジャンプ2019年25号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です