Dr.STONEネタバレ104話(最新話)!考察や感想も!【科捜研の男たち】

Dr.STONEの最新話104話は2019年5月13日の週刊少年ジャンプ2019年24号に連載されております!

ここでは、Dr.STONEの最新話である104話「科捜研の男たち」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもDr.STONE 104話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

Dr.STONE104話までのあらすじ

プラチナを求めて宝島にたどり着いた千空たち。
偵察隊として千空、コハク、ゲン、そして原地民のソユーズの4人は宝島に上陸する。
上陸した直後、謎の光が船を襲う。
気づいた偵察隊が船の方を確認すると船の仲間たちが石化している。

Dr.STONE104話「科捜研の男たち」のネタバレ

取り残された4人は…

船の中の仲間たちが全員石化しているのを確認するゲン。
すぐに千空に報告する。
真剣な顔になる千空。
船に向かって走り出すコハク。
コハクの足には紐が結ばれており、逆の紐の先を手首に結んでいたゲンが激しく地面に倒れる。
ゲン「絶対そう来ると思った。コハクちゃんって聞くなり突撃しちゃうでしょ。」
ソユーズ「いつの間にロープ…。」
千空「いーい仕事してんじゃねぇか、インチキマジシャン。」
コハク「なぜ止めるのだ。すぐに皆を救出に行けねば!!」
ゲン「船の全員でもやられちゃってんのよ!?今俺ら4人だけであわてて駆けつけたってそこに敵がいたら全員石化。」
  「はい、ゲームオーバー。じゃない!」
ソユーズ「ダ…。ダメだ。近づいちゃ。」
    「船のみんなが石化したのを見て浮かんだんだ。トラウマみたいのが。」
    「赤ん坊の俺が島を出た時ー。」
    「逃げてたんだ。ヒトを石化させる…。何かから!」
    「ぜ…全部覚えてなくてごめん。一度見てるはずなのに。」
コハク「赤子の頃の話だろう!?」
ゲン「むしろちょっとでも記憶あるのゴイスーすぎるでしょ…。」
千空「いーや。値千金の大ヒントだ。やるじゃねぇかソユーズ、テメー。」
  「つまり今、この宝島には俺ら科学王国を全員石化させようっつう敵勢力とー。」
  「その石化から逃げようっつう見方勢力がいる!!」
ソユーズとコハク「!!!」
森のなかでカシャカシャと籠に入った貝を運ぶ人影が…。
コハク「この島を知る住民を一人でも味方につければ、宝箱の場所を聞き出せるかもしれん。」
   「そうすれば船の皆も世界人類も全員を復活させられるぞ…!!!」
地面に落ちた貝を見つける千空たち。
ゲン「人の痕跡っぽいねー。この貝たしかに。」
コハク「ああ。死んだ貝や食べづらい貝だけを選んで捨てている。ハエがたかってきたな。」
千空「敵か味方かわかりゃしねぇがな、宝箱どこだって島中アホみたくほっつき歩くよか100億倍早ぇショートカットだ。」
  「こいつを探すぞ!!!」

科学捜査開始!

千空「急ぎゃ今なら追える。立ち去ってからまだ30分と経っちゃいねぇ。」
ゲンとソユーズ「!!!」
コハク「なぜ分かるのだ。そんなことが!?」
ハエを指さす千空。
千空「キンバエには16㎞圏内の死臭を嗅ぎ取る超絶チート能力がある。その島のサイズならご到着までソッコーのはずだ。」
  「それが今集まってきたっつうことは、貝がポイされてからせいぜいまだ10分20分ー。」
ゲンとコハクとソユーズ「…!!!」
千空「ククク、こっからは一歩一歩アホほど地道な…。」
  「科捜研のヒーロータイムだ。」
  「科学が容疑者の居所を教えてくれる…!!」
ビンの蓋を開ける千空。
ゲン「それって司ちゃんの手術の時使った…。
千空「接着剤。シアノアクリレートな。」
接着剤を鍋に入れ、沸騰させる。
沸騰させた蒸気を貝に当てる。
千空「熱で貝に吹きつけて、ブラックライトで照らしゃ、証拠が光って浮かんでくる。」
ブラックライトで貝を照らす。
ボァっと何かが浮かんでくる。
ゲン「!!指紋…!!」
コハク「触れた指の跡が見えるのか!?何者かがー。」
千空「形で類推できるな。」
  「女。中肉。中背。」
ゲン「接着剤でわかるんだ。ゴイスーね科学デカ。」
千空「アホみたく感心してねえでプロファイリングでもしてろ。テメーの仕事だ。メンタルデカ。」
ゲン「メンタルデカ!俺のこと??」
  「メンタリストは超能力じゃないからねー。全部仮説よ??」
茂みに入っていくゲン。
ゲン「容疑者は”若い女”。」
  「ベテランの年長者ならいらない貝は最初っから拾わないでしょ。バテちゃうし。」
  「集めてから吟味ってプレイイングには効率良くサボりたい中高年の空気がないの!」
  「浜辺から少し歩いた後で、貝を取捨選択してる。そこそこ大荷物だったってことかもねー。」
  「じゃあ、当然。茂みでかがんだり手で避けたりし辛いよね?」
  「若い女子の中肉中背。160㎝くらい?」
  「この辺の高さで進んでく。と…。」
  「あい。ピィンポーーン。見-つけた。若い女子の髪。」
茂みをくまなく探す千空たち。
見つけた髪を試験管に入れる。
千空「証拠品の毛髪を、遠心分離器にかける!」
ゲン「え…。えんしんぶんりき…?そんなものどこに??」
千空「ここに。」
試験管を紐で結んだ筒に入れ込み思い切りコハクが振り回す。
千空「人力の遠心力で成分ごとに層を分けて調べる。特に見てえのが花粉の層だ。」
ゲン「これはー。」
バーンっと顕微鏡を出す千空。
千空「旋盤のレベルアップ様々だな。こんくらいは作れる。」
以前に顕微鏡をカセキに作ってもらっていた。
顕微鏡をのぞき込む千空。
顕微鏡からユリの花粉を見つける。
千空「ユリは沿岸には生えねえ。つまりは容疑者は内陸の山を生活圏にしてる!!」
コハク「ハ!すさまじいな。科学捜査とは。一見何もないところから追い詰めてゆく。」
   「千空とゲン。君らが組んだ追跡からは誰一人逃げられなそうだ…!」
ゲン「あとは簡単ね。この進行ルートを山方向にひたすら伸ばせばー。」
コハク「そこまで分かれば後は私の戦場だ!!スピードと視力で戦えるなら逃がしはしない…!!」

千空たちの追跡がはじまる!

コハクは素早く高い木に登り追いかけていく。
千空、ゲン、ソユーズもそれに息を上げながらついていく。
「しーっ。」と千空たちに合図を送るコハク。
女の後姿を捉える。
コハク心の「あれが、私たち石神村と分家した人類最後の生き残り。」
     「敵か!?味方か!?」
ソユーズ心の声「お…。思い出すんだ。少しでも何か。」
ゲン心の声「船の皆を石化させた犯人の可能性だってあるからね。」
コハク、ソユーズ、ゲンの心臓が高鳴る。
千空「ククク。どっちにせよ、接触して情報引き出すっきゃ手はねぇんだ。」
千空たちの心の声「辿り着いたぞ。科学の力で。人類全員復活の鍵。宝島の住人に…!!」
何かに気づく謎の女。
謎の女に花をもって詰め寄る謎の男3人。」
謎の男3人声をそろえて「僕と、俺と、私と…。結婚してください!!!」
千空とゲン心の声「ん??どういう状況…??」
ソユーズ「かわいい…。」
コハク「と…。ともかく辿り着いたぞ!!」

Dr.STONE104話までを無料で読む

ということで、Dr.STONE104話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、Dr.STONE104話を含めた週刊2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

Dr.STONE104話の感想・考察

前回、仲間が石化してしまい、絶体絶命の千空たち。
科学の力で原因を突き詰めていく。
そして辿り着いた一筋の光。
しかし、最後に謎の求婚といった締めで今回は終わりましたね。
ハイスピードな展開で今後のストーリーもどのようになっていくのかとても気になる引きとなりました。
次回はどのようになるのでしょうか。
果たして謎の女、求婚した男性3人は味方なのか、それとも敵なのか。

Dr.STONE104話についてのまとめ!

Dr.STONE104話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、Dr.STONE104を含めた週刊2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA