【ドロ刑】で宝塚瑤子役を演じる江口のりこってどんな人?出演ドラマもチェック!

ドラマ【ドロ刑】に、女優の江口のりこさんが出演されています!

役柄、ギャンブルが好きで毎日のようにお酒を飲んでいるけれど、仕事になると変装の達人と言われる刑事です!

ここでは【ドロ刑】で宝塚瑤子役を演じる江口のりこさんについて、まとめてみました!

スポンサーリンク

江口のりこってどんな人?

ここでは、江口のりこさんがどのような人物であるのかを紹介していきたいと思います。

江口のりこのプロフィール

本名・別名義:野口徳子
生年月日:1980年4月28日
出身地:兵庫県
身長:170cm
血液型:O型
職業:女優
特技:ピアノ、中距離走
所属劇団:劇団東京乾電池
所属事務所:ノックアウト

江口のりこの経歴

中学卒業後、高校へは進学せずにアルバイトを始めます。

神戸市内の映画館の足しげく通ううちに、映画女優を志すようになったそうです!

「劇団に入れば映画に出演できる!」と考え、上京します。

ファンだった岩松了さんが所属していた“劇団東京乾電池”のオーディションを受けます。

1999年に劇団東京乾電池の研究生となり、2000年に同劇団に入団します!

上京したばかりの頃は、所持金が2万円しかなかったそうで、すぐに住み込みで新聞配達の仕事を始めたんだそうですよ!^^

無表情でクールな役柄が多い江口のりこさんですが、コミカルな役など表情豊かな役柄も数多くこなしているんですよ!!

江口のりこの出演ドラマ

ここでは、江口のりこさんが出演した主なドラマと役柄を紹介します!

「コウノドリ」シリーズ

綾野剛さん演じる鴻鳥サクラが勤務する、ペルソナ総合医療センターで“メディカルソーシャルワーカー(MSW)”をしている向井祥子を江口のりこさんが演じています。

鴻鳥や小松留美子(吉田羊)、下屋加江(松岡茉優)ら産科メンバーと仲が良く、一緒にお昼を食べたりもしています。

いつも明るく、仕事は的確で患者さん思いなMSWさんです!

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」シリーズ

石原さとみさん演じる河野悦子が配属された、景凡社校閲部に所属する東大卒の先輩校閲者を演じています。

無表情であることが多く、自分に対しても他人に対しても厳しい!

真面目で正確な仕事をする人です!

見た目からもきつそうな感じがしますよね…

スポンサーリンク

2017年7月から9月「ウチの夫は仕事ができない」

錦戸亮さん演じる小林司の姉・小林みどりを演じています。

バツイチ子なしのみどりは、ある日弟夫婦の家へ押し掛けしばらく居候すると言います。

かなり図々しい性格でデリカシーがなく、さらに空気は読まない為、弟夫婦には疎まれています…。

司の妻・沙也加(松岡茉優)の妊娠にはいち早く気が付く観察力(?)があります!

弟の職場の後輩である田所(薮宏太)と付き合い始め同棲し、その後結婚します!^^

宝塚瑤子ってどんな役?

変幻自在で変装が得意な13係の女性刑事。

どんな場所にも馴染むことが出来るレパートリーを持っています!

斑目(中島健人)の教育係でもあります。

ですが一緒に張り込んでいても、すぐに自分だけサボろうとしてしまいます^^;

ギャンブルなど勝負事が大好きで、「刑事は人脈が大事」と言いながら、夜な夜な飲みに出かける女性です!(笑)

まとめ

ここでは、【ドロ刑】で宝塚瑤子役を演じる江口のりこさんについて、まとめてみました!

これまで“仕事の出来る女性”を演じることが多かった江口のりこさんですが、宝塚瑤子も仕事が出来る人っぽい感じがしますよね!!

大好きなギャンブルとお酒が仇とならなければいいですけど…^^;

新設されたばかりの捜査第三課13係。

他のメンバーと上手く連携を取って、事件解決に導けるのか?!

今後の展開から目が離せませんね!^^

ドラマ『ドロ刑』を今すぐ見たい方はコチラ!↓↓

コチラの関連記事もどうぞ!↓↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です