ドメスティックな彼女ネタバレ246話(最新話)!考察や感想も!【どんな答えを】

ドメスティックな彼女の最新話246話は2019年10月2日の週刊少年マガジン2019年44号に連載されております!

ここでは、ドメスティックな彼女の最新話である246話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもドメスティックな彼女246話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女246話のネタバレ

自分の答えもでていないのに

ヒナからのニューヨーク土産を渡されて、一緒に居酒屋で飲んだ帰り道、公園で涼んでいたナツオ。

自分に対する彼女の気持ちを問いかけてしまう。

まだ自分の中の答えに辿り着いていなのに、柊からヒナが自分を好きなのを確かめてどうするのか。

逡巡するナツオにヒナは、気持ちの読み取れない笑顔で問い返した。

「なんて言って欲しいの?」と。

やはり答えられないナツオは黙り込む。

代わりに当ててあげようかと言うヒナをナツオは止める。

「俺の方が聞く準備できてなかった」と己の愚かさを恥じるように視線を逸らすナツオだった。

そんな彼をヒナは、公演が近づいてナーバズになっているのかもしれないと労わり、風を感じてリフレッシュしろと、滑り台の上に誘う。

差し伸べられた彼女の手を取り、改めてナツオは考える。

『俺は どういう応えを望んでいたんだろう』

 

役者としてのスタート

翌週、ついに9月の新人公演、『魔王の国と光の樹』が始まった。

長い黒髪、大きな角、骸骨の彫刻が手すりに付いた大きな椅子に堂々と座る魔王役のナツオは、かなりそれが板についている。

魔王に反旗を翻す魔王の側近の芹沢も相変わらずの好演だった。

『自分の道は 自分自身が照らさなくてはならない』とどこか象徴的なセリフを口にした彼女。

…初日の公演は好評のうちに終わる。

 

会場にはサークルの先輩や、友人たちが駆け付けてくれていた。

役者に転向したナツオを元部長の先輩は「なかなかさまになっていた」とほめてくれる。

友人たちはナツオの演技が思っていた以上だったため、実は友情も演技ではないかと疑ってくる始末だった。

さらに、桐谷先生と蔦谷さんまで駆け付けてくれており、ナツオは嬉しい驚きを隠せない。

桐谷先生はナツオが筆を折ったことを残念に思い、一読者として彼の文章が好きなのだと語ってくれた……。

 

どうでもいい人じゃないから

サークルの打ち上げは今日はないと知ると、アルがみんなで食事をして帰ろうと誘ってくた。

「俳優デビューおめでとー!」と杯が上がる。

魔王役にというより、その姿に惚れたらしいミューはしきりにナツオを褒めるが、いつのまにか流れがルイの話に向いた。

どこかで彼ら、友達には伝えないといけないと思っていたナツオは、ルイと別れてしまったことを告げる。
驚く者もいたが、恋人同士等、当事者しか分からないことがあるものだからと納得された。

楽しすぎた食事会のせいで、アルは終電を逃してしまい、ナツオの家に泊めてもらうことに。

自宅に着いたナツオは彼が、ルイから二人が別れた話を聞いていたにも関わらず、そっとしておいてくれたことを確認した。

…少しためらいながら、アルはナツオに問う。

「ルイちゃんはどうでもいい人になっちゃった?」と。

ナツオは少しだけ黙ったが、下を向いてためらいがちではあるが、ハッキリと答えた。

「完全にそうできてたら楽かもしれない」と。

その様子に、ナツオとルイのペアが好きだと言う彼は「ちょっと安心した」と告げて、ニューヨークでのルイの様子を話してくれた。

ルイは、ナツオのことを話すとき、彼からもらったネックレスを大事そうに握り締めていたのだ、と。

……深夜、眠るアルを邪魔しないように、ナツオはスマホを握り締めて外に出る。
「もしもし ルイ?お疲れ」

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女246話までを無料で読む

ということで、ドメスティックな彼女246話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ドメスティックな彼女246話を含めた週刊少年マガジン2019年44号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ドメスティックな彼女246話の感想・考察

あ~~~、ヘタレ男子の面目躍如ともいうべき夏生の悪い癖が発動しました!(゜ロ゜)

自分がまだ、ヒナに対しての気持ちの答えが出ていないのに、相手に問いかけると言う、“ずるい”行動。

しかし、さすがヒナ“姉”だけあって、大人の余裕で質問に質問で切り返しています。
少し笑顔で、冷静に問いかけるところが怖いのですが、多分あれは心の中はバクバク言っていることでしょう(苦笑)

なんとなく、来週もしくは次の週で、この同じシーンをヒナ視点で見せてくれる気がします。

さて、公演は無事済んだようで、おめでとうございます(笑)

読者は魔王役のナツオを前にも見ていますが、初めての友人たちには大好評でした~!

特に、ミューちゃん、萌え萌えしてる様が、ちょっと可愛いです(*´∀`)

さて、そんな中、ついにナツオはルイと別れたことを切り出しました。

その一方で、まだルイに気持ちがあることも事実だと、アルの前で認めています。

複雑なのは分かる…が、も~~~じれったい……。

ニューヨークでのルイの様子をアルから聞いてしまったナツオは電話で彼女に何を言うのか?!

読者のやきもきはまだまだ続きそうです(T▽T)

ドメスティックな彼女246話についてのまとめ!

ドメスティックな彼女246話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ドメスティックな彼女246話を含めた週刊少年マガジン2019年44号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください