ドメスティックな彼女ネタバレ248話(最新話)!考察や感想も!【先輩からのいじめ開始!追い込まれゆくルイ】

ドメスティックな彼女の最新話248話は2019年10月16日の週刊少年マガジン2019年46号に連載されております!

ここでは、ドメスティックな彼女の最新話である248話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女248話のネタバレ

開始されたベンの嫌がらせ

NYのイタリアンレストランで今日も仕事に精を出す瑠衣。
その彼女に、先輩ベンの悪意が迫りつつあった…。

今週のまかない当番は瑠衣とニックだ。

用意が出来たと瑠衣がスタッフに声をかけると、「昨日のリゾットも 美味かった」と他のスタッフに教える者もいる。

そんな一方で、ベンとつるむ悪友が、意味ありげに「まかないだってよ」とベンに知らせた。

鶏のカッチャトーラ(トマト煮)とツナとチーズのニョッキが本日のまかないだ。
「いい匂い」、「めっちゃ旨い」と言った称賛の声が響く中、ニョッキを作ったのが瑠衣だと知ったベンが動き出した。

 

「うわ!何だよコレ!」

そう言って、彼がニョッキの中から摘み上げたのは、ゴキブリの死骸だった…。

「俺の方にもはいってんぞ」と、別のスタッフが死骸の一部の入った料理をスプーンに載せる。

当然、他のスタッフは食事の手を止めて、大量のまかないの廃棄が出てしまった。

落ち込みながら、それを処理する瑠衣に同僚は慰めの声をかけるが、それを薄ら笑いを浮かべてベン達が見ていた…。

度重なる策略

閉店後の店では、ベンが瑠衣に新たな嫌がらせを開始していた。

冷凍庫いっぱいの海老を、明日のランチまでに下ごしらえのペースト状にしておけと言うのだ。
ランチの量としてはあまりに多い。

いぶかしんだ瑠衣が、一部で良くないかと問う瑠衣に、ベンは言葉巧みにそれは反抗の意思かと返す。

「ALL!」と彼は繰り返し告げて、瑠衣にすべて任せて帰っていった。

一人残された瑠衣は途方に暮れつつも、作業を開始するのだった。

 

朝になりチーフのダリオが出勤してきた。

暗い顔で未だ終わらぬ作業を続ける瑠衣に気が付き、すぐに声をかける彼だったが、その内容に驚いた。

冷凍エビを全部下ごしらえにする―――。

届いている海老は昼夜あわせて5日分のものだったのに、それを全てペースト状にするなどあり得ない。

「何かの間違いじゃ?」ダリオが問うその場に、ベンも出勤してきた。

ベンからの指示だしだと聞いたダリオが、確認すると、彼は「Four」(4箱)と「ALL」(全部)を間違えたんじゃないかと、悪びれずに瑠衣のミスを指摘した。

言い逃れ出来ず、瑠衣は謝り、下ごしらえしてしまった海老は、ホールに頭を下げて優先的に客に勧めるように頼めと告げるベン。

瑠衣はそれに従うしかない。

……そのあとは、ずっと皿洗いを言い渡された瑠衣だった。

壊れたネックレス・・・

翌日も、皿洗いを続ける瑠衣は、己のふがいなさに、『あたし何しにきてるんだろう』と生気の無い顔になっていく。

その様子をしっかりとベン達がとらえて、ほくそ笑んでいる…。

 

数日後、ベンから皿洗いも飽きただろうからと、団体客20人分のパスタの指示を出された。
それを一人でやれと言う無茶な要求だ。

作り方もまだ教わっていないのにと苦情を言うも、そんなものは「俺の仕事見てりゃわかる」はずだとにべもない。

ベンに凄まれ、始めた20人分のパスタ作りだが、上手くいくわけがなかった。

ホールからも厨房からも苦情が出始める。

上司がついに「パスタ場、どうなってる?!」と怒鳴られて、ベンも潮時と見て、「どけ役立たず」と瑠衣を押しのける。

数人のスタッフを使い、彼はなんなく通常のパスタを仕上げていった。

 

わきに追いやられて、泣きそうになる自分を鼓舞するため、夏生からもらったネックレスを握り締める瑠衣…。

それをベンは見逃さなかった。

彼女の首から引きちぎって、バアンと床に叩きつける!

それは転がり、ベンの仲間の足元に届き、気が付いた彼はグリッとそれを踏みつけた…。

「おっと悪い。わざとじゃないんだよ」

夏生からの送り物は、砕け散った…。

接合部が外れ、鎖は取れ、三日月の中で輝いていた星もはずれ……それをうつ向いて眺める瑠衣の目からは、ついに涙がこぼれだしていた……。

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女248話までを無料で読む

ということで、ドメスティックな彼女248話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ドメスティックな彼女248話を含めた週刊少年マガジン2019年46号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ドメスティックな彼女248話の感想・考察

今回、あえて言わせていただきますが、かなりムカつきます…瑠衣の先輩ベンに…(# ゚Д゚)

気に食わない人間がいるのは、それぞれ仕方ないことですが、それを排除するために、店の損失になる指示だしを立て続けにしています。

その時点で、彼が料理人かどうかよりも、組織の中で許されない行為をしています。
また、チーフのダリオも、結局のところ部下に目が届いていないってのは、怠慢と言わざるを得ない…(;`O´)o

本来なら、特定の人間が立て続けにミスをした時点で、例え本人の責だとしても、なぜそうなるのかは究明しておくべき立ち位置です。

…このレストラン…行きたくないと思ってしまいます。(゜ロ゜)

 

それはそれとして、瑠衣も無理なことは無理とチーフにでも言うべきだったと思います。

下働きと言う立場であっても、自分の立場だけを考えるのではなく、全体を見て動くのは、ああいった店では特に必要になります。

その点においてだけは、彼女も考えた方がいいかと。

 

そして、偶然を装い、瑠衣の大事なネックレスも壊されてしまいましたが、彼女には形に囚われずにいて欲しい!

ついでに言うと、別に馬鹿にされても、泣いたっていいと思います。

それでまた頑張れるなら……!! (´△`)

ドメスティックな彼女248話についてのまとめ!

ドメスティックな彼女248話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ドメスティックな彼女248話を含めた週刊少年マガジン2019年46号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください