ドメスティックな彼女ネタバレ229話(最新話)!考察や感想も!【偏見と差別】

ドメスティックな彼女の最新話229話は2019年5月15日の週刊少年マガジン2019年24号に連載されております!

ここでは、ドメスティックな彼女の最新話である229話「偏見と差別」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもドメスティックな彼女229話を漫画で見たい!!今すぐに見たい!!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女228話までのあらすじ

ルイが仕事場で片づけをしている姿を同僚料理人である

ベンとリアムがルイを見てゲスイこと話していたところに

梶田が遭遇して、ルイへの侮辱の言葉が許せずベンの頬に

梶田の鉄拳が飛ぶのであった。

人物紹介

ルイ…ナツオが初めての相手その後親の再婚でナツオが義理の兄になってしまう。

   それでも、ヒナとの関係が終わったあと付き合うが別れてしまった。

ダニエラ…アメリカのルイの家のルームメート。

梶田(トキヤ)…アメリカで働くルイの同僚。しかし、新たな恋の予感。

ドメスティックな彼女229話「偏見と差別」のネタバレ

梶田の怒り

梶田 「悪いかよ!!  クソ野郎」

ベンの頬に梶田の鉄拳が炸裂する。

ベン 「アジアの猿が!!  おめーら居るだけで目障りなんだよ!!」

この声に振り向くルイでもなんのことか理解していない様子

先輩料理人 「おい!お前ら何やってる!

         ベンどうjした後輩いじめか?」

ベン 「違いますよ!コイツから殴りかかって来たんだ!!」

先輩料理人 「そうなのか?トキヤ」

無言でいる梶田はそのまま先輩料理人に呼ばれて3日間謹慎になってしまうのであった。

梶田の怒りの理由を知るルイ

ルームメイトのダニエラからルイは、梶田が怒って殴りかかった経緯を知らされた。

ダニエラ 「どうやらルイのことが原因だったみたいよ」

ルイ   「え・・?どういうこと??」

ダニエラ 「最初ベンとリアムがルイを見てゲスイこと話してたしいの

      日本人の娘は白人に尻軽いから誘ってみようとかなんとか・・・

      それを聞いたトキヤが頭に来て手ェだしちゃったみたいよ」

ルイ   「日本人ってそういう風に見られてるんだ・・・」

ダニエラ 「これが“偏見”であり”差別“なの。。。あたしもメキシコから来たばかりの時はびっくりし

      たんだから、話しかけても無視なんてよくあったよ

      いろんな出自の人間がいて色んな奴がいるからどうしても差別意識の

      強いやつもいる。でも真に受けちゃダメ移民で出来たこの国には差別の歴史がある

      いろんな違いや価値観を認め合えば良いんだけど言うほど簡単じゃないみたい」

ルイ   「なんだろう傷つくっていうか・・・戸惑ってるのかも
   
      日本に居た時は自分が多数派で、人種でバカにされることなかったし

      そういうの全然意識できてなかったから。。。」

ダニエラ 「悲しいけど 多分これからも嫌な思いはすると思う

      でも何て言われてもルイの価値が損なわれるワケじゃないよ

      毅然として自分は何をすべきかどうありたいかを思いだして

      そこがブレなければ、きっと大丈夫」っと優しくアドバイスするのでした。

ルイの決意

屋上に一人謹慎している梶田にルイはオレンジムースからさらに進化した

ゆずソースに変えたムースの味見と怒ってくれたお礼を伝えるためにやって来た。

ルイ 「ちょっと味見してくんない? こないだのやつ柚子ソースで作ってみたんだ

    あれからいろいろ試してさ良ければ感想聴かせて・・・」

梶田 「美味い!! ソースがあっさりした分ムースの味を濃くしたのもいい判断だ

    ああ前のオレンジソースの時よりも数段よくなってる。」

ルイ 「謹慎・・・あたしが原因だったんだね。 人づてに聞いちゃった。」

梶田 「別にオレが勝手に手を出して謹慎になったんだから・・・・

    お前が気にすることじゃない。 どこにでもある話さ。。。

   新参者が疎まれたりバカにされるのは、おれは15で料理の世界に入ったが

   いろんな人間をみてきた だから割と慣れている。

   でも・・・ お前は別だ海外に来ることはオレが誘った

   日本に残って仕事を続ける道もあったのに、それでも一緒に修行に来た

   その覚悟や努力を俺は見ている。だからそれらを軽んじて見られるのが

   どうしても許せなかった。」

ルイ 「それは違うよ・・・わたしは自分で決めて自分のために海外に来たの

    だから責任とか感じないで・・・・まぁ陰口に怒ってくれたのはありがとう

    殴るのはやり過ぎだけどね!!

    これからもそういうことあるかもしれない嫌なこと言われたりとか

    でも絶対に負けないよ!! そんなのに足引っ張れるの悔しいじゃん

   だからこれからも一緒に頑張ってこ??

   あたしら美味しいもの作るために来たんだからさ

   ついでに梶田だって負けないから♪」

そう言ってルイは梶田に手を差し出して握手を求めたのだった。

 梶田 「俺が心配する程弱くないか・・・・こっちのセリフ

    オレだって負けねーからな」

梶田はルイの失恋話を聞いた表情やオレンジムースを味見した時の表情を思いだしなら

ルイの手を取り握手するのでした。

新たな展開

そのころ日本では・・・・

ナツオのアパートになんと・・・

同居を迫る女性が一人・・・・

ナツオ 「どういうこと?? ここに住むって・・・

次回 ひとつ屋根の下、再び!?

ドメスティックな彼女229話までを無料で読む

ということで、ドメスティックな彼女229話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ドメスティックな彼女229話を含めた週刊少年マガジン2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ドメスティックな彼女229話の感想・考察

ルイと梶田の恋路は、まだまだこれからって感じですね。

今は、同じ料理人としてのライバルというべきか

アメリカに一緒に修行に来ている友達という関係ですね。

でも、アメリカにまで修行に来て、いろんな考え方から

差別や偏見のある国昔から根付いた文化なのだから

ある程度が仕方がありませんよね。その中でも実力があれば

そんな偏見差別なんて関係ない話なのですから・・・

実力と名声があればアメリカでは誰にだってスターになれる

チャンスの多い国アメリカですよね。行って見たいです。

次回はまた、アメリカから日本に話が戻るような。。。

ナツオと誰が一つ屋根の下になってしまうのか??お楽しみに!!

ドメスティックな彼女229話についてのまとめ!

ドメスティックな彼女229話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ドメスティックな彼女229話を含めた週刊少年マガジン2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA