民放解体とはどんな意味?規制緩和について分かりやすく簡単に解説!

民放解体の可能性があるとして、安倍首相の目指す放送業界の見直しについて、話題になっていますね~^^

これって結構、放送業界からすると、かなり危ない状況になるんじゃないかな~と思うのですが、イマイチ「民放解体」が何かピンとこないんですよね~笑

ということで今回は、民放解体について分かりやすく解説していこうと思います!

スポンサーリンク

民放解体とは何?意味や規制緩和について分かりやすく簡単に解説!

「民放解体とな何ぞや?」ということですが、まず民放は「民間放送」の略でCMやスポンサーなどの収入を主な財源とする民間の放送局を指します。

一方で、営利を目的にせず、受信料を財源に運営されるNHK(日本放送協会)の、大きく分けて二つがあります。

民放解体は何かですが、ようは「民間」ではなく「個人」がメインになってきて自由競争になってきます。

もちろんバラエティ番組やドラマなど需要はあるので、ゼロにはなりませんが、YouTubeやニコニコ動画、SNSなど個人が情報を当たり前のように発信を発信してきている時代になってきています。

最近では森友学園問題や政治裏側、テレビの偏向報道など、ありのままではなく、テレビという媒体を通して少し捻じ曲げられて伝えられたり、時間差があったりと視聴者側も困っていたこともありました。

そもそも、テレビ自体を見ないという人も今は増えてきており、ネットで見られる動画サイトや、SNSやネットニュースを見たほうが効率的という人も増えてきているのは間違いありませんよね^^

規制緩和はどうなる?

民放解体になると、規制緩和含めどのようなことが考えられるかですが、ネットでの制限が緩くなってインターネットから情報を入れる人が増え、地上波キー局をはじめとする放送事業者の地盤沈下につながるでしょうね(;^ω^)

その結果、テレビの質もどんどん下がっていくかもしれませんし、または独自の放送の仕方が強くなり、余計に偏向報道が増えそうな気もするのですが・・・どうなんでしょう。

テレビは娯楽としては十分かもしれませんが、個人的にはCMや無駄な前振りが多くて、時間を無駄にしている感じがあるため、賛成ではあります。(あとあんまりテレビを見ないのでw)

民放解体についてネットの反応は?

民放解体について世間がどのように思っているのか、気になったので調べてみました!

これは一部の意見ですが、大きく影響する話題なだけに多くの人が反応&心配していますし、様々な意見があるようです。

ただ、まだまだ未定の内容なので、実現性があるのかや具体的にどのように規制緩和されていくのか分かりませんが、今後も注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です