【ディアシスター】櫻庭宗一郎役の田辺誠一ってどんな人?出演ドラマもチェック!

「田辺誠一」さんは2014年10月に放送開始されたラブコメディードラマ『ディア・シスター』の主演女優/葉月(松下奈緒)の高校時代の元担任教師で、美咲の子供(花)の父役を演じられています!

「田辺誠一」さんは、18歳の時に第2回『メンズノンノ』専属モデルに選ばれモデルデビューしました!そして23歳のときに熱い胸騒ぎ(TBS、1992年)で俳優となったのです!

ここでは、そんな「田辺誠一」さんについてまとめてみました。

スポンサーリンク

「田辺誠一」ってどんな人?

プロフィール

名前   :田辺 誠一
生年月日 :1969年4月3日
出身地  :東京都
身長   :182cm
血液型  :A型
特技   :水泳
所属事務所:enchante

経歴

「田辺誠一」さんは東京都出身のようです。文化系のイメージが強い「田辺誠一」さんですが、幼少期から水泳を10年習い、高校ではボート部と超スポーツ会系。

高校卒業後、「メンズノンノ」の専属モデルとなり、モデル業を開始されました!

しばらくはモデルに専念。その後、俳優・舞台や、自らが映画監督なり、映画製作を行うなど、俳優だけに留まらず(笑)。

2002年に、女優の大塚寧々さんと結婚されています。二人の子供はおらず、大塚寧々さんの前の旦那さん(魚武濱田成夫)の連れ子と一緒に暮らしているようです。

連れ子のお子さんも大事に育てているようで、素晴らしい方ですね。

1987年~1994年、「メンズノンノ」の専属モデルとなりました。

1992年、「熱い胸騒ぎ」で俳優としてデビュー!

1995年、「冬の河童」で映画に初出演!

以降、「サイコメトラー」や「LIAR GAME」や「ハッピーフライト」など、数多くのドラマや映画に出演し、活躍中!

スポンサーリンク

出演ドラマ

  • 『サイコメトラーEIJI』(日本テレビ、1997年) – 沢木晃
  • ~あらすじ~
    物や人に触れるとそれに残った過去の記憶の断片を読み取るサイコメトリー能力を持った少年・明日真映児(松岡昌宏)が、警視庁の女性刑事・志摩亮子(大塚寧々)と協力して怪事件を次々と解決していくというミステリー作品です!

    「田辺誠一」さん演じる沢木晃は、志摩の大学時代の同級生である一方、自分の研究の為なら他人を平気で死に誘う邪悪で冷酷なテロリスト/アップルを演じられています!

  • 『プリティガール』(TBS、2002年) – 高嶺遼
  • ~あらすじ~
    前向きに生きていく主人公/野山花(稲森いずみ)が、名門デパートと周りの人々を変えていく姿をコミカルに描く物語。

    「田辺誠一」さんは名門デパート<アンドリューズ>の社長・高嶺遼太郎の一人息子役を演じられています!

  • 『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(NHK、2018年) – 三浦雄二
  • ~あらすじ~
    スクールロイヤーと呼ばれる学校弁護士が、いじめ、体罰、モンスターペアレント、教師のブラック労働といった教育現場の様々な問題に立ち向かう学園ヒューマンドラマです!

    青葉第一中学のベテラン教師で教務主任。学校のルールを主張し、主人公/田口(神木隆之介)と対立する役を演じられています!

『ディア・シスター』の櫻庭宗一郎ってどんな役?

「田辺誠一」さんは、葉月(松下奈緒)の高校時代の元担任教師である櫻庭宗一郎 役を演じています!葉月の妹(石原さとみ)である美咲の子供(花)の父。高校生時代の美咲と一回だけ男女の関係を持ち寝る。

しかし、その一回が原因で美咲に子供を授からせ妊娠させてしまった過去を持ちます。少々ダメな男性を演じられています(笑)。

☆口コミ☆

・田辺誠一さんがキー。好きな俳優さんです。演技も上手でした☆
・友達以上恋人未満の距離感がもどかしすぎた。感動要素もあれば癒しもあるし文句なしのドラマだった。

まとめ!

「田辺誠一」さんは、たくさんのドラマ・映画に出演するだけでなく、自らが映画監督となり作品を製作されています!

なかでも、映画作品「DOG-FOOD」(1999年)はベルリン国際フォーラムで賞をとったほどです!

「田辺誠一」さんの演技中の落ち着いた独特の雰囲気は私だけでなく、視聴者を魅了します。

『ディア・シスター』では、ややダメな男を演じていますが(笑)。これからも「田辺誠一」さんをテレビで見ない日はないでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です