この漫画は全巻買うとおいくら?

ダンスダンスダンスールネタバレ185話(最新話)!考察や感想も!

ダンスダンスダンスールの最新話185話は2020年7月12日の週刊ビッグコミックスピリッツ2021年32号に連載されております!

ここでは、ダンスダンスダンスールの最新話である185話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

最新刊の情報も確認してみてね~

過去のネタバレはこっちだよっ

→ダンスダンスダンスールネタバレ184話!考察や感想も!

→ダンスダンスダンスールネタバレ183話!考察や感想も!

スポンサーリンク

ダンスダンスダンスール185話のネタバレ

真鶴という女

潤平は真鶴が自分を落とそうとしているのは、リアル流鶯の設定を…息子のライバルにやらせる訳にはいかないからかと呟く。

すると真鶴は「え?」と不思議そうにし、潤平が出ると自分が目立たなくなるからとぶっちゃけた。

監督は才能がある人……資金は少ないけれど、きっとこの映画で何かしらの賞をとると真鶴は予感している。

そして自分もそれにのっかって助演女優賞がほしい…と。

正直やっっっと来た、可能性のある作品と役……潤平が出たら潤平に注目が出てしまうから出てほしくない。

きっと今回は見送っても監督がバレエについて学んで潤平をオファーするなんて真鶴は言うが、潤平は自身にそんな力はないだろうと戸惑う。

しまし真鶴は「あるわよ。」ときっぱり言うのだ。

そうじゃなきゃわざわざ『落とす』と宣言して誘き寄せないと真鶴が話すので、まんまと誘きよせられた潤平は衝撃を受けたのが顔に出る。

それを見て真鶴は笑った。

それにしても流鶯と自分の親子共演……そんなことを考える潤平を真鶴は”ロマンティック”で素敵だと称える。

真鶴は潤平をじっとまじまじ眺め、潤平みたいなパートナーと組めてれば自分だってバレエ辞めなかったのになぁ……なんてため息をつく。

真鶴のさっきからの言動は潤平を翻弄し、なんていい女なんだと思わせるには十分なのだった。

潤平は真鶴になんでバレエを辞めてしまったのかを尋ねる……真鶴の腕の動き一つをとっても香りながら蒸発してゆくかのような綺麗さーー…辞めるにはもったいない。

すると真鶴はキョトンとした顔で、別に腕はできるだろうという……というかそれ以外にやり方がわからないとも。

そういえば以前オルガが『ごく稀にいきなり歌い出せるすばらしい奇跡の腕の持ち主がーー…』なんて話をしていたことを潤平は思い出す。

真鶴の腕、容姿、華、頭の良さ、多分筋肉の質、音楽性も…本当にバレエダンサーにぬる素質が完璧なのだったーーー…。

これだ!

真鶴は”完璧”と言われ、あとはフランス人でお金持ちの家に産まれてたら完璧だったかな…なんて返す。

あと何より1番大事なこと……それは自分が「これだ!」と思い込まないことだという。

そういう意味では潤平のほうがしっかりとそう思い込んでる踊りだと真鶴は感じている。

これだ!というのは恋愛みたいなもの……運命と思い込めるかどうかーー…それはとても大きな力を持てる。

真鶴は幼い頃は母に言われるまま踊っていたけど、バレエよりもっと楽しくて広くて華やかでいかがわしい世界があると知り好奇心でそちらに行ってしまった。

でも全然後悔……という言葉に、潤平は”ちくん”と胸が痛む。

真鶴は流鶯もいい加減もうそろそろ、他人が決めた「バレエ以外の道はない」という思い込みがまやかしであることに気づくんじゃないかという。

自分の選びとった道を歩かないと真に生きられない…と。

潤平はこれに、流鶯がバレエを辞める時がくるってことか…と問う。

そんなまさか!真鶴と一緒にしないでほしい。

流鶯は今ワガノワで『くるみ』の王子で……と話そうとした時、確かに素行が悪くて『くるみ』を降ろされるかもらしいけどとハッとする。

ハッとした潤平に真鶴は「気付いてる気付いてる!」と笑う。

流鶯は元々身体が向いていないのにバレエ過激派の「おばあ様」にギューギューにやられてやっとやっと踊っている。

そんなことを続けていたら心も身体も壊れちゃう。

他人の願いの代行でそんなのバカバカしすぎると話す真鶴に、潤平は「壊れない…!」とバレエも流鶯はやめないと断言する。

そんな潤平にバレエを続けることが唯一の正解、幸福かと尋ねる真鶴……なんでそんなことを聞くのかと潤平は驚いた。

だってバカバカしいと思うなら何故真鶴はバレエ過激派「おばあ様」に流鶯を預けっぱなしにしたのか不思議だったからだ。

流鶯が真鶴の身代わりにされるのをわかっててなんで……と話していると、真鶴の目から涙がぽろっと溢れ出すのだったーーーー…。

魔の魅力

真鶴の涙は止まらない。

スキャンダルまみれでどうしようもなくて母に預けてしまったけど、まさか返してくれないなんて思わなくて何度も引き取ろうとしたけど話し合いにならなかったと真鶴は話してくれる。

ある日、もう連れ去ってしまおうと思ってあの練習部屋へ入ったという。

おばあ様がいないうちにママと行こう…と流鶯に訴えるーー…すると流鶯は駆け寄ってくれた…と思いきや、真鶴のことを思いっきり押して部屋の扉を閉めてしまったのだ。

そこで真鶴は諦めてしまった。

流鶯はちょっと意地をはっててあのドアの向こうでまた真鶴が呼びかけるのをまってたかもしれない。

でも雪が痛くて、親子だからーー…私が一緒にいたいからどうにかなる!と思ってきたのに、実際アメリカ連れてったって安全に育てられる準備もできていなかった。

雪が痛くて、急に全部怖くなって諦めて……捨てちゃった。

真鶴はおいおいと言葉を反芻して涙を流す。

涙を拭きたいと潤平にティッシュが欲しいとお願いし、いざ取ろうとすると間違って潤平の手を取ってしまう。

「…よければ使います?」なんて潤平の冗談に笑い、そのまま潤んだ瞳で潤平を見つめる。

その瞳に吸い寄せられるように潤平は真鶴に顔を近づけるーーー…そんな時”リンゴーン”と外から鐘の音がなって潤平は我に変える。

いま自分はなにをしようとしていたのかと戸惑う潤平に、真鶴はクスリと笑う。

今度の映画こんな感じの話なのよーーーー…そう言う真鶴に潤平はただただ驚くことしかできなかった。

どこから演技?!どごで本気?!もはや真鶴に完敗の潤平なのであったーーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

ダンスダンスダンスール185話の感想・考察

ダンスダンスダンスールの最新話いかがでしたでしょうか!

いやーーー…真鶴掴めない!!!!
魔性の女感たっぷりです!!!!

おいおいと泣き始めた時に演技かも…とは思いましたが、ありゃあ騙されちゃいますね。

真鶴には人を惹きつける魅力もありますし。

でも親の歳に近い真鶴に当てられちゃうなんて……まぁ潤平ならありそうですね…(-。-;
 
ほんとに流鶯を手放した理由は何だったのでしょうね…。
おばあ様のしてきたことの酷さを考えると真鶴のことは到底許せないんですよね…個人的に。

流鶯の異父兄弟が幸せそうなら尚更そう感じます。

来週に掲載予定はありません。
また数週おやすみで、また何話かまとめて掲載…と言う形だと予想されます。

また次回まで楽しみにお待ちください( ^ω^ )

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊ビッグコミックスピリッツの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊ビッグコミックスピリッツの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊ビッグコミックススピリッツネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、ダンスダンスダンスール185話を含めた週刊ビッグコミックスピリッツ2021年32号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最新刊の情報も確認してみてね~

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください