ダンスダンスダンスールネタバレ127話(最新話)!考察や感想も!

ダンスダンスダンスール の最新話127話は2019年7月13日の週刊ビックコミックスピリッツ2019年33号に連載されております!

ここでは、ダンスダンスダンスール の最新話である127話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもダンスダンスダンスール 127話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ダンスダンスダンスール 127話のネタバレ

束の間の青春

潤平は卒業式後ーーーー…束の間の青春、友達たちとカラオケに来ていた。

カラオケが盛り上がる中、潤平は練習があるため途中で抜ける。

エレベーターのボタンを押し、くるのをまっていると後ろから黒島がやってきた。

黒島は潤平にマフラーを巻く…それは年越しの時渡そうと思っていた手編みのマフラー。

「困る?いらない?返したい?それはダメだよ、いらないなら自分で捨ててね。」

黒島は冷や汗を流す潤平に、冷たく言い放つ。

黒島は潤平が自分となんで付き合ったのか…軽そうだから?やれそうだから?自分なら後腐れなく別れられて友達に戻れると思ったから?…と立て続けに問う。

「……バカにしないでよね。」

潤平はこれを否定しようと思ったが、ちょうどエレベーターがやってきた。

「じゃあね。ほんとにサヨーナラ。偶然会っても話しかけないでね。」

そう黒島がきっぱり突き放すもんで、潤平はなにも言えなくなってしまいそのままカラオケ店をあとにするのだったーーーー…。

後悔

潤平は生川に向かいながら思考を張り巡らせる。

黒島のことを潤平は、たしかにかわいいって思ったし…好きだなって思ったから付き合った。

スタイルだっていいし…話しやすいしおもしろいし…と考えるも、黒島に言われた言葉が潤平の思考の邪魔をする。

バカにしていたわけではない…黒島なら都との旋律をかきけしてくれるかな…って潤平は思っていたのだ。

(ーーーーうわっ…それ、なんつーーーーー…)

潤平はここでようやく自分のしていたことに気づき口に手を抑える。

「あ!!」

そんな潤平にSSクラスの生徒が、潤平が手編みのマフラーをしていることに気づいき追求する。

「あのけしからん感じの彼女かっ」「くっそ」など生徒がいうなか、その後ろに夏姫がいることに潤平は気づく。

(だめだ、夏姫は、夏姫とは、ずっと…)

潤平はそんなことを考えながらも、「…………そう。彼女の……手作り…」と生徒たちの問いに答えるのだった。

冷たい目をした夏姫はなにも言葉を発さずその場を立ち去る。

潤平は自分の半端で、自分本位で付き合ったことを後悔する。

こんなことなら付き合わなくちゃよかった……ふみにじって憎まれてしまった…自分のことを好きだと言ってくれたあの娘に…と気持ちが落ちていくのだった。

潤平らしさ

潤平の卒業式の日、YAGPで踊るコンテのお披露目会だった。

寿も勉強のために横浜からわざわざやってきていた。

そのお披露目会には潤平の姉と母もやってきていのだ。

しかし潤平はというと切り替えがうまくいってなくてお手洗いにこもっていた。

(こんなの違う、俺っぽくない。本当の俺…本当の俺を踊らなくちゃ。)

“本当の俺”を自分に言い聞かせながら、潤平は踊り前没頭しようとするのだったーーーー…。

お披露目直前、銀矢もやってきた。

「テーマは“道”でしたっけ?めっちゃ楽しみだな!」

SSクラスの生徒や先生、テレビ関係者の見守る中潤平のコンテが始まるーーーーー…

潤平の踊りからは曲も振りも力強いイメージで、強い意志を感じられる。

自ら『道』を切り開いていく、覚悟!

それを一堂は感じ取れるのだった。

踊りが終わったところで、一斉に歓声が起こる。

海咲は気にくわない様子で“ちっ”と舌打ちし、寿はめちゃくちゃ褒め、夏樹は少し眉をしかめ悔しそう。

「…いいじゃないですか。潤平らしい、男らしく前向きな“道”!!」

中村先生は高揚した感じでそう褒め、

「うん。踊りを楽しんでて持ち味でてて…好感度高いよ、いい線いきそう。」

銀矢さんもこう褒めるのだった。

拍手が立ち込める中岩井先生だけはには“視えて”いたーーーーー…

「………小器用の見栄っ張りめ………」

スポンサーリンク

ダンスダンスダンスール 127話までを無料で読む

ということで、ダンスダンスダンスール 127話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ダンスダンスダンスール 127話を含めた週刊ビックコミックスピリッツ2019年33号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ダンスダンスダンスール 127話の感想・考察

卒業式終わりからの…お披露目会いかがでしたでしょうか♪( ´θ`)

前半は、ついにきました黒島ちゃん!
ずっと潤平が踊りに没頭するなか、1人黙って黙って黙ってここにきてようやく動きだしましたね。

しかしこの別れかたは辛い!響きそう(⌒-⌒; )
いや、もとはといえば潤平が悪いんですけどね…。
潤平本人にもいっていたけど…付き合うべきじゃなかったと私も思います。。

代わりじゃないけど、なにかを忘れるために別の誰かと付き合って…うまくいくことなんてなかなかないですしね…。
本当『好き』と言ってくれた黒島に失礼ですね…でもそこは中学生…難しい(;´д`)

そしてお披露目会前、潤平は雑念により“自分らしさ”を無理やりいいきかせお披露目会に向かいました。
でも明るいく男らしいだけが潤平でしょうか?
そういう部分も含めて潤平だと思うんですけどね…。

テーマである“道”は、なにも明るさとか力強さだけじゃないと思うんです…。
そんな明るいだけで進む道なんて、葛藤もなく面白くないような気がするのですが…。

岩井先生以外は好感触のようですが、岩井先生は違う様子ーーーー…。
次回岩井先生から潤平にお話はあるのか!?

気になるところです( ´∀`)☆

ダンスダンスダンスール 127話についてのまとめ!

ダンスダンスダンスール 127話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ダンスダンスダンスール 127話を含めた週刊ビックコミックスピリッツ2019年33号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です