ダンスダンスダンスールネタバレ126話(最新話)!考察や感想も!

ダンスダンスダンスールの最新話126話は2019年7月8日の週刊ビッグコミックスピリッツ2019年32号に連載されております!

ここでは、ダンスダンスダンスールの最新話である126話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもダンスダンスダンスール126話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ダンスダンスダンスール126話のネタバレ

540

「本ッ当に、願書は出さないのか!?高校行かないのか……!?」

潤平の担任は、潤平がプロのダンサーになるために通信に通いながら頑張ることを聞き、驚きが隠せなかった。

しかし潤平の気持ちは揺るがない、母親にも「本当にいいのね?」と聞かれるも「しつこい!」と返すのだった。

中村先生とのヴァリエーションのレッスンーーーーーー…

潤平は“540”の技の練習をしていた。

その様子を『眠り』の撮影に来ていたスタッフは眺める。

540はヴァリエーションに使うのではなく、岩井先生のコンテにいれるために練習している。

現在潤平の身体能力のポテンシャルを見せたいために、アクロバティックをコンテにいれているのだが…そっちばかりが目立って審査員に引かれてしまうのは不本意だ、と岩井先生は考える。

その妥協点として、せめてバレエの技にしよう…という話になり540の練習をしているのだった。

「え…これって今から練習してできるようになるものですか?」

見ていた撮影スタッフは驚く…しかしできるかは中村先生もわからない…今まさに取り組みだしたトコロだったからだ。

「…っていうか、俺『眠り』落ちたのにまだ撮るの?」

撮影していることに気づいた潤平は、純粋な疑問を投げかける。

『眠り』のオーディション後もYAGPに向けて頑張ってます…的なモノを撮っていると話すスタッフ。

それにBSのほうになるかもだけどYAGPに出る2人のドキュメンタリーも考えていているそうなのだ!

それに驚く潤平と中村先生…その話をもう少し聞こうとするも、衣装のデザイナーさんが来たから…と岩井先生に呼び出しをくらい潤平は向かうのだった。

デザイナーさんにコンテを一通りみせる潤平。

「ーーーなるほどなるほど。」

よく動けている潤平に、出来上がりを楽しみだと言うデザイナーさん。

デザインするうえで、岩井先生にテーマを聞く。

「今のところ、彼自身の“道”。」

そう言う岩井先生の言葉を聞き、潤平の頭に曲がブワッと流れる。

「なっ…なるほどっ…」

潤平は岩井先生のコンテの振りの意味を理解することができますます楽しそうに踊る。

自分自身の、進んでいく、“道”。

潤平自身がそれを感じ始めるのだったーーーーー…。

進路

潤平が帰ろうとするとき、夏姫に会う。

潤平は夏姫に「送っていきましょう!!」とくるくるまわって“ザッ”とポーズを決めるが…

「生川の犬に用はない!!」

そうキッパリ断られてしまうのだった。

夏姫はこれから色んな可能性が目の前にあるだろうに、生川に入団を決めた潤平のことをバカだと話す。

潤平はそんな言葉に耳を傾けず、夏姫自身のコンテは大丈夫かと聞く。

「もっとこう…優等生のカラをやぶって自分の道を…」

そう潤平は話すのだが、これが夏姫の逆鱗に触れた。

「うっせーーーーーー!!あんたこそリアルな人生の道筋をちゃんと考えろっっ。」

そしてその夏姫言葉は、海咲も同じ意見だった。

海咲自身が目指している、生川入団・ロシア留学・しかも響と!

海咲は潤平に詰め寄るのだった。

潤平は海咲に「行きたいって言えば研修生として留学行かせてくれるんじゃね?」と話すが、実行済みであった。

しかし綾子さんは、これに了承できない…。

それも海咲が東京に出てくる条件として、“必ず高校は出る”という海咲父との約束があるからだ。

綾子さんは、YAGPの後のGW…ワガノワの先生がワークショップに来る、その時に一応潤平と響の入学試験を行う予定だから海咲もそれに参加して、夏季休暇だけでも留学できないか聞いてみる、と妥協点を出すのだった。

「…あなたはそんなに焦る必要ないと思いますよ」

そう綾子さんは話してくれるのだが、海咲は自身がないのだったーーーー…。

潤平は大晦日も練習に励んでいたーーーー…。

潤平の友人らは大晦日に集まっていて潤平に連絡を送るが、もちろん返事は来ない。

「世界、違っちゃったって感じあるよな。」

みんなでそう話すのだった。

卒業式

中学校の卒業式ーーーーーー…。

卒業式当日桜が咲き、吹雪のように舞っていた。

周りの生徒たちはこれから通う高校の話などをしている…潤平はそれに距離を感じているのだった。

「潤平!」

そんな潤平に話しかけてきたのは都だった。

都は髪を切って少しパーマがあたったような、そんな変化が見てとれた。

そんな都が潤平は“やっば、かわいいな。”と感じるのだった。

「潤平、生川入団決まったんだって!?おめでとう!!すごいバレエ始めて間もないのに!!」

そう都は純粋に潤平を祝った。

都自身も、春・夏休みはカナダに留学が待っていて、とても嬉しそうな様子だった。

都のスマホからロシアに行っている流鶯の写真を眺めながら2人は他愛もない話をする。

(もう 会えない、かも…?)

これから2人の道は二度と交わらないかも…?潤平はそんなことが脳によぎった。

潤平はラインの交換しておいたほうがいいかも…とスマホを取り出そうと都の名前を呼ぶ。

「ん?」

そう潤平を見上げる都を見て潤平の思いがとどまるーーーーーー…

「ーーーー俺のこと、見つけてくれてありがとな!」

都は満開の笑顔で、潤平のYAGPを応援していると伝えその場を立ち去るのだった。

桜吹雪舞い散る中、潤平は俯くーーーーー…。

進む道が別れる日もくる…今は再び交わる日を夢見て自分の道を進むのだ…。

スポンサーリンク

ダンスダンスダンスール126話までを無料で読む

ということで、ダンスダンスダンスール126話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ダンスダンスダンスール126話を含めた週刊ビッグコミックスピリッツ2019年32号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ダンスダンスダンスール126話の感想・考察

潤平ついに中学校を卒業しました!♪( ´θ`)

今回は“道”が全体を通してのテーマでしたね。
岩井先生は今の潤平にとてもいいテーマを持ってきてくれたように感じました!

潤平の友人らは潤平のことを「世界が違う」と感じているように、潤平自身も周りとはもう一緒じゃない、そんな疎外感を感じているように思いました。

しかし進んでいくしかない。
後ろを振り返っている暇は潤平にはないのです。

都とのシーン…とても素敵でした(*゚▽゚*)♡
あまりにもステキなシーン…に文字では表現が追いつかず…
ぜひ絵で見て欲しいな!と思いました!!!

というか都と潤平まだ連絡先交換してなかったんですね…(;´д`)
今回も結局交換せぬまま…。

潤平はこの先都との道が交わることがないかも…とアンニュイ気持ちになっていましたが…、
潤平と都は!また舞台で一緒になる!そう思うんです。

都は化け…ないですかね?

きっと2人がまた出会うのは、舞台だと思うんです。

潤平のことを見つけ出した都、また絶対再会できると信じて…。
進んでいく2人の道がステキなものになるように…今はそう願わずにはいられませんでした。

ダンスダンスダンスール126話についてのまとめ!

ダンスダンスダンスール126話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ダンスダンスダンスール126話を含めた週刊ビッグコミックスピリッツ2019年32号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です