【大恋愛~僕を忘れる君と】5話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (11月9日放送分)

2018年秋クールのTBSテレビ・金曜午後10時のドラマは【大恋愛~僕を忘れる君と】です。

若年性アルツハイマーにおかされた女医の北澤尚(戸田恵梨香)と自分を忘れていく恋人を支えていく元小説家の間宮真司(ムロツヨシ)の大恋愛を描く王道ラブストーリーです。

今回はお互い好きなのに別れてしまった2人を再び結びつけたのは、意外な人物で……。

尚の幸せを考え、身を引いた真司と月日が経ち急展開に!

2人が別々の人生を歩み始める中、真司が完成させた小説を手に取った尚は小説を読み、そこに綴られていた真司の思いとは・・・?!

それでは、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』5話のあらすじやネタバレ、感想を紹介していきます。

スポンサーリンク

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』のあらすじは?

北澤尚は母が院長を務めるレディースクリニックで働く医師。

医師、伊原侑市と婚約し、結婚まであとわずかとなったある日、元小説家の引っ越し屋でアルバイトをする不愛想な男、間宮真司と運命的な出会いをします。

本気の恋に突き進んでいく尚と、次第に尚に惹かれていく真司。

しかしそんな尚は若年性アルツハイマー病になってしまうストーリーです。

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』5話のネタバレ!

真司は尚に「支えていく自信がなくなった」と一方的に別れを告げたとこから始まります。

嫌いになった訳でないので切ない別れですね。

激しく泣く尚であったが、うなだれて自宅に帰り、翌日尚の母は真司の所へ乗り込み、どういうつもりかと真司に怒りをぶつける。

「自信がない」と答える真司に母は「もう娘と関わらないでください」と言い捨てるのであった。

難しい問題だなぁ、、、

真司はバイトの上司・木村の家の物置きで生活をし始め、尚は木村のところへ行くが、真司を放っとくようになだめる。

真司の決意は硬そうですね。

尚は、真司に「最後に飲もう」とメッセージを送るが、真司は居酒屋に現れず、傷ついた尚が帰宅すると、自宅に尚がアパートに置いていた荷物が送り返されていた。

真司のアパートへいくと、そこはもぬけの殻。

その頃、真司はで〝脳みそとアップルパイ〟の小説を完成させるのであった。

すごいタイトルですね!笑

それから9ヶ月の時が流れやつれて、生気を失ってしまい、そして真司が捨てられた神社を答えられない。

病気は進行してますね、、、悲しいです。

尚は自分宛のビデオメッセージを作っており、「質問に答えられなくなったら、やるべき事は自ら死ぬことです」と言っている自分が流れるのであった。

尚は書店で真司が書いた小説〝脳みそとアップルパイ〟を見つけ、夢中で読み進め、読み終えた尚は、真司が尚の幸せを願って身を引いたことを知るのだった。

尚を心配している侑市は真司を訪ね、尚にとって真司の存在がいかに大きいかを話し、その場に尚を呼んだのだ。

まさかの侑市が再び結びつけてくれるとは思いませんでした。

尚の気持ちを確認できた真司は、「尚ちゃん、結婚しよ」とプロポーズをする。

驚き!!!やはり好きな気持ちは変えられず、そして覚悟も決めたんですね!

再び結ばれた2人は、尚の母からも許しを得て、無事に結婚式を挙げことになります!

再び結ばれて嬉しいなぁ〜ずっと真司の側にいて尚の笑顔がみたい。

挙式後に、尚は自分が若年性アルツハイマーであることを告白し、「それでも私は幸せです。」と笑顔で幸せを噛みしめるのであった。

泣けますね。

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』3話について世間の感想や評価は?

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』3話についてのまとめ!

ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』5話についてのあらすじやネタバレ、感想についてお話ししました。

・別れを告げる真司

・真司がいなくなった

・〝脳みそとアップルパイ〟が小説に!

・幸せな結婚式

尚と真司が無事に結ばれた5話となりました。

6話では祝福され結婚した尚と真司は新居に引越し、新生活をはじめ真司は思い切って尚に「こどもが欲しい」と告げるが尚は「無理だと思う」と、迷いもあった・・・。

そんな中、尚は侑市の勧めもあり、自身の病気について大学で発表することになる。

6話からも、問題がたくさん降りかかってきそうですが、強い愛で乗り越えていってほしいです。

次回も気になりますね!

ということで、「大恋愛~僕を忘れる君と」の5話についてまとめてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です