【忘却のサチコ】2話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月19日放送分)

ドラマ『忘却のサチコ』は高畑充希さん、早乙女太一さん、葉山奨之さん、出演のドラマ。

今回は、強烈なキャラクターのジーニアス黒田が登場!!

サチコは、この漫画家に恋愛小説を書いて欲しく、ある行動を起した!

果たして書いてもらえるのか?!

ということで今回は、ドラマ『忘却のサチコ』2話のあらすじやネタバレ、感想についてまとめてみました!

スポンサーリンク

ドラマ『忘却のサチコ』あらすじは?

結婚式当日、新郎・俊吾に逃げられてしまった文芸誌のアラサー編集者・佐々木幸子。

超がつくほど真面目な幸子さんが、旨いものを求め、グルメ道を突き進むコメディードラマです。

どういう内容かと言うと婚約者に逃げられた有能編集者佐々木幸子が、辛い思い出を忘却するためにご飯を食べまくるストーリーです。

食べまくる!食べまくる!

ドラマ『忘却のサチコ』2話のネタバレ!

サチコは、ジーニアス黒田のラノベ小説を読んでいました。

そして思ったのです!!

「月刊サララで、恋愛小説を書いてほしい」

しかし、文芸編集部の橋本からは、黒田は自宅から出ない、性格に難がある、人と接するのが苦手なのでサチコは、メールを送り、すぐに黒田からメールが返ってきました。

ですがどれも返事の内容はひどいものばかり、どうしても恋愛小説を書いてほしいサチコは、黒田のもとへ行くのです。

ひどい返事ばかりなのに、諦めず頼むとは本気ですね!!

サチコは、黒田が自宅から出ないことを知り、配送業者のコスプレをして尋ねることにしましたが、あっさりバレてしまいます。

残念!(笑)

黒田からは、「小説マニラのコスプレをしてこい」と言われたのでピンクの髪に、秋葉原のメイド喫茶にいるようなコスプレをして黒田の自宅前でメールを送ります。

ですが、返事が来ません。

ほんとにコスプレしたんだ~!笑

誰かをストーカーしているように見られ、近所の人が通るたびに怪しい目で見られていて、警察を呼ばれてしまうのです。

格好も目立つし、怪しすぎる〜不審者に思われるよね!(笑)

警察に連れていかれ、警察署を出たサチコは、呆然としながらやはり黒田には、会えないのか?と諦めていると、、、

良いニオイが!!!

焼き鳥屋からの良いニオイでこのにおいからサチコは、あることを思いつきます。

その方法とは、ジーニアス黒田の大好きなおにぎりのニオイを玄関前から嗅がせることで、おにぎりのニオイにつられて玄関を開けてくれました!

発想も面白いし、これで玄関を開けてくれたんだ〜笑

おにぎりをほおばり、ご満悦の黒田。

黒田は、サチコにおにぎりを差し出しますが、差し入れのために買ってきたので、1度は断るけれど空腹には勝てませんでした。

黒田は、サチコのお願いである「恋愛小説」を聞き入れるのです。

やりましたね〜頑張った、サチコすごい!

編集長の白井は、サチコが黒田に小説を書かせたことを大いに褒め、黒田の小説を読んだ白井は、「新作は、面白い」と言うのですが、小説のタイトルを見てちょっと疑問が、、、

「3丁目のおにぎり」

あれ?なんかおかしいですよね。

白井は、「これって恋愛小説じゃなくて、人情ものだよね?恋愛小説を依頼したの?」と、タイトルを見て驚くサチコ「恋愛小説を依頼したのですが、、、。」

までが2話になります!

ドラマ『忘却のサチコ』2話について世間の感想や評価は?

ドラマ『忘却のサチコ』2話についてのまとめ!

2話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

ポイントは、、、

・ジーニアス黒田に恋愛小説を書いてもらうと決めるサチコ!

・コスプレで職質?!

・ジーニアス黒田の心を開いたのは、あの食事だった!

でした。

3話では新人社員の心一が出てきます。

そして、あのコスプレまで…!!!

そして、飽きずに見れて最後は食テロ。

3話も楽しみですね!

ということで、「忘却のサチコ」の2話についてまとめてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です