【僕とシッポと神楽坂】1話あらすじネタバレ!内容や感想もチェック!(10月12日放送分)

2018年10月12日から、ドラマ『僕とシッポと神楽坂』がスタートしました!

主演は相葉雅紀さん。

下町の小さな動物病院を舞台に、獣医師と動物達が織りなす心温まる癒しの物語となっています。

今回は、ドラマ『僕とシッポと神楽坂』第1話のあらすじやネタバレ、感想について見て行きましょう!

スポンサーリンク

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』のあらすじは?

勤めていた動物病院を辞め、実家がある神楽坂に戻った獣医師の高円寺達也(相葉雅紀)。

尊敬する獣医師・徳丸善次郎(イッセー尾形)の元で働きたいという強い意志を持って病院の扉を叩いた達也だったが、

そこに徳丸の姿はなく、一通の置き手紙と預かり犬のダイキチだけが残されていた…。

「看板は下ろした あとはまかせた 徳丸」

達也に病院を任せ、引退するという徳丸に戸惑う達也。ひっきりなしにやってくる患者に対応しながら、達也の新天地一日目はドタバタの中で幕を開けるのだった。

そんなある日、達也は街で車に轢かれたパピヨン犬と、その犬に付き添う少年・大地(矢村央希)と出会う。

大地とともに血だらけのパピヨンを動物病院に運んだ達也は、早急に手術の必要があると判断。

さっそく準備に取り掛かろうとしたその時、急に連絡が取れなくなった大地を心配して、母親の加瀬トキワ(広末涼子)がやってくる!

古びた病院の設備と人手の足りなさに、「こんなところで手術をするなんてありえない。他の病院に運ぶべき」と主張するトキワに対し、「脾臓破裂の疑いがあるため、運んでいる時間はない」と返す達也。

そんなふたりの様子を見て、パピヨンの命の危機を感じて不安になる大地は、今にも泣きそうになりながら「先生、ワンコを助けて…」と懇願する。

「大地くんの気持ちは受け取りました。頑張ります」

大地の手を優しく握り、そっと目を閉じてそう囁いた達也は、トキワの制止を振り切り、手術を開始してしまう!

成り行き上、サポートに入ったトキワ。しかしその丁寧で繊細なメスさばきに驚きを見せる。

一方の達也も、トキワが動物看護師だと知り、この病院で働いてもらえないかと切り出してみるが…?

(公式サイトより)

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』1話のネタバレ!

かくして、手術は無事に成功。

トキワは、「シッポは言葉を話せない」からこそダメージが少なくなるように気を配った達也の腕前に感心しました。

達也も、トキワを「この病院で働いてくれませんか」と誘いますが、ナルタウン動物病院で面接を受けていた事を理由に断られてしまいました。

その一方、達也を「コオ先生」と呼び始め、パピヨンにも興味を示した大地に、達也がパピヨンの世話の手伝いを頼みます。

すると、大地は嬉しそうに引き受けたのでした。

ですが、それもほんの束の間。

そのパピヨン犬が元の飼い主の下へ返されて、大地は不機嫌になってしまいます。

達也はまだ預かっているダイキチの世話を大地に頼みますが、不服だった大地はしぶしぶ引き受ける事に。
散歩は、その文句をダイキチにぶつけながらのぎくしゃくしたものになってしまいます。

そんなダイキチは、とある売地に入り込んでしまって以来、食欲がなくなってしまいます。

事情を聞いた達也は、「自分が酷い事言ったからなんじゃ」と落ち込む大地に、ダイキチの事を話しました。

実は、ダイキチは元の飼い主が仕事で失敗したため面倒を見られなくなり、病院に預けるという建前で置き去りにされてしまっていたのです。

入り込んだ売地は、元々ダイキチが飼い主と共に住んでいた家があった場所でした。

自分が捨てられたと確信したであろうダイキチに、達也が「今日からここが君のおうちだ」と優しく語り掛けると、ダイキチは食欲を取り戻しました。

達也は改めて大地にダイキチの世話を頼みます。

できる訳ないと小ばかにするトキワに対し、大地は絶対にやってやると反発しつつ引き受けるのでした。

紆余曲折を経て、病院は『坂の上動物病院』としてスタートを切る事に。

そんな所へ訪れたトキワは、以前働いていたナルタウン動物病院を蹴り坂の上動物病院で働く事を告げたのでした。

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』1話について視聴者の感想や評価は?

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』1話についてまとめ!

いかがでしたでしょうか。

初回から早速ほっこりするお話を見せてくれた『僕とシッポと神楽坂』。

視聴率は6.6%と、この時間帯のドラマとしては大健闘。

評判は上々で、何より、相葉さんのはまり役っぷりに驚いた視聴者が多かったようです。

動物達はみんなかわいくて癒されますし、登場人物達も早速個性を発揮してくれて、これからどんな事が起こるのか期待が膨らむばかり!

意外な所では、冒頭から下ネタがぶっ飛んできた事に驚いた声もありました。

主人公の母が、「もう孫は見れないのか」と嘆く所から始まる、同居する女性陣の会話だったのですが……

何はともあれ、次回も見逃せませんね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です