【ブラックスキャンダル】1話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック!(10月4日放送分)

2018年10月スタートの秋ドラマが始まり、10月4日23時59分から「ブラックスキャンダル」が始まりました!

このドラマは、身に覚えのない不倫スキャンダルによって芸能界を追放された元女優:藤崎紗羅が、5年後に自身に起きた不倫スキャンダルが所属していた事務所に仕組まれたものであることを知ります。

彼女は整形手術で顔を変え、名前も矢神亜梨沙と変えて元所属事務所に“マネージャー”として潜入します!

そこで、自身の不倫スキャンダルを仕組んだ人物に次々と復讐をしていきます!!

主役である矢神亜梨沙役を山口紗弥加さんが、藤崎紗羅役を松本まりかさんが演じています。

それでは、ドラマ「ブラックスキャンダル」第1話のあらすじ、ネタバレ、感想などについて見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

ドラマ「ブラックスキャンダル」1話のあらすじは?

5年前、ある記者会見場で、突然、俳優の棚城健二郎(波岡一喜)が、「申し訳ありませんでした!」と、女優の藤崎紗羅(松本まりか)と不倫をしていたと言って、涙ながらに土下座をした。

「え?ちょっと待ってください!どうしてそんな嘘を!」と傍にいた紗羅は驚愕して叫んだが、紗羅には全く身に覚えのないことだった。

報道陣は「彼のご家族に申し訳ないと思わないんですか!」と紗羅を糾弾した。

「不倫なんかしていません!」という紗羅の訴えがかき消されていくのを、隅で、所属事務所の社長、勅使河原友和(片岡鶴太郎)、

マネージャーの花園由祐子(平岩紙)、テレビプロデューサーの五色沼仁(袴田吉彦)が冷ややかに見ていた。

その様子を嬉々として写真に収める巻田健吾(片桐仁)もいた。

世間は激しく紗羅をバッシングし、報道陣は紗羅の家族をも取材攻勢に巻き込んだ。

そんな中で、追い詰められた紗羅の母は「どうか、娘を許してやってください」とガソリンをかぶって焼身自殺をとげた。

紗羅は全てを失った…。

そして現在――紗羅は整形手術を受け、別人に成り代わり、矢神亜梨沙(山口紗弥加)と名乗って、芸能事務所『フローライト』にマネージャーとして勤務していた。

そこはかつて紗羅が所属していた事務所で、勅使河原社長と、花園もいる。

「……偽りの謝罪会見で私を地獄に落とした勅使河原友和、花園由祐子、五色沼仁。彼らをみんな、私と同じ地獄に突き落とす!」と亜梨沙は復讐心を燃やしていた。

事務所では、勅使河原社長の息子の勅使河原純矢(安藤政信)が率いる芸能1部と、花園が率いる芸能2部とで、勢力を二分して競い合っていた。

その花園は、かつて女優だった紗羅が、心から信頼していたマネージャーだったが、あの謝罪会見を機に、手のひらを返したように紗羅を裏切ったのだった。

亜梨沙は、そのことを苦々しく思い出していた。

ドラマ「ブラックスキャンダル」1話のネタバレは?

5年前、突然身に覚えのない不倫スキャンダルを報じられた藤崎紗羅(松本まりか)。

担当マネージャーであった花園由祐子(平岩紙)に、“事実ではない!!”と訴えます。

花園由祐子からはすぐに釈明会見を開くようにと言われます。

紗羅は、会見で報道された不倫スキャンダルは一切ないと釈明しようとします。

その時、不倫相手と報道された棚城健二郎(波岡一喜)がスーツ姿で会見場へ駆け込んで来たのです!!

事実無根と釈明するのかと思いきや、報道内容を認めて涙ながらに土下座をしてしまいます…!

紗羅は“事実ではない!!”と反論しますが、マスコミは詰め寄ってくるばかり。

マスコミからのバッシングは紗羅本人だけではなく、実家の母親にも及びました。

娘の起こしたスキャンダルの重圧に耐えかねた母親は、マスコミのカメラの前で自殺を図ります。

紗羅はテレビ越しに、母親が自ら放った炎に飲み込まれるのを見ていることしか出来ませんでした。

5年後、後輩の女優である阿久津唯奈(松井玲奈)が藤崎紗羅の元を訪ねます。

返事はないが鍵は開いていたため中へ入ると、部屋の中はごみ袋が散乱しており、部屋の奥にいた紗羅は生きる気力を失くし廃人の様になっていました。

唯奈は棚城健二郎と共演した際に食事に誘われ、食事の席で5年前の釈明会見の真実を知らされたのです。

事実無根のスキャンダルは、所属事務所であった「フローライト」の社長:勅使河原友和(片岡鶴太郎)と担当マネージャー:花園由祐子(平岩紙)、

全日テレビプロデューサー:五色沼仁(袴田吉彦)によって仕組まれたものだったのです。

紗羅は釈明会見の真相を知り、整形手術で顔を変え、名前も矢神亜梨沙と変えて自分を陥れた人物へ復讐することに決めたのです!!

紗羅を嵌めたうちの1人である花園由祐子は、現在「フローライト」の芸能2部チーフマネージャーにまで登り詰めていました。

その裏で花園由祐子は五色沼仁に若手女優を斡旋し、仕事をもらっていたのです。

矢神亜梨沙は、「フローライト」の若手女優:小嶋夏恋(小川紗良)の担当マネージャーになりますが、彼女は花園由祐子によって五色沼仁と枕営業させられてしまいます。

汚い手を使って仕事を取ろうとしてしまった…と悔やむ夏恋に、亜梨沙はどんな時も夏恋の1番の味方であり、どんな手を使っても守ると約束します。

亜梨沙は唯奈の協力を得て、五色沼仁に復讐を始めます!!

五色沼仁が枕営業に関わっていたことを自ら告白させ、その動画を全国に放送したのです。

地方関連会社へ事実上の左遷をされた五色沼仁でしたが、しばらく地方に身を隠していれば騒動は収まるのでは?と…。

ですが、亜梨沙がそんなことを許すはずもなく…

60人近い被害者にプライバシーは守るという約束の元、当時の詳細を語ってもらった動画を用意していたのです!!

その動画を1か月に1人ずつ公開することに。

全ての元凶である、5年前の釈明会見について問い詰めます。

ですが、五色沼仁も会見の場を準備してほしいと「フローライト」側から頼まれただけで、まさかあのような事態になるとは思ってもいなかったのです!!

思いもよらない事態になってしまったものの、五色沼は視聴率が取れたと笑いながら告げるのでした。

“潰される側の思いを教えてやる”と本人の目の前で、被害者の証言動画をインターネットにアップします!!

五色沼仁に枕営業をすることで1次審査を通過していたオーディションは不合格となりますが、夏恋は実力で別ドラマの役をもらうことが出来ます!

過去に担当マネージャー花園由祐子に裏切られた亜梨沙は、“担当した役者を裏切ったりはしない”と花園本人に宣言します!!

かつて紗羅の婚約者であった、「フローライト」社長子息の勅使河原純矢と事務所内で会い、挨拶を交わした紗羅。

不倫スキャンダル発覚後、元婚約者の純矢に“もう信用できない”と言われてしまった紗羅。

帰宅後に純矢とのツーショット写真を眺めながら、不敵な笑みを浮かべ…

復讐は3人だけではないのでしょうか??

ドラマ「ブラックスキャンダル」1話についてのまとめ!

ということで、【ブラックスキャンダル】第1話のあらすじ、ネタバレ、感想について調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

今回は全日テレビプロデューサー:五色沼仁が、復讐の対象となりましたね!!

次の復讐相手は誰?今度はどんな内容で復讐を仕掛けるの?唯奈は亜梨沙に手を貸す側ですが、のちに裏切るなんてことないよね?

など気になる点が多くて目が離せませんよね!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました~!!

ドラマ『ブラックスキャンダル』を今すぐ見たい方はコチラ!↓↓

各話のネタバレや感想はコチラ!↓↓

第1話
▶【ブラックスキャンダル】1話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック!(10月4日放送分)

第2話
▶【ブラックスキャンダル】第2話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック!(10月11日放送分)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です