この漫画は全巻買うとおいくら?

BE BLUES(ビーブルース)ネタバレ438話(最新話)!考察や感想も!【プレッシャー】

BE BLUES(ビーブルース)の最新話438話は2020年4月14日の週刊少年サンデー2021年20号に連載されております!

ここでは、BE BLUES(ビーブルース)の最新話である438話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

最新刊の情報も確認してみてね~

過去のネタバレはこっちだよっ

→BE BLUES(ビーブルース)ネタバレ437話!考察や感想も!【形勢は…】

→BE BLUES(ビーブルース)ネタバレ436話!考察や感想も!【電光石火!】

スポンサーリンク

BE BLUES(ビーブルース)438話のネタバレ

優人がボールをクリアしたことによって赤城中央のコーナーキックとなる。

流れるような反撃、そして訪れたピンチ……武蒼は集中して防がねばならない!

武蒼ゴール前に人が集まっていく中、龍たちが戻っていないのはなぜ?相手のコーナキックは強いのに……と応援席で応援している女性は不思議に思う。

すると一緒にいた男性がFW3人がゴール前に戻らないことで相手のDF4人が出ていけなくなっていることを指摘する。

あえて前線に残り反撃に備えることで、相手の攻撃の手札を抑えているのだ。

龍はピッチを見渡しながら不穏な……なんかやってきそうな空気を感じ取り、『きっと何か仕掛けがある!』そうゴール前に呼びかける。

赤城中央の4番がボールを蹴ろうとしたので各自しっかり離されないようにマークにつく。

そんな時赤城2番高橋がゴールに向かって走り出す。

龍は中央ーーセンターバックいってる!!と大きな声をあげる、そんな時4番がボールを蹴った。

ゴール前が割れて高橋がそこをめがけてどフリーでヘディングを繰り出す!

ナベケンは龍の声かけもあって高橋の動作をしっかり追い、ボールを見事キャッチすることに成功した!

攻防成功ーーー…ナベケンは咄嗟に龍へのコースが開いていることに気づいてボールを投げる。

龍はボールを受け取り相手ゴールへと振り返る。

相手の3番が龍につこうとするーーー…が龍は飄々と、しかし猛々しく攻め込もうとするのだ。

相手3番はズシンとくる何かを感じるーーー…これは圧力なのか……緊張が走るのだったーーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ
下に書いたよ~
スポンサーリンク

BE BLUES(ビーブルース)438の感想・考察

BE BLUESの最新話いかがでしたでしょうか(*゚▽゚*)

あっという間に読めてしまいました!
スピード感があって本当に生で試合を見ているような気分に陥りました。

まずはなんといってもナベケンナイスでした!
見事なキャッチ!

龍もよく何か仕掛けてくるだろうと察知しましたね。
そういう勘が本当に鋭いと思います。

そしてお次は武蒼の攻撃の番です!
龍がボールを持った期待感がすごいですね。

飄々と、しかし猛々しく……って言葉めちゃくちゃかっこいいですね。
まさに龍って感じ。

日本語っていろんな表現があっていいな……なんて思っちゃいました。

次週も掲載予定ですので楽しみにお待ちください(๑╹ω╹๑ )♪

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年サンデーの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年サンデーの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年サンデーネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、BE BLUES(ビーブルース)438話を含めた週刊少年サンデー2021年20号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最新刊の情報も確認してみてね~

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください