BE BLUES(ビーブルース)ネタバレ404話(最新話)!考察や感想も!【SOS】

BE BLUES(ビーブルース)の最新話404話は2020年1月15日の週刊少年サンデー2020年7号に連載されております!

ここでは、BE BLUES(ビーブルース)の最新話である404話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→BE BLUES(ビーブルース)ネタバレ403話!考察や感想も!【心の在処】

スポンサーリンク

BE BLUES(ビーブルース)404話のネタバレ

取材にて

武蒼高校は優勝候補ということもあり、テレビの取材が入る。

まず注目選手のひとりの桜庭からーーー…桜庭の代名詞と言ってもいいドリブル、やはり全国大会の部隊でもこだわり持っていくのか…という質問があった。

「いやあ、はい大名手と言ってもいいボクくらいになると、ドリブルは息すんのとおんなじで…」

そう桜庭は受け答えするも、ほかの部員から「代名詞!」と笑れ、桜庭は真っ赤になるーー…素で間違っているのであった。

続いて龍の前にマイクが移るーーーー…

「夏冬連覇はもちろん…この選手権、一条龍の大会にしますので、ぜひ注目してください!」

龍の強気発言に部員のみんなは盛り上がる。

監督は龍のこの発言をインタビューで話すと事前に聞いていた。

一選手としての意気込みを、わざわざ自分の許可をとるものでもない…と疑問に感じる監督だったが、龍は『監督には言っておきたい』…と思ったのだそうだ。

去年の龍の受け答えでは『勝利のために1点でも多く奪いたい』と話していたのに、まるで違うじゃないか…と部員に突っ込まれる。

でも優人はこのほうが龍らしい…としっくりきていた。

『ジュニアユースからユースに…高校生のうちにJリーグデビューして、18歳でA代表入りするのが、僕の計画です。』

そう言っていた龍ーーー…もともと有言実行のヒトだもん…と優人は話す。

「オレの最新の計画だから!」

そう自信を持って話す龍ーーー…部員たちは盛り上がるのだったーーー…。

プリンスリーグ最終節

関東プリンスリーグ最終節ーーー…武蒼高校は群馬の赤城中央高校と対戦だ。

後半も残りわずかーーー…1−1と同点の局面、武蒼は攻め込まれていた。

絶対失っちゃいけない場面ーーー…赤中からのボールを武蒼がクリアしようとするも、小さくそこにノアがやってきてゴールされてしまう。

そこで試合は終了ーー…武蒼は1−2で試合に負けた。

プリンスリーグは8勝5分5敗、プレミア参入戦は聖和台の結果次第となる。

龍は試合後、ノアに負けたことが悔しいと話すが、さんざん煮え湯飲まされているのは赤中のほうだとノアは笑う。

「そんなにくやしいならリベンジ受け付けるぜ〜選手権の大舞台で決着つけようぜ〜」

そう話すノアに、桜庭は横から赤中とは決勝でしかあたらない組み合わせ…上がってこれるのかと口を出す。

しかしそんなことは当たり前…と言わんばかりのノアーーー…決勝で再戦することを楽しみにするのだった。

プリンスリーグは、聖和台が最終節で勝利したために、武蒼は総合4位ーーー…プリンス参入戦の権利を得ることはできないのだったーーー…。

小さなSOS

武蒼での練習中ーーー…コーチたちは龍の調子が落ちていることに気づき、しばらく別メニューで調整してみることを伝える。

そんなに調子悪く自分は見えるのか…と少し驚く龍に、コーチは「ちょっとな」と伝えると、わかりました…と龍は明るく答える。

「いいコンディションで臨まなきゃ選手権では戦えないですからね!よかったですよ、まだ半月前で。調子あげていけますもんね!」

そう笑って話す龍ーーーー…コーチは何とも思わなかったようだが、優人…そして監督はどことなく異変を感じるのだったーーー…。

監督は家に帰り、龍がテレビのインタビューで自分の大会にするって宣言をしようと思う…という発言を思い出していた。

あえて大口を叩いて良い意味でのプレッシャーを自らにかけていると、龍のことだsから監督はそう思い込んでいた。

「あれは私に対しての…SOS…だったのではないのか、彼からの…決して弱音を吐かない彼なりの、精一杯の…」

監督はそうなのかもしれない…と深く龍のことを考えるのだったーーー…。

寮ーーー…時刻は3:41分、優人は上のベッドに龍がいないことを確認する。

龍は河川敷にいたーーー…時刻は4:22、周りはまだまだ暗い。

「いたいた!やっぱりここだったね。」

龍の元に現れたのは優人だったーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

BE BLUES(ビーブルース)404話の感想・考察

ビーブルースの最新話いかがでしたでしょうか(*゚▽゚*)

テレビでのインタビュー…龍ビックマウス!いっちゃうね!!
と思って読んでいたのですが、そんなに単純な話ではありませんでした…。

前回のラストの部屋からでていく龍が繋がっていましたね。

たしかに今まで龍は弱音という弱音を吐いてきませんでした。
みんなはそんな龍を見ていたし、それに引っ張られているところがある…。

だから何か自分でおかしい、と龍が思ってんもそれを簡単に打ち明けれなかったのですかね。

まだ高校生…不器用なところもあります(ノД`)

プリンスリーグも残念なかたちで終わってしまったし…、龍の引っ掛かりはきっとクニキータに自分が選ばれなかった…というのがあるのでしょう。

自分ではふっきれたと前回話していましたが、そんなわけ…やっぱりないですよね(⌒-⌒; )

夜をひとりで過ごす龍のもとに現れたのは、やはり優人ーー…いつもそばにいる、からこそどんな言葉をかけるのか。

気になりますね。

来週も掲載されますので、楽しみに待ちましょう!

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年サンデーの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年サンデーの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年サンデーネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、BE BLUES(ビーブルース)404話を含めた週刊少年サンデー2020年7号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください