ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ158話(最新話)!考察や感想も!【聞いたこともない言葉だが】

ビースターズ(BEASTARS)の最新話158話は2019年12月26日の週刊少年チャンピオン2020年5・6号に連載されております!

ここでは、ビースターズ(BEASTARS)の最新話である158話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ157話!考察や感想も!【暗転もせず現れしアドラー】

→ビースターズ(BEASTARS)ネタバレ156話!考察や感想も!【時限爆弾は眠りをすすってたのに】

スポンサーリンク

ビースターズ(BEASTARS)158話のネタバレ

どこか懐かしい

生き餌だったころのルイは月に一度、建物の上の鉄格子から外の風景を眺めさせてもらっていた。

ルイとともにいたのは、ウサギとアルパカの子供ーーー…3匹は外を眺めるのが終わると、また廊へと戻すためエレベーターで下の階に戻る。

ウサギはこれから自分がどうなるのか分からず不安そう…ルイはそんなウサギに声をかける。

『大丈夫だよ 僕たちはずっと一緒だよ いつか食われるその日まで』

そう言ってルイは2匹をギュッと抱きしめるのだったーーー…。

ルイは今裏市を見て、昔のことを思い出してしまった。

あちらこちらで小火が起き、ろくに調理もされていない生肉を立ち食いする肉食獣と飛び交う怒号ーーー…それはルイが柵越しに見ていた裏市と同じで、懐かしく感じるのだった。

1000円

妙な話だけど、こんな景色で哀愁を思えるなんて…としみじみしていると、肉食獣の視線を感じ、毅然とした態度を再びとり偵察に集中しようとルイはする。

「一 十 百 千 万 十万…い え…一億ないと今俺、ルイ先輩と喋れないんですか?」

そんな時レゴシがルイにかかる値札の値段を読み上げる。

なんとなくレゴシと会う予感はしていたが、普通に話しかけてくるレゴシに変装だから合わせろ…とルイは小声で注意する。

レゴシはビルから『裏市の様子がおかしい』と聞いて来てみたそう。

ルイは今の裏市に一緒にレゴシといるのがヘンに感じる。

友達に生まれ故郷を見られてるような気まずさだーーー…と思っていると、レゴシはそんなルイの気持ちを知ることなく普通に話しかけてくる。

お金を払わなくても話くらい…せめて0を5個くらい減らして…というレゴシに、ルイは1000円というあまりにも安い金額に突っ込んでしまった。

「俺は定価でも700万したんだぞ…!!」

定価という言葉にピンとこないレゴシーー…ルイはこの際だから、自分の実家に連れて行くことにするのだった。

お互いがお互いを

ルイがレゴシを連れていったのは、生き餌の売買がされていたタワー…ルイは5歳までここで育った。

今はどうやら廃業したらしいーー…同じ牢にいた仲間たちもおそらくとっくに…とルイは少し寂しそうにした。

静かに話をきくレゴシに、ルイ先輩は「驚かないんだな」と声をかけるが、レゴシはルイの口調からしても冷静に聞いた方がいいと思ったため静かにしていた。

「あ あの時の…俺が頂いた右足の“4”て……」

レゴシは足の番号の意味にようやく気づくーーー…。

右足にはルイの呪いすべて込められていたーー…いっそあのまま全身食べてほしかった…とルイは語る。

大事な所を削られて、自分はこんなに変わったのに…レゴシは変わらずに飄々としている…なんなら全部食ってレゴシも変わってほしかった…と呟く。

ルイの言葉にレゴシは反論ーーー…自分だってあの食肉で削られた…前科がついて、学校もやめた。

「可能性もチャンスも身も心もどんどん削られていく…それでも今の自分が一番“生きる”って…そういうことなのかなって」

レゴシは堰を切るように、今まで誰にも言ってこなかったけど、本当は昆虫館の職員になるのが小さい頃の夢だったと言う。

「ルイさんが変わってしまった責任は俺がとります!!だからルイさんも俺の人生責任とってください それでおあいこ 責任とり合えばいいじゃないですか」

熱く話すレゴシに、ルイは「知るか」と言ってその場を去ろうとするのをレゴシは追っかけるのだったーーー…。

聞いたこともないその名前

2人はエレベーターに乗って上へと向かう。

その中でもレゴシはルイに熱く語りかける。

今裏市が悪化して表社会も荒れていってるーー…あのメロンという男を止めないと、獣社会が変わってしまう…というレゴシに、

『俺もだよレゴシ 俺も本当はこの獣社会を良くしたい』

そう心の中では思っていたが、自分の気持ちをうまく言語化できずにいた。

ルイは瞳が濡れていくーーー…悲しいわけじゃないし、感激しているわけでもない。

ただただ瞳が濡れていき、初めて義父に連れてこられた同じ感覚陥るーーー…義父はあのとき『君ならこの世界を変えられるぞ』と話しかけてくれた。

レゴシがなんだか義父にかぶって見えるのだった。

レゴシは2匹で手を組んで、今度こそメロンを捕まえよう…というが、片や前科持ちで片や義足のボロッボロの2匹でなにを言ってんだ…とルイはレゴシの言葉を否定する。

そんなのビースターがやる仕事…自分たちがどうこうして成し遂げられるわけない、とルイは話すも、レゴシは食い下がらない。

「こんなボロボロの2匹だ でも2匹なら…!!ビースターズ…なら…」

レゴシの呟いた単語ーーー…ルイは聞いたこともなかったし、なんだか変に感じる。

その時、エレベーターの足元が破れ2匹は下に真っ逆さまーーー…なんとか下にはクッションになるものがあり、怪我はなさそう。

ルイがバッと顔をあげると、ウサギとアルパカーーー…それはあのころ一緒にいた仲間たちがそこにはいるのだったーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

ビースターズ(BEASTARS)158話の感想・考察

ビースターズの最新話いかがでしたでしょうか(*゚▽゚*)♪

最初に昔の仲間を思い出しのは伏線でしたか!
てっきりすぐシシ組とかの話にいくと思っていたので、今回の展開は驚きでした。

しかし大事な回ーーー…レゴシが『ビースターズ』の名前を口にしました!!!

祖父の道を辿るレゴシーーーー…ただ2人が違うのは、1人だとどうしても立派に成り立てない…ということでしょうか(°_°)

ヤフヤは結局1人でビースターズになってしまいましたもんね。
ゴーシャも同等、きっと1人でもなれる力はあるように思います。

でも2人はちがうーーー…そこが肝のように感じました( ´∀`)

そういえばルイって子供の頃定価で700万もしたんですね…。
やっぱり死んでる肉よりも、生き餌のほうが高いんですかね?

大人よりももしかして子供のほうがおいしい…とかあるんですかね…。
少し気になるところですが、詳しくは解説されないでしょう 笑

あくまでも妄想です(ノД`)。。

ラストにかつての友人と再会しますが、ここで出会ってどういう展開にもっていくのでしょう…。
とても気になるところです!

彼らは10数年、この場所でどうやって生きてきたのでしょう…
次回は二週間後に発売の6号に登場です♪( ´θ`)楽しみに待ちましょう!

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年チャンピオンの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年チャンピオンの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年チャンピオンネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、ビースターズ(BEASTARS)158話を含めた週刊少年チャンピオン2020年5・6号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
何かと話題のTIKTOKが気になる
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください